allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

地平線から来た男(1971)

SUPPORT YOUR LOCAL GUNFIGHTER
LATIGO

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1971/10/09
ジャンル西部劇/コメディ

【解説】
 炭鉱の町に立ち寄った男、ラティゴ(J・ガーナー)は、生来のギャンブル好きから全財産を無謀な賭で失ってしまう。なんとか金を稼ぐために、一人の男(J・イーラム)を腕利きガンマンにしたてあげ、用心棒代をだまし取ろうとしたが、そこへ本物の雇われガンマン(C・コナーズ)がやってきてしまう。腕には自信のないラティゴは、果たして彼を倒せるか……? 佳作「夕陽に立つ保安官」の姉妹編。J・ガーナーの飄々とした演技が楽しいコメディ西部劇。
<allcinema>
評価
【関連作品】
夕陽に立つ保安官(1968)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2010-08-16 20:59:24
 バート・ケネディ監督とジェームズ・ガーナーの"SUPPORT YOUR LOCAL …"シリーズ第二段。

 前作はパロディの制限があったのかこちらの方が面白い。
 ラティゴ(ジェームズ・ガーナー)がルーレットをするのは馬鹿だと言いつつ全財産を賭け、すった後の放心状態など笑わせる。
 ペイシェンス(スザンヌ・プレシェット)は、「鳥 (1963)」よりも若い感じで好感触。
 このペイシェンス(Patience) は、ペイシェント(patient=患者)のもじりだろう。

 コロラド・マギー(ベン・クーパー)が、ラティゴをスイフティ・モーガン(チャック・コナーズ)と思い決闘しに来る。
 それを避けるために右手の人差し指を折って避けようとするなどコメディらしい展開がうれしい。
 特にその後が、ないともいえない。

 音楽もいいが、前後両タイトルの山を縫うようにして走る蒸気機関車が良い。
 単なる山の中ではなく部分部分を削っている、その間を走る鮮やかな黄色の客車がこの作品の雰囲気を象徴していて導入と後味を良くしている。

【関連する映画】
「サボテン ジャック<未>(1979)」あまり面白くなかったが、同じ’70年代のコメディウエスタン。
投稿者:マジャール投稿日:2007-01-14 00:53:32
本物のガンマン(C・コナーズ!)登場にうろたえるインチキ凄腕ガンマンと、そのマネージャーが、楽屋裏で必死の相談。
ベルトの銃を抜いてみせると、彼より一瞬早く抜いたマネージャー(ガーナー)が一言、「オレだって、そんなに早い方じゃないんだよ・・・」
で、またスッタモンダの相談の後、発奮した偽ガンマンが銃を抜こうとすると、またまた早手のマネージャーが、「オレだって、そんなに早い方じゃないんだって・・・」

なにしろ、子供の頃にTVで観て、ジェームズ・ガーナーとジャック・イーラムの、こんな掛け合いが、たまらなく面白かった。(ガーナーのおとぼけぶりが最高!)
『夕陽に立つ保安官』とともにまた観たいけど、今観ても面白いかなあ・・・?
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION