allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

花と龍 青雲篇 愛憎篇 怒涛篇(1973)

メディア映画
上映時間168分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1973/03/17
ジャンル任侠・ヤクザ
あの頃映画 「花と龍」 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,183
USED価格:¥ 1,180
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ノブ投稿日:2010-01-05 17:10:44
【ネタバレ注意】

「花と龍(渡哲也バージョン)」(監督:加藤泰 168分)
話の内容は玉井金五郎の一代記。
パンチの効いたおばちゃんが上半身裸でさらしを巻いて、咥え煙草をしながらつぼふりをするというのがナカナカ良かった。
夫が不倫して仲が悪くなり口をきかなくなった夫婦が、子供を伝言役にして会話するという演出がちょっとコミカルだった。
最後の雪の中の切りあいシーンは拳銃発砲あり、機関銃乱射あり、爆弾の爆発あり、女が馬に乗って助太刀にくる演出ありとナカナカハチャメチャで面白かった(ただし撮り口をもっと工夫すればもっと面白くなる余地はあると思った)。
全般的に
長い。
猥雑な感じが好きな人はいいが、ゴチャゴチャした感じでボクはあまり好きではなかった(暴力シーンやセクシーシーン)。
一つ一つのエピソードは面白いのに、ナゼかあまり印象に残らなかった。
もっとハチャメチャな感じで突っ走ってもらいたかったソコソコの作品。それにしても長すぎる。http://mamaduke.at.webry.info/

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】花と龍2012/02/22\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】花と龍2004/12/23\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】花と龍レンタル有り
 【VIDEO】花と龍 青雲篇 愛憎篇 怒濤篇レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION