allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

宮本武蔵(1973)

メディア映画
上映時間147分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1973/07/14
ジャンル時代劇
あの頃映画松竹ブルーレイコレクション 宮本武蔵 第一部 関ヶ原より一乗寺下り松/第二部 柳生の里より巌流島[Blu-ray]
参考価格:¥ 3,564
価格:¥ 2,495
USED価格:¥ 2,417
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-05-07 18:38:43
クローズアップの多用に大胆構図。水面下から撮ったカメラアングル。何度も映画になった吉川文学の宮本武蔵を独自の映像で見せる加藤泰の映画美術。今見ても生々しく躍動感がある。たしかに名だたる俳優たちが多く出演しているが、少し違うキャスティングで見たかった気もする。武蔵が剣の道を究める苦悩が描き足りないこともあり、特に後半以降の展開が重く147分を長く感じてしまった。
投稿者:若田部投稿日:2005-01-04 12:20:26
田宮二郎が演じているためか、小次郎のほうがずるい感じがした。
高橋英樹の武蔵はひ弱だ。イメージ的には巌流島には小次郎が遅れてくる。
助監督は三村晴だったのか。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2004-09-05 14:38:09
【ネタバレ注意】

 加藤泰特有のローアングル。しばしば川面等の水中にカメラを据えたショットがあるのだが、ここまでやると少々やり過ぎだろう。この水面ショットは殆ど意味不明だ。関ヶ原から巌流島までを大胆に省略しながら一作にまとめているのだが、やはり無謀な試みだったかも知れない。

 高橋英樹の武蔵はかなり人間的な弱さが表現されており、稲垣版や吐夢版と差別化されている。田宮二郎の小次郎の出番が少ないのも特徴か。松坂慶子がお通、倍賞美津子が朱美、又八はフランキー堺。この又八はちょっと老けすぎ。
 全編を通じて本位伝のオババがお通を騙し討ちにしようとするシーンが圧巻。恐ろしいテンションだ。こういうシーンがあるからやっぱり加藤泰は見逃せない。

【レンタル】
 【DVD】宮本武蔵 第一部 関ヶ原より一乗寺下り松/第二部 柳生の里より巌流島レンタル有り
 【VIDEO】宮本武蔵レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION