allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ひとごろし(1976)

メディア映画
上映時間82分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1976/10/16
ジャンル時代劇
ひとごろし [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 3,990
USED価格:¥ 2,970
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:大洲斉
製作:永田雅一
企画:金丸益美
西岡善信
原作:山本周五郎
脚本:中村努
撮影:牧浦地志
美術:西岡善信
編集:山田弘
音楽:渡辺宙明
助監督:奥家孟
出演:松田優作双子六兵衛
高橋洋子およう
五十嵐淳子かね
丹波哲郎仁藤昂軒
岸田森加納平兵衛
桑山正一宗方善兵衛
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
219 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:scissors投稿日:2013-01-07 02:02:35
テレビ作品みたいなグダグダ加減
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2011-06-03 19:26:26
前半までは良かったが後半にもう一工夫欲しかった。原作は未見だが内容的には一時間ものだったかなー。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-05-29 22:12:12
【ネタバレ注意】

優作が丹哲を追い込むやり方がセコ過ぎて可笑しい。でも六兵衛の役は水谷豊の方が合ってたと思う。あと高橋洋子が味方になる理由が解らなかった。

投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-01 01:47:54
丹波哲郎
投稿者:bond投稿日:2008-01-05 13:48:37
いつもはタフガイが多いが、コミカルな役で役者の幅を広げたかったのか?丹波哲郎もカッコいいぞ。
投稿者:irony投稿日:2008-01-04 10:48:03
 いやぁ、面白かったです 人殺しぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜w
 優作と淳子って「俺達の勲章」以来か?
投稿者:ASH投稿日:2003-06-09 23:42:05
【ネタバレ注意】

 珍しくヘタレな優作が見られるこの映画。臆病な侍という役柄を、優作はかなり大袈裟な演技で表現しているんだよね。でも、これが結構、笑えるのよ。

 六兵衛は上意討ちを命じられたのではなく、自分から買って出たわけだが、彼はどうみてもヘタレで勝算がある行為とは到底、思えない。そこら辺の動機付けが正直、よく分からないのだが、妹のおかねの将来を案じてだとしても、へっぴり侍の一大決心としてはなんか弱い気がする。姑息な手段を思い付くのは偶然からであって、最初から考えていたことでもなさそうだし。名を上げる千載一遇の機会だろうけど、あそこまで臆病な男がするだろうか? 死ぬ気になれば何でもできるということか。

 とはいえ、昂軒の行く先々で六兵衛が「ひとごろしーッ!!」と叫ぶくだりは笑える。四六時中後をつけて、飯のときも、宿で休もうとしてるときでも罵倒されるので昂軒には気が休まるときがなくなってだんだんイライラしてくる。鬱陶しいから叩き斬っちゃいたくなるだろうけど、そんなことしちゃうと本当に「人殺し」になっちゃうんだよね。武士は無駄な血を流さない。

 旅の途中で出会う旅籠の女将、おようが六兵衛に協力を申し出るのもよく分からないよね。でも、これはダメ男に惚れてしまう女性心理、一種の母性本能みたいなものなんでないかと。おようが六兵衛に「お国へ連れてってください」というシーンでは、なんか可愛いんだよ。あんなこと言われるのは男冥利に尽きるってもんだ。

 精神的に追い込まれた昂軒が、逃げる六兵衛を執拗に追いかけるクライマックスでは、最後の最後に優作お得意の凄みの表情を見せる演技が出てくる。ああいう表情を見ると「ああ、やっぱり優作!!」と嬉しなる。

 どこか武士道精神を茶化したかのような展開が楽しい、時代劇コメディの隠れた佳作!! 丹波哲郎が貫禄タップリに真面目に演じていることで、それがかえって絶妙な笑いを生んでいるのだ。高橋洋子は魅力的だし、五十嵐淳子は出番は少ないけどメチャ可愛いんで満足ナリね。

 夏の風景を捉えた、引き気味の構図を多用したショットもキレイ! 大映時代劇を支えた職人たちの功績だね。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ひとごろし2009/04/24\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ひとごろし2001/09/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ひとごろしレンタル有り
 【VIDEO】ひとごろしレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION