allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

霧の旗(1977)

メディア映画
上映時間95分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1977/12/17
霧の旗 [DVD]
参考価格:¥ 4,937
価格:¥ 19,800
USED価格:¥ 3,800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:西河克己
製作:堀威夫
笹井英男
原作:松本清張
脚本:服部佳
撮影:前田米造
美術:佐谷晃能
編集:鈴木晄
音楽:佐藤勝
助監督:山口友三
出演:山口百恵柳田桐子
三浦友和阿部啓一
関口宏柳田正夫
三国連太郎大塚欽三
加藤治子大塚芳子
小山明子河野径子
夏夕介杉浦健次
石橋蓮司山上武雄
児島みゆき江原信子
桑山正一奥村恵之助
神山繁谷村編集長
金田龍之介兵童代議士
大和田伸也白鳥弁護士
林ゆたか西村
若杉透山川
安西拓人久岡
玉川伊佐男岡刑事
原泉渡辺キク
西村まゆ子矢代早苗
高橋昌也検事
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
327 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ymo1191投稿日:2016-03-02 23:57:43
原作は松本清張氏、兄(関口宏)の弁護を断った弁護士(三國連太郎)に対する、女性の理不尽な復讐を描く、リーガル・サスペンス。本作では当時18歳の山口百恵さんが、いわゆる悪女を演じる事になり、ウソをつくシーンが見ものです。1977年の作品で、百恵さんの「イミテイション・ゴールド」がヒットしてた頃で、クールビューティな百恵さんの一面が堪能できます。共演の三浦友和さんが、ビールケースの積んである所で、百恵さんを壁ドンして、執拗な復讐をやめさせようとしますが。不信感と言う人間関係の淀みが、ひとりの純粋な少女を悪女の道へと誘い込んでしまう、そんなサスペンスが混沌とした作品になっています。
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-02-22 14:57:25
【ネタバレ注意】

<あらすじ>柳田桐子(山口百恵)は、強盗殺人で逮捕された兄・正夫(関口宏)の無実を信じ、小倉から上京して高名な弁護士大塚欽三(三國連太郎)に弁護を依頼するが断られる。事務所で知り合った週刊誌記者・阿部啓一(三浦友和)は桐子が気になるが、結局正夫は死刑になってしまう。阿部は銀座のクラブで働く桐子と再会する…。

松本清張の社会派サスペンスに当時18歳の山口百恵が挑んだ作品。
物語としては偶然に頼りすぎていて少々破綻しているし、山口百恵が悪女になりきれていないところが難ではあるが、アイドル映画の枠を超えようとしていることは確か(成功しているかどうかは別だが)。
18歳とは思えない落ち着きと色香が漂う百恵さん。
平気な顔で嘘をつくその様子はコワさすら漂う。彼女が女優として芸能活動を続けていたら、きっと独自の演技者になったに違いない、と今更ながら思う。

何やら政界と結びついているかのように描かれる大塚弁護士も、愛人の存在はともかくさほど悪人には見えず、復讐劇特有の爽快さは感じられない。
とはいえ山口百恵の早熟な危うさは強烈だ。彼女の存在感は十分感じられる作品ではある。

投稿者:ASH投稿日:2014-01-12 17:35:56
【ネタバレ注意】

 百恵ちゃん、実はメソッド演技のできる人? 当時、人気は絶頂だったと思うが、あえてこの役をやらせるホリプロの思惑はどこに? が、百恵ちゃん映画の中では上位に挙げられる佳作!! 倍賞千恵子版よりも、俺はコッチ。

投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 22:17:55
山口百恵
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】霧の旗2000/10/25\4,571amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】霧の旗レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION