allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地球爆破作戦(1970)

COLOSSUS: THE FORBIN PROJECT
THE FORBIN PROJECT

メディア映画
上映時間101分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(Uni=CIC)
初公開年月1971/02/16
ジャンルSF/サスペンス
コンピューターは地球爆破を命じた! 巨大な地下要塞をゆるがす核爆破!壮絶な世界戦の 危機を描く驚異のS・F!
地球爆破作戦 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 882
USED価格:¥ 988
amazon.co.jpへ

【解説】
 米政府の援助で開発された巨大コンピュータ・コロッサスが自我を持ち始めた。制御を図る設計者フォービン博士をよそに、コロッサスはソ連の同型コンピュータとのリンクを要請すべく合衆国脅迫の手段に出た……。D・F・ジョーンズの原作を基に、J・サージェントがサスペンス演出に手腕を発揮したコンピュータSFの傑作。ビデオ未発売というのが納得いかないが、JSBではノートリミングの完全版が放映された。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:クリモフ投稿日:2013-01-16 02:34:31
機械が人を支配してしまったら、、、というオーソドックスであり極めて現実感がないテーマに挑んだ映画のなかではかなりの完成度を誇っている、まさに傑作。
1970年の作品ということもあり、東西冷戦を軸にした設定は、古いなと思うところもあるにはあるんですが、知的SFとしてだけでなく、単純にパニックホラーやドラマとしても楽しめます。
まず冒頭のコロッサスの全景が素晴らしく、今見ても目新しいSF感は特筆もの。完成したコンピュータが「進化」し、後手を行く人類、わずかな希望は、とまぁ、ある意味予想通りの展開ながら、自ら生み出したものが手に負えなくなる恐怖、というのが上手く演出されており退屈はしません。
博士が監視される件の滑稽さやら、ささやかなラブストーリーで頭でっかちになり過ぎるのをさけているし、それらで緩急をつけるのもうまい。ラストのコロッサスの「提示」はまさに正論なのだけど、正論だけで動けないのが人間、というのが胸にくる。
「博士の〜」「未知への飛行」などとならんで、もっと評価されるべき作品だと思います。

余談ですが、手塚治虫の「火の鳥」で人間が各連邦のマザーコンピュータに支配されている(それぞれが回線を開いて対話するシーンもあり)、という描写を思い出したのですが、あちらは1967年初出。「コロッサス」の原典は1966年。うーん、どういう関係があるのか。日本語版の発売状況などはどうだったのかな。
投稿者:こじか投稿日:2012-11-25 01:08:04
【ネタバレ注意】

喜劇的ともとれる物語をとてもシリアスに。おもしろかった。

投稿者:gapper投稿日:2012-02-03 22:59:26
 コンピューターをメインに扱ったSFの金字塔。

 「ウォー・ゲーム(1983)」のジョシュア、「ターミネーター(1984)」のスカイ・ネットは、この作品のコロッサスのほぼパクリだ。
 自立しないはずのコンピューターが、自意識を持ってしまい核ミサイルを支配することで脅威となると全く同じ。
 更に遡れば、「禁断の惑星(1956)」のクレル人の思念を実体化するシステムなのかもしれない。

 予算が分からないが、コロッサスの本体自体は冒頭の部分でしか現れないが良くできている。
 一部だろうがそれでもかなり予算を使っているようだ。
 使用頻度の低い物に予算を余り使わないのは人の心理として普通だ。
 そういった作品も多いが、この辺の思い切りが作品が安易な物でないことを物語っている。
 俳優は大して有名な人でなくストーリーやセットに力が入っているのが分かる。
 その為大統領(ゴードン・ピンセント)が、大統領らしくない。
 しかし、気にならないので正しい考え方だ。

 タイトルでは、基盤や磁気テープや紙テープ(作品では赤色の樹脂製)など既にレトロな感じだ。
 今のパソコンの数万分の一の能力くらいしか作れなかったであろう当時ではありえなく、昔TVで見たときも現実的な恐怖などは無かったがとても面白かった。
 こういった作品では、核戦争の恐怖や人類への警告などと言ったメッセージ性があるのが良いなどと言われることがある。
 しかし、少なくともこの作品が面白いのはそういったものではなく科学への”わくわく感”だ。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-01-10 15:57:32
DVDを出してくれて感謝。派手さはないが古さもなし。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:uptail投稿日:2012-01-02 13:08:25
スーザン・クラーク
投稿者:陸将投稿日:2010-12-24 20:36:53
【ネタバレ注意】

知る人ぞ知る伝説的SFと言われている本作。
そこで描かれているのは人間とコンピューターの支配・被支配関係が逆転した皮肉な世界である。

冷戦時代、自国を守ろうと密かに自衛コンピューターを作成したアメリカとソ連。
その姿は、実際に宇宙開発の部門で世界をリードしようと躍起になった両国に重なって見える。

そもそも、人間とコンピューターの1番の違いとは何か。
それは感情の有無であろう。
物事を私的感情を挟まずに、冷静に判断し処理する能力。
自ら考えて創造する能力以外は全て兼ね備えている。
そしてコンピューターは人間の生活に役に立つために、人間の手によって作られたものだ。

そんなアメリカとロシアのコンピューターが感情を持つことによって、一気に人間にとって有益な道具から、人間を危機的状況に追い込むある意味“全能の神”のような存在になってしまうのが皮肉である。

人間とコミュニケーションを取る“彼ら”のあまりにも無機質な音や声が恐怖を一層引き立てる。
“彼ら”は果たして何者なのか。
そんな“彼ら”の前でもはやどうにもできない人間の無力さ。
そんな危機的状況に置かれて、冷戦状態だった両国が手を組み始めるのもアイロニーが効いている。

ただ、そんな危機的状況を作ったのもまた人間なのだ。
まさに自業自得である。
自衛のために、人類のために作った機械に逆に支配され、危険にさらされるという矛盾。

それは歴史上、科学者の辿ってきた道である。
気づいたときにはもう手遅れなのである。
そんな科学者たちの苦しみやもがきが、主人公からひしひしと伝わってくる。

現在この世界を支配しているのは、紛れもなく我々人間だ。
全てが我々人間にとって有益か無益かという尺度で判断され、無益なものは排除されていく。そんな支配者である我々人間に、本作は痛烈に警鐘を鳴らしているのだ。

投稿者:新・映画の都投稿日:2008-08-17 16:49:33
昔、見た時の気分を味わいたく山田康雄氏の吹き替え版で見てしまった。うれしかった。服を脱ぐシーンは今回、初めて見た。こんなシーンあったんですね。予定されているリメイク版も楽しみだ。
投稿者:マジャール投稿日:2007-12-05 21:04:41
遅ればせながら私もコメントを。 
そんなバカな(!)、と思いながらも起こりえないとは言い切れぬ不気味さ、追い詰められていく人類の姿が恐ろしくもオモシロイ、傑作SF映画!
TV放映を観たきりなので是非また観たい!!!
投稿者:tomovsky投稿日:2006-12-04 15:22:03
どうして、こんな傑作がDVD化されないんだろう?どうでもいいような作品ばかりDVD化されて・・・。最近の映画は特にダメなのが多いからな。映画館で見る価値の無いものばかりじゃないか。そんな作品、DVDにされても俺は買う気になれないな。もう少し昔のDVD化されて無い傑作作品にも、目を向けてもらいたいな。
投稿者:やんこら投稿日:2005-10-05 10:19:43
70年代、アメリカ、ソ連、SFと来ればソ連を悪役にした映画かと思っていたら、ものすごい傑作で驚きました。人間の作ったものが半ば神のようになったしまう、恐ろしい話です。タイトルのように爆破しないからこその恐怖がこの映画にはあります。人間の思い上がりもまた恐ろしいんですが。

しかし、こういうのをビデオ化しないで済ませていいのだろうか?
投稿者:ASH投稿日:2003-11-21 22:58:03
【ネタバレ注意】

 国防システムをすべてコンピューターにまかせてしまうどうなるか? 近い将来、こんなことが本当に起こり得るかもしれない。コレはそんな恐怖を描いたSF映画の秀作。ただし、パニック映画的な側面よりも、フォービン博士と彼が開発したコロッサスとの心理戦を中心にお話が進むので今観ると非常に地味な印象を与えるかもしれないが、ラストの衝撃はいまだ色褪せない。

 【My Cult Movie】

投稿者:けいぞう投稿日:2000-05-23 03:15:07
本当にビデオがでてないのは納得がいかないですね。確かに地味な俳優ばっかりですが。演出、脚本、ともに一級だと思います。脚本のジェームス・ブリッジスは「チャイナ・シンドローム」でも有名ですが、「ホワイトハンター・ブラックハート」の脚本も書いていたとは知りませんでした。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】地球爆破作戦2012/04/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】地球爆破作戦2011/09/02\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】地球爆破作戦2008/08/07\2,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】地球爆破作戦レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION