allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

津軽じょんがら節(1973)

メディア映画
上映時間103分
製作国日本
初公開年月1973/12/20
ジャンルドラマ
津軽じょんがら節 ≪HDニューマスター版≫ [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 5,590
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:斎藤耕一
製作:多賀祥介
島田昭彦
脚本:中島丈博
斎藤耕一
撮影:坂本典隆
編集:大島ともよ
音楽:白川軍八郎
高橋竹山
若美家五郎
大瀬清美
海童道
助監督:山下稔
永井譲滋
出演:江波杏子中里イサ子
織田あきら岩城徹男
中川三穂子ユキ
西村晃塚本為造
佐藤英夫金山
寺田農
戸田春子ユキの祖母ワキ
東恵美子ユキの母
富山真沙子晴美
【解説】
 故郷津軽を嫌って都会へ出た女が、愛人を連れ、ワケありで戻って、そこで生活をするさまを描く。津軽のさびれた漁村。ある日、東京のバーで働いていた中里イサ子が、ヤクザ風の若い男を連れてやって来た。そこはイサ子の郷里で、連れの若い男・徹男が組の幹部を刺し、追われる身となったため、ここで匿うことにしたのだった……。荒涼とした津軽の風景と、津軽三味線の感情を揺さぶる音色が印象的。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2012-12-31 14:55:52
その昔、芸人が後ろ向きに膝を抱えてうつむき加減に座り、
「ATG」というギャグがありました。
熱心なファンがいた反面、世間からは敬遠されている
ところもありました。
この映画が公開された年、とても評価が高かったのを
憶えています。自分が見たのは、しばらく後でしたが、
心に残る内容でした。
海が鉛のようで、内容も暗いものでした。
人の終わることのない苦しみや微かな希望も
津軽の海の中にすべて飲み込まれていったかのようでした。
津軽に惹かれ、旅をしましたが、何処へ行っても明るく
近代的で、この映画のような風景はどこにも
ありませんでした。
投稿者:パゾリーニ投稿日:2010-07-31 00:14:06
望遠レンズの風景、色彩のショック、台詞の聞かせどころ、役者の科、ロマンチックな映画だよねえ。こういう映画又観たいねえ。
投稿者:shout投稿日:2006-07-25 22:50:54
イサ子が、辛い現実と共に東京へ帰って行く。その時呟く言葉。
「あんた、故郷が見つかって良かったね!」
江波杏子さん、最高の名演です。
壷振りのお銀さんも好きでした。ハイ。
暗い暗い映画ですけど今以って考えさせられます。
名作とは思いますが今日では、重過ぎですかね?
投稿者:theoria投稿日:2002-09-12 23:33:45
下北半島も津軽半島も、それぞれ旅する者の心を魅了してやまない漠とした寂寥感を漂わせて本州最北の地を実感させるが、北へ行けば行くほどに両半島の相違点が露呈されてくる。前者の極北は函館への最短距離の連絡船が出る大間崎であるが、その近辺の大部分は牛や馬が草を食んでいる牧草地帯であって、長閑な北海道寄りの印象を強く受ける。それに比して後者の極北は有名な竜飛崎であるが、この周辺は年がら年中、強風に晒された急峻な地形が連続しており、“本州の最果て”のイメージにより近い。本作の舞台は津軽海峡に面した地域ではなく、たしか日本海側の比較的穏やかな海岸沿いの漁村(十三湖の近辺か?)だったと思うが、それでも風の強さと独特の荒んだ景色はやはり下北ではなく津軽の個性を剥き出しにしていて、それが当然のことながら津軽三味線の雄渾な響きにマッチしている。土台となるシチュエーションがしっかりと設定されているのである。従ってそこで繰り広げられる人間ドラマは、例えドロドロとした情念の縺れ合いであっても情緒過多に溺れること無く、飽くまでもしっかりした歩調で進めることが可能なわけだ。徹男役の織田あきらを「アンチャ!」といって慕う盲目のユキ役の中川三穂子は決して美人でもないし、可愛いという程でもないが渾身の力を振り絞ったかの演技は圧倒的で、肉体にもその意欲が伝わったのか、裸体はムチムチと色気を発散していて思わず身を乗り出した記憶がある。とにかく拍手を送りたくなる名演技。イサ子役の江波杏子も役柄に最適で不足はないし、彼女のヒモである織田あきらは不様なラストを予感させる、ただのチンピラだが適役。最初は辺鄙な土地を毛嫌いしていたそのチンピラに津軽の魅力を悟らせた漁師に西村晃を配したところも脇を固めていて良い。たしかに秀作だと思う。
投稿者:ASH投稿日:2002-07-04 00:00:27
【ネタバレ注意】

 こういう寒々しい映像は苦手だけど、津軽三味線の音色が魂を揺さぶる、コレは70年代ATG作品を代表する屈指の名作!! 都会を捨てた青年が、次第に日本海を臨む津軽の漁村に惹かれてゆく様を描いた秀作。悲劇的な最期を向え、その恋人の少女が青年を想い砂浜で三味線を弾くラストが切ない。

【レンタル】
 【DVD】津軽じょんがら節レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION