allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地の果てを行く(1935)

LA BANDERA
ESCAPE FROM YESTERDAY

メディア映画
上映時間102分
製作国フランス
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1936/09/
ジャンルドラマ/犯罪
地の果てを行く [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 5,040
USED価格:¥ 2,580
amazon.co.jpへ

【解説】
 パリで殺人を犯したピエールは追跡の手を逃れモロッコで外人部隊に入る。やがて現地の娘と結婚し平和な日々を送るピエールだが、常に彼には一人の男がつきまとっていた……。“地の果て”まで来て普通の生活を手に入れた男と、過去を暴くため友人の姿を借りて近付く男、互いの関係が表面化した時に戦場で初めて友情を覚える二人の男を描いた構成(脚本はシャルル・スパーク)が素晴らしく、叙情派デュヴィヴィエらしい一作に仕上がっている。クライマックスからラストにかけてのにじみ出る寂寥感が泣かせる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ルーテツ投稿日:2018-01-10 01:31:10
【ネタバレ注意】

ジャン・ギャバンの出世作という
確かに若いが、撮影当時の実年齢からは老けているようにも思える
ともかく存在感はハンパない
殺人を犯した経緯は詳しくは描かれていないのでわからないが、犯罪者であることには違いない
その点が引っかかってあまり感情移入できない主人公

殺人を犯し、流れるうちにスペインの外人部隊にたどり着いた男
現地で知り合った女と結婚し”地の果て”で幸せを掴もうかとするが、追手がすぐそこまで・・・というお話
仏映画だが、舞台はスペインからモロッコで、異国情緒溢れる景色が観られる

ヒロインのアナベラは、巴里っ子のイメージが強いが、本作では濃いメイクで土地の娘を演じる
ギャバンを追い詰める男にロベール・ル・ヴィーガン
作中ずっとなんかしつこい嫌なヤツ、その実は殺人犯を捕まえるために身分を偽って外人部隊に入ってきた警察
懸賞金目当てとはいえ、銭形のとっつぁん並の根性だ
追うもの、追われるものが、立場を超えて友情が芽生えるラストの余韻が良い

投稿者:gapper投稿日:2013-07-30 19:47:18
 ”禍福は糾える縄の如し”

 印象的な出だしで、主人公は急転直下で人生を転げ落ちていく。
 この前半は、ノワール的で斜めホライズンなどの実験的なカメラワークは、ヒチコックの「疑惑の影(1942)」を思わせる。

 当時アメリカでは、ギャングものが全盛でこういった作品は気にしていなかったろう。
 しかし、ギャングを英雄視するギャグ物の批判が高まり第二次世界大戦の突入時期に終焉した。

 この時、目を付けたのが、こういったノワール映画だったのではないだろうか。
 ギャングの様に危機感があり、人生を狂わせていく物語。
 そのには、女の姿もある。
 それが、フィルム・ノワールと呼ばれるものになったのではないだろうか。

 ただ、ノワール的なのは最初だけで外人部隊に入ってからはジュリアン・デュヴィヴィエらしい”男”の抒情を謳う物語となる。
 ラストは、日常の規範や常識を超えた世界観を作っていて、今では見られないクラシック作品らしいものだ。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:さち投稿日:2008-09-12 13:27:56
普通
投稿者:レフトフック投稿日:2008-04-24 22:56:44
死ぬまで絶対見たいと思っていましたが、本日DVDで鑑賞させていただきました。もう悔いはありません。
コメントは、オールドファンが記してある程ではありませんが、やはり素晴らしい。ル・ヴィギャンのオーバーアクトもいい。ギャバンもいい。デュヴィヴィエは素晴らしい。デュヴィヴィエ作品としては、「望郷」や「我等の仲間」「舞踏会の手帖」「商船テナシチー」に比べ落ちるかもしれませんが、どうでもよいのです。古き良き映画を観終わった後は、それも死ぬほど見たかった映画を観終わった後は感無量。今はそれだけですね。リアルタイムで見た当時の若者が映画に感動しながら太平洋戦争で死に、この映画の素晴らしさを語った幾人かの映画評論家、映画人もなくなり、デュヴィヴィエ、ギャバン、ル・ヴィギャンもとうになくなり、この映画を見て感動している自分を顧みると、嗚呼、映画は不滅だと思わざろう得ません。
投稿者:Ikeda投稿日:2002-12-24 15:06:11
ジュリアン・デヴィヴィエの作品の中では、それ程上位に評価していませんが、やはりジャン・ギャバンと組んで、迫力がある作品だと思います。侵略戦争とは言え、平和な社会から途絶され、命にむなしさを感じている外人部隊の兵士たちの心のぶつかり合いを描いて、さすがデヴィヴィエだと思いました。アナベラは演技を必要とするような役ではありませんが、そのエキゾチックな容貌が見ものです。脇役のレイモン・エイムスもこの荒々しい展開の中で、多少なりとも和らげる効果をあげて、好演だと思います。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】地の果てを行く2008/04/25\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】地の果てを行くレンタル有り
 【VIDEO】地の果てを行くレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION