allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

仁義なき戦い 頂上作戦(1974)

メディア映画
上映時間101分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1974/01/15
ジャンルアクション/任侠・ヤクザ
仁義なき戦い Blu-ray COLLECTION
参考価格:¥ 16,200
価格:¥ 11,788
USED価格:¥ 25,366
amazon.co.jpへ

【解説】
 “仁義なき戦い”シリーズの第4作目。昭和38年春から翌年にかけての、敵対する2つの広域暴力団の代理戦争となった広島抗争を実録タッチで描く。昭和38年春。西日本広域暴力団・明石組とライバル神和会の代理戦争の場と化した広島。明石組系の打本組と広能組、神和会系の山守組の対立は激しさを増し、相次ぐ抗争事件から、市民の批判は高まり、警察は暴力団撲滅運動に乗り出し、“頂上作戦”を敷くのだが……。
<allcinema>
【関連作品】
仁義なき戦い(1973)シリーズ第1作
仁義なき戦い 広島死闘篇(1973)シリーズ第2作
仁義なき戦い 代理戦争(1973)シリーズ第3作
仁義なき戦い 頂上作戦(1974)シリーズ第4作
仁義なき戦い 完結篇(1974)シリーズ第5作
新仁義なき戦い(1974)新シリーズ第1作
新仁義なき戦い 組長の首(1975)新シリーズ第2作
新仁義なき戦い 組長最後の日(1976)新シリーズ第3作
その後の仁義なき戦い(1979)
新・仁義なき戦い。(2000)
総集篇 仁義なき戦い(1980)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
740 5.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:jb投稿日:2012-08-27 21:15:47
やっぱり良い。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-05-06 17:53:07
前作から続く‘広島抗争‘の決着がいよいよ、つくことになる第四弾。
菅原が半ばで逮捕され消えてしまい、また成田が前作でカタギになり出てこないのでちょっとメンツ不足な感じではある。それでも飽きさせはしないシナリオが素晴らしいと思う。
演技陣。金子・小池・小林・梅宮が相変わらずいいが、やっぱり加藤が好きだなあ〜
投稿者:ジョジョ投稿日:2003-04-20 15:52:07
前回以上に小林旭が格好いい!第一、敵でありながらだらしない(しかし狡猾な)ボスに疑問を感じるナンバー2という者は格好いいものであり、その役が旭というのが実によい。特に文太兄ぃが逮捕されてからは旭の時間よ!ラストの文太兄ぃとの会話なんて最高じゃん。最初顔を映さないのがまたいいね。
終わり方は実に消化不良ですが、それが逆に実話って感じでいいね。指導者に振り回される部下ってぇのはどの世界も一緒なのね。
ただ小倉一郎は気になったなぁ。なんか北大路欣也以降ああいう鉄砲玉の話をとりあえず入れちまおうって気がしなくもない。前作の渡瀬恒彦なんかは随所にそういう話が盛り込まれてたからよかったけど。今回も松方弘樹との絡みは最初の方からあったけれども、動機とかは最後の方にちょこっと見せただけ。僕の中ではとりあえず感が漂うシーンになったなぁ。
でも、そのシーンがなかったら最後の文太兄ぃと弁護士(いや、検事か?)との会話も意味をもたなかったわけだし、いいのかな。
投稿者:篭瀬山投稿日:2002-10-14 22:51:43
もはや闇雲にドンパチを繰り広げるわけにもいかなくなり、戦うための大義名分を探して膠着する2大勢力。ぬくぬくと凌いでいく山守(金子)の老獪さに腹立ちを覚えるのは、私がまだ青いからだろうか。広能(文太)にしても武田(旭)にしても、自分たちもそんな域に達していることを悟りつつある。人生で間尺に合うことなど何もない…。

拘置所の冷たい床に散らばる幕の内弁当が悲しくももったいない。7
投稿者:さだじ投稿日:2002-04-14 21:54:49
 いやね、展開は巧く、先は読めないですよ。でも、なんか消化不良。前作でようやっと文太さんと金子信雄さんとが対決する段取りがついたのに、結局文太さんは警察に張られて身動きがとれず、挙句の果てには捕まって表舞台からバイバイだなんて!そんなの観たくなかったヨ…(泣)。やっぱこれが「実録もの」の限界ですか?でもまあ、そのぶん小林旭さんの男気が光ってましたか。

 小倉一郎さん(ですか?あの気弱そうなヤクザさんの名前は)みたいな風貌とキャラを持った方やら、今まで以上に深まっていく警察、新聞、市民の介入。なんだか「新時代」を感じさせてくれました。ところでやっぱりあの情けない極道連中は観ていてあまり気持ちのよいものじゃないっすね。

 ↓師匠のHP(新作ビデオ、DVD情報アリ)http://www.cinemanc.com/
投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-02-07 01:10:10
今回のドブねずみ大賞は小倉一郎。
七三分け、きゃしゃ
と、おおよそ極道モンとは思えぬ風貌。
しかも気が弱く、そこが憎めなかったのか松方部長(再登場)に可愛がられていた。
しかし、小倉よ・・・
そりゃあ、最も仁義を欠いた外道の所業じゃないの?
おゥッ!
しかもテレビを買うため〜?
最後は文字通りドブ川を逃げ回ります。

旭、カッコイイね。
わしゃあ、文太兄ぃの味方だけど、敵対するキャラの中では最強の男
トップがだらしないとナンバー2が光りまくり
女性ファンが新たにふえる事、間違い無しです。
【レンタル】
 【DVD】仁義なき戦い 頂上作戦レンタル有り
 【VIDEO】仁義なき戦い 頂上作戦レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION