allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

やくざ戦争 日本の首領(ドン)(1977)

メディア映画
上映時間132分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1977/01/22
ジャンル任侠・ヤクザ
やくざ戦争 日本の首領<ドン> [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,249
USED価格:¥ 1,612
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:中島貞夫
製作:岡田茂
企画:俊藤浩滋
日下部五朗
松平乗道
田岡満
原作:飯干晃一
脚本:高田宏治
撮影:増田敏雄
美術:井川徳道
編集:堀池幸三
音楽:黛敏郎
伊部晴美
助監督:藤原敏之
出演:鶴田浩二辰巳周平
佐分利信佐倉一誠
松方弘樹松枝四郎
梅宮辰夫福島
渡瀬恒彦野溝武司
千葉真一迫田常吉
高橋悦史一宮恭夫
市原悦子辰巳キヨ
二宮さよ子佐倉登志子
菅原文太石見栄三
地井武男川端
今井健二文源昌
志賀勝内田頼三
高橋昌也阿部直行
成田三樹夫片岡誠治
待田京介三鷹厚司
田中邦衛後藤
内田朝雄大山喜久夫
【関連作品】
やくざ戦争 日本の首領(ドン)(1977)シリーズ第1作
日本の首領(ドン) 野望篇(1977)シリーズ第2作
日本の首領(ドン) 完結篇(1978)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2014-01-18 16:38:23
 画面作りという意味でのこだわりは余り感じられないが込み入ったプロットを上手くさばいて手馴れた演出ぶりを披露する。また多くのキャラクターが強く印象に残る造型だ。中でも本編の真の主人公と云っていい若頭を演じる鶴田浩二が妙に虚無感のある演技で不思議な雰囲気をたたえる。視点が定まらず中空を見ているような顔作りなのだ。また、ラストのオチを導く重要な役を高橋悦史がやっており、この人の存在感も大きい。他にも組関係者では千葉真一の異常な切れ具合がちょっと面白い。あと、組長・佐分利信の蓮っ葉な娘をやっている折原真紀が演技は拙いがサービスカット要員として体当たり演技を見せてくれる。やはりこの手の映画には必要な役回りなのだ。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-09-04 22:02:59
【ネタバレ注意】

J:COMでも東映チャンネルがHD放送で観れるようになり、サービスの無料放送を観賞(契約しないと録れないので、先に小便を済ませて一気観)。見応えはあるけどやや散漫な印象。火野正平のギター弾きの愛人は不要だと思ったけど、当時の人気歌手だったの?。暴力描写で一番ドキッとしたのは小池朝雄の妻が首を切られてたシーン。シーツの下から胸を触って手が血まみれというゴッドファーザーからの引用だろうとナメて掛かってたので、余計ショッキングだった。佐分利信がキャスティングされたのは間違い無くヴィト・コルレオーネを意識しての物(ブラインドカーテンから外覗くし)。でも本編は鶴田浩二を立てる為に作られたので仁義なきシリーズのような潔さが無い。笠原和夫が書いたら鶴田に解散させて「終」になったと思う。

投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2009-03-22 15:30:22
石見と書いて「いわみ」と読む。
島根県に石見銀山(いわみぎんざん)という遺跡がある。
人の事を指摘する前に、良く調べるように!

映画はまぁまぁ。
「仁義なき戦い」Seriesの方が面白いが。
投稿者:irony投稿日:2009-03-20 23:39:26
【ネタバレ注意】

 それにしても凄いメンバーが出てるなぁ 悲願達成は成らずで続編に期待しますが、多分悲願はダメだろうなぁ・・ 私も佐倉一族ですからってアンタもともと堅気じゃない? 漫画の代紋TAKE2を思い出したよ

データベースがマチガットルね 岩倉→佐倉 石見→岩見だね

上の方、御指摘ありがとうございます 勉強になりました

投稿者:ブロンスン投稿日:2006-06-17 04:56:40
原作は飯干晃一だが、
大阪生まれの割に何故か関東の極道に最後には華を持たすと言う、
日本一の某組のお膝元の私には、納得いかない結末の最初の作品。
悔しいけど当時の、
関東やくざは政治家や経済界と結びつきが深くおとなしめ、
関西極道は火がつけばトコトン突っ走る気性を表しているのかも。
鶴田浩二が主演と言う事で、
御大佐分利信に敵対するには比べて線の細い菅原文太。
鶴田浩二は実際にドタマかち割られているので、
不世出の名優佐分利信が親分役で当然かもしれない。
でも、このキャストであるからこそ三部作が成功したのだ。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-05-18 22:20:14
とにかくキャストがすごい。ヤクザの親分役の佐分利信や若い者頭役の鶴田浩二など当時の大物俳優が勢ぞろい。まさしく男の世界ですね。
それとあくまでフィクションだが、政治と企業とヤクザ社会が今と全然違ってつきあいがオープンだったんだなあ、と思わせる映画。
そして、戦争でもそうだがいつも最初に死ぬのは若者、というのが悲しい。
【レンタル】
 【DVD】やくざ戦争 日本の首領(ドン)レンタル有り
 【VIDEO】やくざ戦争 日本の首領(ドン)レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION