allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

日本侠花伝(1973)

メディア映画
上映時間147分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1973/11/17
ジャンル任侠・ヤクザ/ドラマ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2018-02-09 23:05:35
加藤泰の東宝版任侠映画である。
オープニングから東映ヤクザ映画そのままの雰囲気で始まり、以後最後まで加藤ワールド全開なので、これが東宝作品だとは到底思えない異色作品となっているが、大きく違うのは、主演が高倉健と藤純子ではなく渡哲也と真木洋子であることだろう。この二人が濃厚なラブシーンを演じるわ、真木洋子のヌードシーンもたっぷり登場するわで、加藤監督が気合を入れて演出したのが観ていてもビシビシ伝わって来る。しかし、イメチェンで体当たりの演技をしている真木洋子だが、やはり藤純子の華やかさには到底及ぶべくもなく、それは渡哲也も同様なのが気の毒だ。
任田順好が、凄まじい演技で強烈な印象を残している。チョイ役の北大路欣也と加藤剛も、さすがの二枚目ぶりだ。
投稿者:氷室浩次投稿日:2016-12-27 02:04:19
いろいろと地味目(でもないのか)な作品がDVD化されていますが、これはスルー。もしかしたら、何か権利関係などで難しいのかもしれませんが(素人には分からんのだった)これは凄い映画だと思うなあ。加藤泰氏の大作群の中では、これこそベストなのでは。
任田順好が泣かせます。後半、ほとんど出てこなくなるんだけど。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION