allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

続ある愛の詩(1978)

OLIVER'S STORY

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Par=CIC)
初公開年月1979/08/25
ジャンル青春/ロマンス
続 ある愛の詩 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 5,980
USED価格:¥ 2,640
amazon.co.jpへ

【解説】
 最愛の妻ジェニーを白血病で失ったオリバーが、思い出の地、セントラル・パークを訪れた。彼はそこで、マーシーという女性と知り合う。しかし、互いに惹かれあう二人の間に、亡き妻ジェニーの思い出が暗い影を落とす……。前作から一年半後の、オリバーの姿を描く。名作「ある愛の詩」の続編という困難な挑戦を果たしたのは「ジェーン・ピットマン/ある黒人の生涯」(74)、「さらばマンザナール収容所」(76)といったTVムービーの名作を手がけてきたJ・コーティ。だが、原作自体が二番煎じで、ストーリー的に面白みに欠けるのが最大の難。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-08 10:38:22
思い入れのつよい作品の続編が出ると
主人公が過去を捨てて新しい幸せを
見つけたりすると、裏切られたような気持ちに
なることがあるのですが、
本作品は気持ちよく見られた作品でした。
キャンデス・バーゲンはさすがの貫禄で綺麗ですが、
社会的に成功し活躍するキャリアウーマンという役柄であり、
双方にあまり愛の高まりが感じられないです。
引退する父との和解はよかったのですが、
前作で父に反抗していた主人公の子どもっぽさを
感じてしまいます。
原作は実話を元にしたそうなので、
その後の主人公の行く末も知りたいところです。
投稿者:gapper投稿日:2011-01-02 00:07:46
 世界的大ヒット作の「ある愛の詩(1970)」の続編。

 よく有る様に前作のしがらみを越えられておらず、二番煎じに終わってしまっている。
 ジェニー(アリ・マッグロー)の死を乗り越えるという題材を出してきてはいるものの、上流社会の人間と言う問題も持ち出し話を複雑にしている。
 前作を継承しているにもかかわらず否定するような作りで、不整合だ。

 マーシー役のキャンディス・バーゲンも肉体的にも上流社会の人間で恋愛映画の女性主人公としては、魅力が薄い。
 愛は盲目というが、盲目的な恋愛描写こそが「ある愛の詩」の最大の見所だったが、それなしでは評価できない。
投稿者:Kircheis投稿日:2010-10-29 05:48:17
全く期待せず見たんだが、その割にはまぁまぁ楽しめた。

若きキャンディス・バーゲンの魅力のおかげだな。

前作で好演し、アカデミー助演男優賞候補にまでなったフィル役のジョン・マーレイが変更になっていたのが大きなマイナスポイントだ。
それだったら登場させなきゃいいのに…
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】続ある愛の詩レンタル有り
 【VIDEO】続ある愛の詩レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION