allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エデンの海(1976)

メディア映画
上映時間85分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1976/04/24
ジャンル文芸
エデンの海 [DVD]
参考価格:¥ 4,937
価格:¥ 7,200
USED価格:¥ 2,450
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:西河克己
製作:堀威夫
笹井英男
原作:若杉慧
脚本:馬場当
撮影:萩原憲治
美術:佐谷晃能
編集:鈴木晄
音楽:伊部晴美
助監督:中川好久
出演:山口百恵清水巴
南條豊南条先生
紀比呂子増川先生
伊藤雄之助校長
井上昭文黒木先生
和田浩治沼田先生
岸田森松下先生
浅野温子岩井昌子
悠木千帆お葎っあん
十勝花子下宿の内儀
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ymo1191投稿日:2016-03-02 23:50:10
次元は1970年代の青春映画、アイドル映画の様相で、女子高校と言う学園での、多感な女子高生(山口百恵)と、新任の新人男性高校教師(南條豊)との、師弟愛を超えた奇抜な演出のドラマですが、まっとうな学園ドラマの範疇でもあります。文芸作品として、アバンギャルドなセリフ(見ている方がこっぱずかしくなる)の連続ですが、原作が若杉慧氏の1946年の作品であり、戦前から戦中の抑圧から、戦後1年目に出版された作品である事と関係あると思います。タイトルの”エデンの〜”と言うのも、戦後の新しい世界への旅立ちを意味している様で。若杉氏は広島高等師範学校(現在の広島大学教育学部の母体)を卒業して、教職につかれた経歴もあり、その辺の経験と理念が本作に織り込まれている様です。百恵ちゃん文芸路線映画としては4作目で、本作は配役の年齢差も考慮したのか、共演が三浦友和さんではありません。友和さんとのゴールデンコンビで撮ってたらどうなっていたかと言う興味はありますが、本作での百恵ちゃんは、ピンの映画女優として、相手役を食ってしまう(カマキリの喩がありますが)くらい輝いていました。女優さんとしては、紀比呂子さん、浅野温子さん、悠木千帆さん等も見られます。また、校長役の伊藤雄之助さんがいい味を出していました。
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-01-31 01:38:12
【ネタバレ注意】

<あらすじ>海辺の女子高に、東京から南條という教師(南條豊)が赴任してきた。早熟といわれる清水巴(山口百恵)と、運動会で目かくし競争にコンビで出場することになった南條だったが、巴は勢い余って鉄柱に激突してしまう。医務室で意識を取り戻した巴は失禁したことを告げ、南條が下着を買いに行く。職員会議で問題になるも南條は巴との約束を守って真実を告げようとしない。巴はそんな南條に恋心を抱くようになる…。

70年代のアイドル映画って、こんなに中味が薄かったっけ、というトホホな作品。アイドルの着替えシーンや水着姿を見せたらそれでいい、ということなんでしょうけどね…。
三浦友和に代わって相手役を務めた新人の南條豊に対しても、当時百恵・友和いずれのファンからも総スカンだったそうで、そのせいかその後も南條豊の姿は滅多に見れなくなる。
若杉慧の原作をもとにした三度目の映画化だが、発表当時はセンセーショナルだったかも知れないが、70年代半ばではそれも中途半端。巴は奔放な感じはしないし(共演している太った浅野温子の方が現代的?)、青春ドラマ風教師南條豊も中途半端。
後半の山口百恵の乗馬姿にしても、なぜに彼女を捜す南條が水着を持っていくのか(笑)、さらに水着に着替えた百恵ちゃんがなぜ乗馬して爆走するのか(笑)、わけわからん。
ラストシーンで砂浜を駆けていく山口百恵だが、なぜか「スタート!」のかけ声がかかったと思しき場所の手前には足跡はないし(笑)。

原作では広島県の忠海が舞台だが、ロケは静岡県の松崎だったとか。
ま、70年代アイドル映画のトホホぶりを楽しめる逸品という見方もできるかも。

投稿者:ASH投稿日:2014-01-18 08:47:35
【ネタバレ注意】

 こ、これは珍しい! 友和のいない百恵ちゃん映画!!

投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2006-05-13 21:02:01
【ネタバレ注意】

 この映画も山口百恵という偶像を弄んでいるという感じがするが、そこが好悪の分かれるところだろう。私は彼女の扱いもふざけた展開も結構面白かった。多分、山口百恵自身もこの役を楽しんで演じている、或いは確信を持って奇矯さを表現しているように思う。また、例えば運動会の後日、南條豊が百恵の部屋を訪ねるシーンのカットバック(リバースショット)なんかとってもいいし、伊藤雄之助と南條が飲み屋で話すシーンのクレーン移動と縦構図なんて見事な画作り。悠木千帆の奇異さも忘れがたい。

 この映画の特筆すべきは矢張り乗馬シーンだろう。登場から南條に出会うまでは吹き替えなしで百恵本人が騎乗しているように見える。また乗りっぷりもとても格好良くて吃驚。白い水着になって街中や学校の運動場を二人乗りで走り回る部分はスタントか。http://cinema.intercritique.com/user.cgi?u=3449

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】エデンの海2000/10/25\4,571amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】エデンの海レンタル有り
 【VIDEO】エデンの海レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION