allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

華麗なる一族(1974)

メディア映画
上映時間211分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1974/01/26
ジャンルドラマ/サスペンス
華麗なる一族(2枚組)[東宝DVD名作セレクション]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,220
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:山本薩夫
製作:佐藤一郎
市川喜一
森岡道夫
原作:山崎豊子
『華麗なる一族』
脚本:山田信夫
撮影:岡崎宏三
美術:横尾嘉良
大村武
編集:鍋島淳
音楽:佐藤勝
照明:下村一夫
出演:佐分利信万俵大介
月丘夢路万俵寧子
仲代達矢万俵鉄平
山本陽子万俵早苗
目黒祐樹万俵銀平
中山麻理万俵万樹子
酒井和歌子万俵二子
田宮二郎美馬中
香川京子美馬一子
京マチ子高須相子
河村弘二大川一郎
志村喬安田太左衛門
二谷英明三雲祥一
大空真弓三雲志保
西村晃綿貫千太郎
中村哲白河
浜田寅彦大亀
花布辰男渋野
武田享速水
高城淳一芥川
高原駿雄角田
加藤嘉銭高
稲葉義男一之瀬工場長
北大路欣也一之瀬四々彦
神山繁和島
下川辰平工程部長
滝沢修宮本
伊藤光一佐橋総理大臣
小沢栄太郎永田大蔵大臣
河津清三郎田渕幹事長
中村伸郎松平日銀総裁
平田昭彦春田
細川俊夫松尾
金田竜之介荒尾留七
大滝秀治中根正義
北林谷栄総理夫人
荒木道子小泉夫人
小夜福子伊東夫人
鳥居功靖細川一也
田武謙三大平
花沢徳衛中川留市
若宮大祐市太夫
佐々木孝丸鎌倉の男
鈴木瑞穂倉石弁護士
【解説】
 大富豪の銀行家一族を中心に、政財界にまたがる富と権力をめぐる人間の野望と愛憎を描く社会派ドラマ。山崎豊子の同名小説を山本薩夫監督が映画化した超大作。阪神銀行の頭取・万俵大介。関西財界にその名をとどろかせる万俵一族は、子息を次々と政財界の大物と結婚させ、その勢力を広げ、磐石なものとしていた。そうした工作は、華族出身の世間知らずな妻・寧子ではなく、永らく家庭教師兼執事を務める高須相子の手腕によっていた。だが、一族の歯車は徐々に狂い始める……。
<allcinema>
【関連作品】
華麗なる一族(1974)劇場版
華麗なる一族(1974〜1975)TV(1974年版)
華麗なる一族(2007)TV(2007年版)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
433 8.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:scissors投稿日:2011-01-15 22:42:09
話がどうこう以前に演出が思いのほか酷かった。
あれこれ滑稽で笑ってしまう。
映像もずいぶん安っぽい。
投稿者:いまそのとき投稿日:2010-08-15 22:53:33
今見て思うのは役者の層厚いですよね。仲代主役ながらまだまだ若輩。佐分利、小沢、京、月丘と絢爛たる演技力で圧倒します。まだまだ加藤、高原、滝沢、神山、志村、田宮、西村、中村、いまの3時間TVドラマでは無理でしょう。これだけの人たちを束ね、骨太ドラマにまとめた山本薩夫監督の力は大きい。また何より演じる人たちが凄すぎます。さあ、誰をトップに据えましょうか。僕は溝口の小沢栄太郎大好きです。黒澤映画もいい。この映画佐分利が良くて良くて。でも貴方に僕は一票を投じます。小沢栄氏に。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 23:54:21
小沢栄太郎
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-02-17 11:21:40
【ネタバレ注意】

時代をダイナミックに切り取った作品で知られる山崎豊子作品は、同時代性を抜きには語れない。07年にリメイクされた木村拓哉主演のテレビドラマでは舞台となった1960年代後半の風俗の描写が酷かったが、その点この作品では時代が近いこともあってさすがにリアリティがある。
どこかバランスの悪いゴタゴタした室内装飾や、もっさりした服装など、どこか懐かしい?風情がそこにある。そう、明治生まれの金持ちの邸宅ってあんな感じだった。無理やりベッドで寝て、ナイトガウンにパイプ…。
西欧化こそが近代化であるということを信じていた世代の残滓がそこにある。

わが子を喰らうサトゥルヌスのような冷徹な銀行家万俵大介の佐分利信と、大蔵大臣を演じた小沢栄太郎の存在感がとにかく素晴らしい。
虚々実々の駆け引きのなかで「小が大を呑む」ことに成功したかと思えば、その一方で政治家はそんな小さな銀行など自家薬籠のものとして操る。
真直ぐにしか生きられない万俵鉄平(仲代達矢)はあまりにナイーブだが、愛人家庭教師の高須相子(京マチ子)とともに印象に残る役柄ではある。
登場人物が多くエピソードが満載なだけに詰め込み感は拭えないが、高度経済成長期の仇花ともいえる裏の政財界を活写した作品として評価できると思う。

投稿者:真壁 六郎太投稿日:2007-05-19 15:48:51
万俵大介はまあまあとしても高須相子がちょっとねぇ。オチの小沢栄太郎と遺族のおばちゃん以外は特筆すべきところは無い。山崎豊子ファンはこれで納得するだろうか?
投稿者:bond投稿日:2007-02-01 09:26:15
政財界の戦いとそれに巻き込まれる家族の悲劇。結局悪はより強大な悪に飲み込まれるって事か。でも長すぎる。
投稿者:Stingr@y投稿日:2002-10-12 01:14:50
 あらゆるものは時代の申し子だから,古い映画を観るには時代背景を考慮する必要がある。「華麗な」の意味が分からなければ1974年の映画を鑑賞できないだろう。もちろん,題名の「華麗な」には皮肉が込められている。1970年代,「華族」という言葉がまだ大人たちの頭の中に残っている時代。「華族」が没落したした後,新興実業家を皮肉を込めて「華麗なる一族」と呼び,皮肉を込めてその没落(堕落)を描くことがこの映画のテーマである。実際に彼らが優雅華麗な暮らしをしているかどうかとは全く別物の「華麗」である。

 大阪万博は1970年で,当時はテレビの2時間ドラマなんてなかっただろうし……。本作品は社会派“娯楽”映画の走り。微妙な固有名詞がステキで,実際に,神○銀行と太○銀行は合併したし,それからウン十年後に三○銀行(本作品とはちょっと違ったが)とも合併した。

※ちなみに、同じ山崎豊子原作の『白い巨塔』主演の田宮二郎は、鉄平の死に方にあこがれ、自らその通りにした。
投稿者:ロスマク投稿日:2002-09-30 21:19:52
「華麗なる」とは、この映画では皮肉語だろう。関西財閥一族の内幕。73年に行われた神戸太陽銀行合併を基に書かれたらしい山崎豊子のベストセラー原作。それを見事に料理した巨匠・山本薩夫ならではの政治エンタティンメント大作。銀行業界と政界の太い関係がわかりやすく描かれていて勉強になる。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】華麗なる一族 2レンタル有り
 【DVD】華麗なる一族レンタル有り
 【DVD】華麗なる一族 1レンタル有り
 【VIDEO】華麗なる一族レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION