allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

必殺仕掛人 梅安蟻地獄(1973)

メディア映画
上映時間91分
製作国日本
初公開年月1973/09/29
ジャンル時代劇
<あの頃映画> 必殺仕掛人 劇場版 DVD-BOX
参考価格:¥ 9,072
価格:¥ 6,350
USED価格:¥ 5,999
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:渡辺祐介
製作:織田明
原作:池波正太郎
「仕掛人・藤枝梅安」
脚本:宮川一郎
渡辺祐介
撮影:小杉正雄
美術:森田郷平
編集:寺田昭光
音楽:鏑木創
助監督:白木慶二
出演:緒形拳
山村聡
林与一
松尾嘉代
津坂匡章
佐藤慶
【関連作品】
必殺仕掛人(1973)
必殺仕掛人 梅安蟻地獄(1973)
必殺仕掛人 春雪仕掛針(1974)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-12-24 13:53:06
【ネタバレ注意】

<あらすじ>藤枝梅安(緒形拳)がある夜、人間違いで襲われる。襲ったのは小杉十五郎(林与一)、女郎お仲(津田京子)の恨みを晴らそうと医師・川崎宗伯(小池朝雄)と間違われたのだった。一方、梅安は仕掛の元締・音羽屋半右衛門(山村聰)から伊豆屋長兵衛(佐藤慶)の暗殺を頼まれた。長兵衛は宗伯の実兄で、五年前宗伯から毒薬を入手し、家老らと組んで藩主を毒殺した後商人になった男だった。梅安は小杉と組んで長兵衛たちを追いつめようとするが…。

TVドラマ(1972〜73)の人気を受けて製作された劇場版の第二作。
劇場版第一作は藤枝梅安を田宮二郎、西村左内を高橋幸治が演じたが、この作品ではTVと同じく梅安を緒形拳、そして役名こそ違うが剣の達人として林与一が出演している。その意味では、TV版から派生した劇場版「必殺仕掛人」は、この作品が第一作といっても良いかもしれない。
実はTVドラマの第一シリーズは子供の頃、ワクワクしながら観た記憶がある。濡れ場シーンも多いあんなドラマ鑑賞をよく許したものだ(笑)。けれどユーモラスな場面も多く、無口な浪人役の林与一や裏稼業の元締を演じた山村聰も適役だった。そして何といっても緒形拳が醸し出す男の色気は抜きん出ていた。笑顔と好色な表情、一転して殺しに臨むときのきりっとした顔、当時三十代半ばだった彼の演技は今も忘れがたい。
さて、本作は微妙にTVシリーズと設定が異なっているが、ほぼその路線を継承しているといっていいだろう。
佐藤慶(当時44歳)と小池朝雄(当時41歳)が悪役兄弟という、その濃さも捨てがたい(笑)。
悪役といいながら、弟を斬り殺そうと刀を振り上げた刹那、泣く弟をなだめながら砂浜を歩く兄の姿が記憶に甦り、佐藤慶が剣を下ろすというシーンは、唯一この作品のなかで悪役の情愛を表現していて印象に残った。一寸の虫にも五分の魂、てか(最後にはみんな殺されちゃうけど)

悪役を退治してハッピーエンド。だが、本当の黒幕は藩屋敷にある、と物語が続きそうなシーンでの終わりも洒落ている。
そしてTVシリーズで話題になった平尾昌晃のテーマ曲のトランペットが高らかに鳴り響く。西部劇的な時代劇。なかなか楽しく観られた。
この頃は、顔に味のある役者がまだまだ大勢いたなあ。

投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-02 11:02:41
緒形拳
投稿者:fairlane999投稿日:2008-10-29 04:07:37
TVシリーズ終了を受けて公開された田宮二郎の劇場版第一作から、
改めてTV版キャストで作られた銀幕仕掛人のエピソード1。
元締めも梅安さんも浪人十五郎(TV版の左内)も
TVのままの黄金トリオで文句なし。
三人はこの劇中で初めてチームを組む。

対する悪役に扮するのは佐藤慶と小池朝雄で、なんと兄弟役。
小池朝雄が佐藤慶を「兄上!」と呼ぶのがすごい。
濃厚すぎる。

音楽は鏑木創となってるけれど、他の『仕掛人』劇場版も通じて、
タイトルバックはTV版の平尾昌晃・主題曲を踏襲、
見事にトランペット吹きまくり。

エンディングで仕掛人トリオの再出発を匂わせて「完」。
田宮二郎の梅安さんも捨てがたいけど、
やっぱりご「馳走さまでした!」はこっち!

【レンタル】
 【DVD】必殺仕掛人 梅安蟻地獄レンタル有り
 【VIDEO】松竹銀幕パックシリーズVIレンタル有り
 【VIDEO】必殺仕掛人 梅安蟻地獄レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION