allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973)

メディア映画
上映時間99分
製作国日本
初公開年月1973/08/04
ジャンルドラマ/コメディ
男はつらいよ・寅次郎忘れな草 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,690
USED価格:¥ 3,556
amazon.co.jpへ

【関連作品】
男はつらいよ(1969)シリーズ第1作
続・男はつらいよ(1969)シリーズ第2作
男はつらいよ フーテンの寅(1970)シリーズ第3作
新・男はつらいよ(1970)シリーズ第4作
男はつらいよ 望郷篇(1970)シリーズ第5作
男はつらいよ 純情篇(1971)シリーズ第6作
男はつらいよ 奮闘篇(1971)シリーズ第7作
男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971)シリーズ第8作
男はつらいよ 柴又慕情(1972)シリーズ第9作
男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972)シリーズ第10作
男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973)シリーズ第11作
男はつらいよ 私の寅さん(1973)シリーズ第12作
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974)シリーズ第13作
男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974)シリーズ第14作
男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975)シリーズ第15作
男はつらいよ 葛飾立志篇(1975)シリーズ第16作
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976)シリーズ第17作
男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976)シリーズ第18作
男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977)シリーズ第19作
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977)シリーズ第20作
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978)シリーズ第21作
男はつらいよ 噂の寅次郎(1978)シリーズ第22作
男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979)シリーズ第23作
男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979)シリーズ第24作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980)シリーズ第25作
男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980)シリーズ第26作
男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981)シリーズ第27作
男はつらいよ 寅次郎紙風船(1981)シリーズ第28作
男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982)シリーズ第29作
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982)シリーズ第30作
男はつらいよ 旅と女と寅次郎(1983)シリーズ第31作
男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983)シリーズ第32作
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984)シリーズ第33作
男はつらいよ 寅次郎真実一路(1984)シリーズ第34作
男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985)シリーズ第35作
男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985)シリーズ第36作
男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986)シリーズ第37作
男はつらいよ 知床慕情(1987)シリーズ第38作
男はつらいよ 寅次郎物語(1987)シリーズ第39作
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988)シリーズ第40作
男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989)シリーズ第41作
男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989)シリーズ第42作
男はつらいよ 寅次郎の休日(1990)シリーズ第43作
男はつらいよ 寅次郎の告白(1991)シリーズ第44作
男はつらいよ 寅次郎の青春(1992)シリーズ第45作
男はつらいよ 寅次郎の縁談(1993)シリーズ第46作
男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様(1994)シリーズ第47作
男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995)シリーズ第48作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇(1997)シリーズ第49作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
538 7.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-05-25 12:08:09
夜中の「とらや」にリリーが押し掛けるシーンが印象に残った。
投稿者:きらきら投稿日:2015-02-15 11:39:12
「あたしたちってあぶくみたいだね」
「それも上等じゃない。背中の方へまわってパチンの方さ」

寅さんとリリーが交わす会話の一部です。
今じゃ、学校→会社というコースを「レールに乗った」とすら表現しなくなり、むしろレールに乗らなければ悪だという風潮になりました。
レールに乗った自分の世界をだれもみな乗っているのだ、という共同幻想です。それでいて、そのことに不安を抱いてます。

あぶくの人生を生きながらも寅さんが
田舎の酪農の世界にあこがれるのも、ちょっとアイロニカルですが、
批判めいた姿勢をあまり出さないでおくのが、山田洋二的スタンスなのでしょうか?
わかりません。

とりあえず浅丘ルリ子はかわいかった。
ということで(笑)
投稿者:deo投稿日:2014-11-15 22:05:19
1972年あたりからBGMにクラシック作品を使うようになったが、本作では一度とらやに帰った寅がいつものようにけんかして再び家出し、北海道に渡ったシーンでリムスキー=コルサコフの交響組曲「シェエラザード」の王子と王女の楽章を使用し、とても印象深いシーンとなった。ゲスト共演は浅丘ルリ子のキャラクターが強いためか他には目立った役者は登場しないのも本作の特色といえる。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-07-29 13:06:29
いよいよ佳境に入ってきた安定路線ドラマ。しかし、寅の毒と滑稽さが際立つ初期1作、2作にはかなわない。馴染みになったけど、ピリっとした緊張感が欠けて来た感もある。しかし、マドンナはやはりこの人かなぁという浅丘ルリ子。寅とリリーの呼吸は、ある意味似たもの同志の触れ合い。切なくて哀しさが漂う。あと、子猫の古めかしく、気恥ずかしい初恋模様は、別になくてもよかった気がする。気になるのは、さくらの生活感。かなり所帯じみて来て、これはカラっと見たかった向きには少し暗い印象を与える。そんなこんなで、40年という時代の流れをついつい感じてしまった。
投稿者:gapper投稿日:2013-03-26 19:29:51
 マドンナは、浅丘ルリ子。

 寅さんシリーズは、毎回マドンナが変わりマドンナに合わせた話になる。
 基本パターンに一部を付け加えるか変更して作るというのは、邦画の昔からのパターン。

 浅丘ルリ子のイメージは、 愛情深い感じではないしキャリアウーマンのような知的で計算高いと言ったものではないので自然な設定の様に思う。
 薄幸の巡業歌手は、適役だろう。

 男はつらいよシリーズを見ると思い出すのが、”男はつらい世は面白いが、邦画の中で面白いと語られるようではいけない”という意味の言葉。
 確かに面白いが、もっと面白い作品が多くあってしかるべき。
 これを聞いたのは、まだシリーズが続いていたころだったと思う。
 ”たまには、こんな気楽に見れるコメディも良いよね”と言う状況であるべきなのだが、果たして変わったのか。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:サーボ投稿日:2011-05-04 19:56:58
リリーが切なく語る”夜汽車”は、どうしても英訳できないじゃないかなと思いました。
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-01 02:02:09
浅丘ルリ子
投稿者:ymo1191投稿日:2008-07-26 23:13:20
シリーズ第11作目で、シリーズ中もっとも寅さんと共鳴するマドンナ浅丘ルリ子さん初登場です。おたがい啖呵では負けていません。おたがいカタギの暮らしには向いていないのでしょうか。それくらい勢いを感じる浅丘ルリ子さんがリリーとして、シリーズの続編でもまた会えます。寅さんがまじめな仕事として、ジーンズのサロペットを着て牧場の作業をする姿もユニークです。http://blog.livedoor.jp/ymo1191/archives/cat_10008995.html?p=4
投稿者:o.o投稿日:2007-08-06 01:34:27
まさか寅さんシリーズを知らぬということはむろんありませんが、今までテレビでなんとなく流していたことはあっても、腰を据えて見たのは不思議と今回が初めてでした。見て思ったのは、考えていたより笑いに比べて涙の比重が高いというということです。寅さんも、もっと能天気、いや実際能天気でしたが、それでも結構哀愁が漂っていて身につまされます。もちろん、笑わせてくれたところも多々ありましたが。

今回のマドンナであるところのリリーとの別れが割りにあっさりしていて、もう少し寅さんと関わって欲しかったような気がします。妹さくらは、まだ昭和 48 年だから若いのは当然としても、こんなに可愛いらしかったのかと驚かされ、リリーよりさくらの方ばかり注目してしまいました。なお、タコ社長は全然変わらないように見えます。心の琴線に触れる場面作りがうまく、「もっとお金もってくれば良かったね」という場面にはジーンとさせられました。

これがシリーズ最高傑作だという訳ではないだろうから、まだまだ面白い話はたくさんあるに違いなく、長く続くのも大いに頷けます。これは癖になるよ、分かる分かる、という感想です。
【レンタル】
 【DVD】男はつらいよ 寅次郎忘れな草 <HDリマスター版>レンタル有り
 【DVD】男はつらいよ 寅次郎忘れな草レンタル有り
 【VIDEO】男はつらいよ 寅次郎忘れな草レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION