allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

木枯し紋次郎 関わりござんせん(1972)

メディア映画
上映時間90分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1972/09/14
ジャンル時代劇
木枯し紋次郎 関わりござんせん [DVD]
参考価格:¥ 4,860
価格:¥ 3,612
amazon.co.jpへ

【解説】
 同年に公開された「木枯し紋次郎」の続編で、野上龍雄が脚色し中島貞夫が監督した。主演は引き続き菅原文太が務めた。原作を離れたオリジナルストーリーが展開。
 人を斬ったため追われる身となった木枯し紋次郎は、かつて命を救ったことがある常平と再会。旅籠で女郎のお光をあてがわれるが、口ずさんだ子守歌を聞き、彼女が自分の実姉であることが分かる。幼いころ、売られていった姉を捜し求めて放浪の旅に出たのが、今の紋次郎だったのだ。宿場の親分である巳之吉は、お光の借金百両の代わりに紋次郎を仲間に引き入れようとするが、紋次郎は百両を自分で返すと拒否。常平は巳之吉が紋次郎を卑怯者呼ばわりしたことに腹を立て、紋次郎を名乗って殴り込みをかけ、六兵衛を斬り殺してしまう…。
<allcinema>
【関連作品】
木枯し紋次郎(1972)
木枯し紋次郎 関わりござんせん(1972)続編
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】木枯し紋次郎 関わりござんせん2019/02/06\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】木枯し紋次郎 関わりござんせんレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION