allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チャーリング・クロス街84番地<未>(1986)

84 CHARING CROSS ROAD

メディア映画
上映時間95分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルドラマ/ロマンス
チャーリング・クロス街84番地 [DVD]
参考価格:¥ 1,512
価格:¥ 991
USED価格:¥ 742
amazon.co.jpへ

【解説】
 書籍と手紙のみによる究極のプラトニック・ラブを描いた作品と言えようか。NY在住の女流作家が新聞広告で観たロンドンの古書店に稀覯本の注文を出すと、真に丁寧な返信と共に目当ての本が送られてき、小踊りした彼女は以来、文通という形で単なる友情を越えた感情を、その古書店主と、以後20年以上に渡って分け合っていくことになる。一見、あまり映画的でないように見えるテーマだが、本及び読書への偏愛をヌーヴェル・ヴァーグの諸作がいかに扱ったかを想い出せば、魅力的たりうることは歴然。が、英米二大名優を配した本作がその域に達しているかとなれば甚だ疑問である。ただ、イノセントな男を演じるとピカイチのホプキンズの店主が、戦中戦後の食糧難を作家の援助で店員たちと共に乗り切るくだりが、助演勢の厚みもあって感得させられるに留まる。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
976 8.44
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:あーぼう投稿日:2018-12-31 07:16:53
この映画の魅力はネット社会になった現在で輝きを増すようだ。「苦労して手に入れた本を読むよろこび」。届ける側、届けられる側もその価値を知っている。遠く離れた場所でそれぞれの人生を送りながら刹那つながる時間・・・人生そのもの。
投稿者:めるしぼく投稿日:2017-05-25 19:27:12
なんてあったかい映画なんだろう。一生会えなかった二人が本を通して心を通わせる素敵な物語。ほとんど起伏のない何気ない日常と20年の歳月に起きる社会情勢の変化を背景だけなのに最後まで楽しめた。時々二人がカメラ目線で話しかける場面が好き。あれを初めてやったのは誰なんだろう、とふと思った。フランクがエレーヌのロンドン行きがキャンセルになったことを知るシーン、若い女優さんとともに素晴らしい演技。
投稿者:ilovesunshine投稿日:2004-06-13 02:42:22
この話、映画にしてはいけなかったのでは? 本と芝居のままで良かったのに。
ジュディ・デンチ、アン・バンクロフトとアンソニー・ホプキンスときたら
期待しないはずがないじゃないですか? 古本とロンドンを題材にした映画は
嫌いではないですが、でもね・・・・
ん、やっぱり映画にしてはいけなかったんだ。

もう途中で「早く飛行機に乗ってロンドンへ行ってよ!」と何度思ったことか。
投稿者:Longisland投稿日:2004-01-17 01:47:41
古本・文通等なんとも地味な作品なのだが、大人のプラトニックな恋愛がグッとくる。WW狂紂1960年代の時代背景・米国と英国の国情描写、助演陣の素晴らしさ(特にジュディ・デンチの夫の愛に対する不安演技は秀逸)、音楽その全てが上手い。 オープニングのロンドン市内をめぐる喜びに満ちたシーン、ラストでの古書店跡地での切ないシーン、共にプロデューサー:メルブルックスの夫人に対しての愛情が感じられる。
投稿者:うっち投稿日:2002-11-23 01:01:27
『チャリング・クロス街84番地』の原作でした。面白かったので日本語訳も求めて読み、それから10年たって、映画を観ました。舞台化もされているそうですが、NY←→ロンドンの二人が無理なく物語になっていたと思います。
投稿者:ユリノキマリ投稿日:2002-10-18 14:11:57
この映画は、あのメル・ブルックスが、
愛妻アン・バンクロフトとの
結婚記念日のプレゼントとして映画化権を獲った、
というような逸話を聞いたことがあります。
『スペースボール』のDVDを見ながら、改めて
何と奥の深い人だと感心するやら呆れるやら…
とにかく、こんなに好きになれる映画をほかに知りません。
投稿者:ブッチ@投稿日:2002-02-09 15:29:52
なんとも言えない味わいの映画だった。自分の知らない作家や小説の会話が飛び交うも、アン・バンクロフトとアンソニー・ホプキンスの演技がそんなことを気にさせなかった。生涯一度も出会うことがなかったのに、しかしお互いを一番理解し合える関係がめちゃカッコ良いな〜って思った。
投稿者:hs0077投稿日:2000-07-18 18:33:37
地元の図書館にビデオがあったので数年前に借りて見ました。アンソニー・ホプキンスは「羊たちの沈黙」を見た後だったので、ああ云うまっとうな中年男性の役は
何時牙をむくのかとハラハラしました。ジュディ・デンチやマーセデス・ルールが
出ていたとは気づきませんでした。レンタルビデオ屋さんに無くて、無料の図書館にあるのが相応しい、そんな映画だと思う。もう一度借りてみようかな。
投稿者:rou投稿日:1999-08-28 01:47:31
地方在住ゆえ勿論ビデオでの鑑賞に留まりますが当時見た多くの作品では輝きの
質が異なっていて大いに評価したい小品です。
前編に溢れるヒューモアと慈しみの心、、出演者全員が主役であり脇役である、、
時代考証の充実も作品の品位をより高めていたのではないでしょうか?

 いつか訪ねてみたい、チャーリングクロスロード84番地なのです。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演女優賞アン・バンクロフト 
 □ 助演女優賞ジュディ・デンチ 
 □ 脚色賞ヒュー・ホイットモア 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION