allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

日本の首領(ドン) 野望篇(1977)

メディア映画
上映時間141分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1977/10/29
ジャンル任侠・ヤクザ
日本の首領<ドン> 野望篇 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,356
USED価格:¥ 4,858
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋
日下部五朗
松平乗道
田岡満
原作:飯干晃一
脚本:高田宏治
撮影:増田敏雄
美術:佐野義和
編集:堀池幸三
音楽:黛敏郎
助監督:俵坂昭康
ナレーション:森山周一郎
出演:佐分利信佐倉一誠
東恵美子佐倉雪江
折原真紀佐倉真樹子
高橋悦史一宮恭夫
二宮さよ子一宮登志子
松方弘樹松枝四郎
成田三樹夫片岡誠治
野口貴史宮之浦一夫
志賀勝村上三郎
にしきのあきら若宮洋一郎
藤岡琢也樽井源吉
小沢栄太郎岡山大造
嵐寛寿郎河元弥之助
市川好郎堪木直也
内田朝雄大山規久夫
小池朝雄鬼沢明正
田中浩森川久蔵
佐藤慶関野礼行
小松方正真田重光
金子信雄平山英格
浜田寅彦後藤通産大臣
芦田鉄雄荒崎至
渡辺文雄田代圭三
織田あきら横川英樹
野坂昭如箕輪良行
岸田今日子姉小路尚子
金沢碧三浦かおる
菅原文太天坊信助
三船敏郎大石剛介
【解説】
 「やくざ戦争 日本の首領」に続くシリーズ第二弾。飯干晃一の『日本の首領』をもとに、高田宏治が脚本を書き中島貞夫が監督した。三船敏郎が暴力団の会長役で出演し、これなら関東勢が勝っても仕方ないか、と思わせる存在感を披露。
 中島組組長の佐倉一誠は一宮病院を退院し、全快祝賀パーティーに参加した。関東進出をもくろむ佐倉は、設立した「桜商事」を松枝四郎に任せた。佐倉の動きを察知した松風会会長の大石剛介は東京の暴力団を束ね「関東同盟」を結成、桜商事から犠牲者が出るに至り、両者の抗争が表面化した。やがて両者の争いは、ガルダネソス国営の石油開発にともなう利権にまで発展するのだった。
<allcinema>
【関連作品】
やくざ戦争 日本の首領(ドン)(1977)シリーズ第1作
日本の首領(ドン) 野望篇(1977)シリーズ第2作
日本の首領(ドン) 完結篇(1978)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2014-01-18 16:38:27
 三部作中この二作目が最もグッと来た。それは多分に好みの問題だろう。まず本作から三船敏郎が関東同盟のドンを演じるようになり、伴って関東同盟側の描き方に厚みが出たこと。さらにこれによって美術装置の見せ場がかなり増えたという点が大きい。また、二人のヒロイン、金沢碧と岸田今日子の造型が頑張っている。デヴィ・スカルノをモデルとする金沢碧は何を考えているのか判らないという難はあるが『めまい』のキム・ノヴァクのような変貌のモチーフが与えられており、初々しく期待に応えている。岸田今日子と松方弘樹との恋愛描写も最初は辟易するんじゃないかと思わせるのだが、これが案外しっとりしていていいのだ。二人の港での会話シーンが全編で最も良い場面ではないか。ヒロイン二人は全くバラバラに登場するが中盤から絡みだし、ラストにはメインプロットである松方弘樹の運命に大きく関わって収束していく。このあたりの見せ方のスピード感と佐分利+高橋悦史による重々しい締めの配置の呼吸も見事だ。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:irony投稿日:2009-03-23 20:47:29
【ネタバレ注意】

 関東進出ならず・・無念 前回の宿敵のブンタさんを別人で出すのはどうかと思うが・・・まぁいいか? 

投稿者:ブロンスン投稿日:2006-06-17 05:31:13
やっぱりというか、流石に世界の三船を出すと・・・。
「映画の世界は容赦せん!」
と言うのでしょうか。
関東に軍配が上がっても仕方ない様な気にさせますわ。
幸楽の嫁の(前の)父親役を初め、嵐寛さん、
そうそうたる面々を引き連れて帰ってきた佐分利御大。
十億の金を前に、
「確かに」
の一言で済ますんだから、三樹夫さん驚いてまんがな。
しかし、男優にお金を使いすぎたんでしょうね。
私的に女優を思うなら、
岸田今日子を岩下志麻、
金沢碧を夏目雅子、
だったらなぁ、もっと違う展開があったかも・・・ないかな。
またしても、関東に一本取られます。
菅原文太、空しく散ります。
佐分利御大、
「わしゃぁ、まだまた死なん!」
そして、完結編に続く・・・。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-05-25 07:00:30
1作目に比べ、どっちかというと暴力そのものより陰謀や策略のにおいがプンプン。
他国の大統領も絡んで話がでかくなってます。
親分、佐倉一誠(佐分利信)が若頭の松方弘樹にいうセリフが印象的。
「ヤクザは女は殺さないが、政治は容赦せん」
でも1作目では、敵組織の親分の愛人の首を切断してたけど。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】日本の首領(ドン) 野望篇レンタル有り
 【VIDEO】日本の首領(ドン) 野望篇レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION