allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

血のバレンタイン(1981)

MY BLOODY VALENTINE

メディア映画
上映時間91分
製作国カナダ
公開情報劇場公開(Par=CIC)
初公開年月1981/09/
ジャンルホラー
血のバレンタイン [DVD]
amazon.co.jpへ

【解説】
 20年前のバレンタインの日に炭鉱町で起きた猟奇殺人。再びその惨劇が繰り返され始めた。「13日の金曜日」クローンの一本で、今回の殺人鬼は炭鉱夫のスタイルで手にしたツルハシが武器。菓子箱に入った血のしたたる心臓などのショック・シーンもあるにはあるが、クライマックスの炭鉱内でのシーンがさして盛り上がらない上に、画面が暗くてよく判らないという困り者のカナダ製ホラー。ビデオは劇場公開版よりも長い全長版。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2017-01-21 18:28:29
【ネタバレ注意】

惨劇は2月14日土曜日の“バレンタインデー”に起きる!
って前日は“13日の金曜日” じゃない!
そんな裏設定?からもわかる、二匹目のどじょうホラー。
でも、「13金」と「バーニング」「血のバレンタイン」は三大スプラッターとして、我が心に焼き付いているよ!
ちなみに「悪魔のいけにえ」「ハロウィン」はまた違う流派なんだな。

投稿者:KISSIN投稿日:2015-11-07 08:45:35
【ネタバレ注意】

 とある田舎の鉱山町。この町は呪われていると言う。ひとり殺され、またひとり・・・次々と惨殺されていく。20年前の事件がよみがえる。あいつが町に戻って来たのか?
 この作品は初めて観た訳ではなく、たぶん30年以上前(中学生の頃)にTVで観た。子供の頃に観た映画で強く印象に残っている作品の内のひとつだった。そんな背景もあり、今観ても秀作だと思う。
 今観たら、ダースベイダーか!?と思ってしまったが、あのガスマスク姿が当時中学生の私には恐ろしかった。リメイクもされているみたいなので、そちらも観てみようと思う。

投稿者:hayate9投稿日:2012-02-01 21:03:49
【ネタバレ注意】

こんなに人気があるなんて知りませんでした(笑)
私はビビりなので、残虐シーンなしバージョンでちょうどよかったかも。

心臓が入っているかも・・・と箱を開けたら死んだコインランドリーのおばちゃんからのチョコレートの贈り物で、ちょっとジ〜ン。
太っててメガネの男性、最初はおちゃらけ要員かと思っていましたが、実は男らしい。可愛い彼女がいるところをみると、ナイスガイだったんでしょうね。
犯人・・・ツルハシは怖い!でも、ガスマスクがなんとなく間抜けに見えて、視界もせまそう。頑張れば勝てるんじゃないか?というのが逆にドキドキしました。
TJかアクセルが犯人だと思っていたので驚きは半分。
エンディングの歌がなんとも不気味でした。

投稿者:メカゴジラ投稿日:2011-06-21 19:43:11
 
劇場公開時にはゴアシーン全開のバージョンだったらしいが、その後発売されたビデオ、リメイク公開に合わせて出たDVDともゴアシーンをカットしたバージョン。どうせならノーカット版が観たいよなあと思っていたら、北米版ブルーレイはゴアシーンありとのことで早速取り寄せた。
以下BDの「エクステンデッド・バージョン」にて鑑賞した感想。

1980年の「13日の金曜日」で起きたスラッシャー映画ブームの中の一篇だが、この作品のゴア描写=特殊メイクの技術の高さと、演出・編集による見せ方の上手さは頭ひとつ抜けていると思う。乾燥機で丸焼きにされるおばさんとか、頭蓋を貫通するピッケルとか、水道管串刺しとか、自分で腕を切断して逃げる殺人鬼とか、1981年当時にこれはやり過ぎだろ!と感心するぐらいグロテスクな描写が強烈で、今観てもギョッとさせられる。
BD特典のインタビューで監督も語っているが、アメリカ国内ではカット版しか公開できなかったというのにも納得。

もともと、黒づくめのヘルメットにガスマスク姿の殺人鬼キャラのかっこよさ、犯人探しの面白さで最後まで楽しめる作品だが、「うげっ!」と思うようなショックを受け続ければ観ている側の感情移入や緊張感も高まらないわけにいかない。過去にビデオやDVDで観たときよりもはるかに面白く感じてしまった。

ビデオ版は約100分あるんで、90分強のBDも「ノーカット完全版」というわけではないが、ゴアシーンありのバージョンを観ると作品そのものの印象がはっきり変わる。ぜひ国内盤ブルーレイを発売してほしいもんだ。
投稿者:TasK投稿日:2010-04-27 11:14:31
ようやくDVDが出たと思ったら、カット版。
ふざけんな。海外版は完全版が発売されてるじゃないか。
メーカーのやる気のなさにがっかりだ。
投稿者:ASH投稿日:2009-10-04 17:46:15
【ネタバレ注意】

 一応、中学生くらいの頃にTV放映で観てはいるんだけど、どんな映画だったかはよく覚えていない。本来なら、今年になって公開されたリメイク版に併せて見直しておくべきだったんだろうけど、今頃になってようやくDVD化されたから、この機会に久しぶりに再見しておこうかなと。

 今やケビン・シールズがこの映画のタイトルからグループ名を採ったことの方が有名になった感もあるが、見直して気付いたのは、スラッシャー映画百花繚乱期における「13金」エピゴーネンという枠から外れず、今観てもそんなに大騒ぎするほどの傑作だとは到底、思えないけれど、あの80年代のホラー映画の独特の雰囲気には今観ても惹かれるものがあるのも確か。

 リメイク版も日本公開時にはカットされたが、このオリジナル版もDVD化の際には残酷シーンをカットされまくりと、どちらもつくづく恵まれてない。そんなわけで、売りであるはずのゴア描写が妙にアッサリとしていて、このバージョンを観る限りでは突出したところが見当たらないという困った有様。

投稿者:プリズム5投稿日:2008-09-23 22:24:39
【ネタバレ注意】

久しぶりに再見しましたが、ガスマスクに炭坑服姿の殺人鬼に胸が躍ります。トラウマを抱えた殺人鬼が捨て台詞を吐きながら去って行くラストと、エンディング・テーマが何故か切ない傑作。

投稿者:ファルド投稿日:2007-10-15 20:08:16
ガスマスクを装着した炭鉱夫姿の殺人鬼が暗躍する炭鉱内のサスペンス描写はそれなりに面白かった。幼少時、彼にあのようなトラウマがあったとは観ている方は分からないので、ガスマスクを外されるまで犯人は分からないでしょうね。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-15 16:31:29
 ツルハシを持って追いかけてくるガスマスク姿の殺人鬼が凄い不気味。
 一体、正体は誰なのかという推理も楽しめる。

 殺人鬼ホラー映画の中でも隠れた名作と言えるだろう。
投稿者:ZERO投稿日:2005-05-16 21:00:54
評価は低いですが、大好きな1本。80年代ホラーブーム時、バーニングとほぼ同時期に公開しましたが、内容はつまらなくともこの時代のホラーDVD希望です。
当時のホラーでは13金の亜流と思われがちですが、これはちょっと違う。
ホラーサスペンス風です。犯人の動機はあっけなく語られますが、作品全体の雰囲気は上出来のホラーだと思います。
エンディングテーマも最高。
投稿者:eiji_in_uk投稿日:2003-09-09 03:49:19
公開当時は残酷描写を含むノーカット版が公開されたにも関わらず、80年代に発売されたビデオもカット版だし、昨年アメリカで発売されたDVDもビデオよりは多少マシであるようにも感じるが以前残酷描写がカットされた物でした。
海外のホラー映画のサイトで見ると何やらパラマウントが版権を独占しているのでノーカット版の公開及び、ソフトの発売はパラマウントが許可を出さない限り不可能であるらしい。ファンはノーカット版が見たいのにカット版のソフトなんか出すな!と言いつつカット版と知りつつもアメリカ版DVDを買ってしまいました。
投稿者:DIO様投稿日:2002-05-16 04:18:28
エンディングの曲が渋くてカッコよい。まぁ、それ以外は別に語るとこはないかな。オレは好きだけどね、この映画。ビデオも持ってるし。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】血のバレンタイン2009/08/28\2,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】血のバレンタインレンタル有り
 【VIDEO】血のバレンタインレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION