allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

新仁義なき戦い(1974)

メディア映画
上映時間98分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1974/12/28
ジャンルアクション/任侠・ヤクザ
新 仁義なき戦い [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,780
価格:¥ 3,402
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:神波史男
荒井美三雄
撮影:吉田貞次
美術:雨森義充
編集:宮本信太郎
音楽:津島利章
助監督:藤原敏之
出演:菅原文太三好万亀夫
金子信雄山守義雄
中谷一郎難波茂春
田中邦衛坂上元
宍戸錠橋八郎
八名信夫工藤進
睦五郎占部哲男
佐藤京一大石
白川浩一郎倉田
松本泰郎海老原
誠直也東尾
渡瀬恒彦北見登
司裕介風間
奈辺悟金子
広瀬義宣落合
安藤昇海津卯之吉
守田学哉天野秀造
内田朝雄緒方正義
名和宏緒方正範
秋山勝俊緒方組若衆A
汐路章緒方組若衆B
室田日出男野崎満州男
松方弘樹関勝
西田良安本金悟
志賀勝笹本
川谷拓三玉井
成瀬正孝鈴木
片桐竜次上田
鈴木康広土田広人
高並功津上
中原早苗山守利香
松尾和子青木文子
池玲子中野恵子
橘真紀富田幸枝
小泉洋子由美
中村錦司前田久雄
山城新伍山守健一
宮城幸生根岸
畑中伶一野瀬
若山富三郎青木尚武
【解説】
 大人気のうちに完結した「仁義なき戦い」シリーズ全五部作の後を継ぎ、深作欣二監督・菅原文太主演で装いも新たに製作された新シリーズの第一部。神波史男と荒井美三雄が脚本を執筆した。
 昭和二十五年。敵対する土田組の組長を襲った山守組の三好万亀夫が逮捕される。三好の十一年もの刑務所生活の間に、山守組は肥大化し三つの派閥に分かれていた。組長を支える坂上派、山守を凌ぐ勢いの青木派、そして中立的立場の難波派。三好が出所し祝宴が開催されるが、すべての派閥の代表が顔をそろえ、それぞれ三好を仲間に引き入れようとした。難波は広島最大の梅津組に接近、組長に加勢しようとするが、それを知った青木派に殺害されてしまう。青木は梅津組に近づき、山守組との対立を深めるのだった。
<allcinema>
【関連作品】
仁義なき戦い(1973)シリーズ第1作
仁義なき戦い 広島死闘篇(1973)シリーズ第2作
仁義なき戦い 代理戦争(1973)シリーズ第3作
仁義なき戦い 頂上作戦(1974)シリーズ第4作
仁義なき戦い 完結篇(1974)シリーズ第5作
新仁義なき戦い(1974)新シリーズ第1作
新仁義なき戦い 組長の首(1975)新シリーズ第2作
新仁義なき戦い 組長最後の日(1976)新シリーズ第3作
その後の仁義なき戦い(1979)
新・仁義なき戦い。(2000)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
313 4.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-08-25 23:13:34
役者はいい(全員ではないが)。カメラもいい(相変わらずである)。台詞もときにズシリと響くものがある。では何が駄目かと言うと、脚本に論理の一貫性がないのだ。つまり構成力が弱い。例えば、弾除けとして情婦を旅の供に連れて行く、という非情な設定を持ち出すなら、この情婦に自意識を認めちゃいかんのだ。論理がぶれるじゃないか。日和見民主主義的決定力の欠如がここに表れている。取材不足からくる想像力の欠如も感じるが、私が一番感じたのはそれだなあ。4
【レンタル】
 【DVD】新仁義なき戦いレンタル有り
 【VIDEO】新仁義なき戦いレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION