allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

鬼畜(1978)

メディア映画
上映時間110分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1978/10/07
ジャンルドラマ/サスペンス
あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 鬼畜 [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,564
価格:¥ 2,651
USED価格:¥ 6,749
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎
野村芳樹
原作:松本清張
脚本:井手雅人
撮影:川又昂
美術:森田郷平
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志
助監督:松原信吾
出演:緒形拳竹下宗吉
岩下志麻お梅
小川真由美菊代
大滝秀治銀行貸付係
加藤嘉医師
田中邦衛パトカーの警官
蟹江敬三阿久津
穂積隆信ブローカーの水口
大竹しのぶ婦人警官
浜村純福祉事務所の係員
鈴木瑞穂刑事
山谷初男印刷屋の男
石井均庄二
江角英明アパートの管理人
岩瀬浩規利一
吉沢美幸良子
松井範雄紙問屋店員
三谷昇新幹線の車掌
山本勝福祉事務所の係長
鈴木誠一刑事
【解説】
 気の弱い男がある日、3人の隠し子を押し付けられ、動転して親とは思えない行動に出てしまうさまを描いたサスペンス・タッチの人間ドラマ。松本清張の原作を野村芳太郎監督が映画化した問題作。印刷屋を営む竹下宗吉と妻のお梅。ある日、宗吉の愛人が3人の隠し子を宗吉に押し付けて失踪した。妻のお梅は子どもたちに辛く当たり、やがて、末っ子の赤ん坊が不慮の事故で死んでしまう。お梅が故意に仕組んだと察した宗吉は残る2人も何とかしなければと追い詰められて行き……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1194 8.55
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2015-05-01 11:51:34
が一番強烈! 岩下志麻も最初から最後まで素晴らしいが、小川の演技には脱帽する。緒方拳はいつもながら安定しているが、さすがにワルくなった時の方が鬼気迫る。
しかし、三人目の子供とのシークエンスは長すぎてちょっと退屈に感じた。謎解き部分もあまりにあっさりだが、これはミステリー映画ではないから仕方ないか。
投稿者:ぴっぷ投稿日:2015-01-18 05:06:27
金銭難に端を発する児童虐待をテーマにした作品だが、個人的に印象に残ったのは、主人公自身も貧しい環境下で虐げられてきたことを吐露するシーン。今でこそ貧困や虐待の連鎖についての理解も広まってきているが、40年近く前にその点を取り上げたのは慧眼といってもいいのではなかろうか。

はたして助かった子供は負の連鎖から抜け出せるのか。格差を助長するような政策が進みつつある現状だからこそ、新たな「鬼畜」の出現について考えずにはいられない。
投稿者:uptail投稿日:2011-04-01 11:27:36
岩下志麻
投稿者:双子のパパ投稿日:2011-03-28 02:59:29
この映画を初めて見たのは子供の頃だった。すごい衝撃を受けた。 あれ以来、上野動物園に行くとこの映画を思い出して切なくなる。 父親になった今、改めて見るとより切なく感じる。 こんなに切なさを感じる映画は他に無いと思う。
投稿者:Kircheis投稿日:2010-07-02 02:58:53
とにかくやるせない…緒形&岩下夫婦の鬼気迫る演技もすごい。

ラストは涙無しには観ることができないくらいだ。

決して好きな映画ではないし、他人に鑑賞を薦める事は無いが心には残る。
投稿者:山田とむ投稿日:2010-06-25 17:10:54
年上の知人から「親になった時にぜひ観て欲しい」と言われてたのを思い出して、最近観てみました。

、、、久しぶりに泣きました。
幼児虐待の報道が毎日流れる今こそ、あらためて評価されて欲しい作品だと思います。

今から原作も読んでみます。


それと、あまり関係無いのですが、出演者の「庄二」役の子役は「石井旬」さんでは無いでしょうか?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-01-04 20:26:31
【ネタバレ注意】

俯瞰で見ればどの大人にも事情があり悪人は居ないと言えるが、子供の側から見れば生き地獄の世界。緒形券の演技の中では、旅館で苦労した過去を息子にというより自分に語って聞かせる場面と、ラストに慟哭して息子に許しを乞う場面が秀逸。駅名の「男衾」が懐かしいし、あの頃の東武東上線はクリーム色だったなあ。

投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2010-01-04 00:06:41
WOWOWで鑑賞。

正に32年ぶりに観たが、涙ボロボロ。
台詞はたどたどしくて、決して演技が上手い子役じゃないが、でもあの利一じゃないと駄目なんだよ。
最近の演技が上手いだけの鼻持ちならない子役が演じていたらと思うと、ゾッとする。

緒方拳も素晴らしいが、岩下志麻が絶品。
素っピンでも美しいあのご面相で、赤子の口にご飯を詰め込むSceneは日本映画の中でも五本の指に入る名Sceneだ。
そして芥川也寸志の音楽。
「砂の器」とともに、これでもかと言うぐらいの泣きのMelodyで涙腺を緩ませる。

利一にとって何の慰めにもなっていない養護施設の園長?浜村純と婦警大竹しのぶの言葉。
父親として我が身を振り返ると、本当に良い父親だったのか、考えさせられる。
あのLast3分は当分の間、頭に残っちまうだろうなぁ。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-07-20 01:48:54
なかなか面白かった。
投稿者:ito投稿日:2007-11-15 22:25:40
後ろ髪を引かれながらも我が子を捨てていく、気の弱い夫役の緒方拳さんの演技が素晴らしいです。やってることは間違いなく悪いことだけど、ついつい同情してしまうのはどうしてなのかな?人間って自分の意に反したことを不承不承してしまうことってありますよね。特に悪いと知りながらするときとか。そういう時感じる戸惑いだとか不安だとか、そういう心の微妙な機微や葛藤が良く伝わってきます。

例えば、動物園で青酸カリを入れたパンを無理矢理長男の利一に食べさせようとするシーン、拳さん(宗吉)も泣いてしまいますが、観ている方も不思議なことに本当に泣けてきます。長女の良子をデパートに連れて行って、おもちゃを買わせようとし(良子が、離れようとする宗吉の袖にすぐにすがろうとするところが可愛いけど切ない。)、レストランで食事をさせてから(良子が「良子、お父さん好きですよ!」というシーンも涙。)、東京タワーで置き去りにするシーン。父になついてくる長女を振り切って、逃げるように帰るシーンも悲しい。原作ではどうか知らないが、映画ではこのお父さん、やっぱり子どものことが本当は好きなんだよね。だから悲しいんだ。切ないんだ。(ラストで石川県の警察署に連行された宗吉が利一と対面した際、利一が生きてて良かったっていうような顔をしてます。)それと、良子が持っていた赤い可愛いバスケットが妙に印象に残りました。

利一が一人で家出?をして川越市駅から男衾に行って、遠くから楽しそうに過ごす父子をジッと見つめるシーンも泣けます(このときの音楽が(ラストでも使われますが)また切ない!)。利一を旅行に(捨てに)連れて行ったとき、泊まった旅館で宗吉が、昔親に捨てられたことを涙ながらに回想する。自分も今同じことをしようとしていることにも気づかずに。一見理不尽なようだが妙に説得力がある場面でした。

最後に断崖から落とした長男に号泣しながら謝る場面(黙秘を続けていた利一が「お父さんじゃない!知らないおじさんだよ。」と言うところ)では、遂に私もボロ泣きしてしまいました。利一と良子の二人の子役がとても可愛いので尚更涙です。ラストで車で施設に連れて行かれるところで、泣きながら利一は何を思っていたのだろう?でまた涙。結局涙なしでは観れない映画です。野村監督はただの「鬼畜」ではなく、人間の持つ性(サガ)の悲しさを鋭く描いたのだと思います。

それにしても、岩下志麻さんも、小川真由美さんも本当にハンパじゃないほど恐い。連れ合いがこんなに恐かったら、お父さんが無理してでも「子捨て」するのが十分わかる気がします。私も気が小さいので。

ドラマの前半でお梅と菊代が対決する場面、私は菊代役の小川真由美さんの演技が凄いと思いました。最後はまるで鬼のような形相で宗吉の家を出て行く。それとお梅が(捨てる前に)3人の子どもにしている行為はまさしく「児童虐待」です。でもお梅の立場からすれば夫の愛人の子なんて育てられる訳が無い。でも育てられなけりゃ児童福祉施設に預ければいいのに。いくら切羽詰まったとは言え頭が悪すぎます。
投稿者:かじゅ投稿日:2005-09-18 17:43:17
なんとも後味の悪い映画ですね。
でもインパクトが強くてとても忘れられない映画ですね。
テレビで放映されるたびに、嫌な気持ちになりながらも、ついつい見てしまいます。きっとまたテレビで放映したら見てしまうと思います。 電車の窓から見える東京タワーがなんとも怖いです。 
以前、上野をぶらぶら歩いていたら、なんとなく見覚えのある場所に・・・
よ〜く考えたら、宗吉が利一に青酸カリの入ったパンを無理やり食べさせてた所だった。 心臓が痛くなって思わず逃げ出してしまいました。
『お父さんじゃないよ、知らないおじさんだよ』もう涙が止まりません。
心臓が痛いです。
投稿者:投稿日:2005-03-06 01:15:39
緒形拳 OK!
岩下志麻 最高!
音楽: 芥川也寸志  あの音がなければ、映画の魅力は半減していたのでは。

映画の撮影が佳境にさしかかると、岩下志麻がスタジオ入りしただけで子役が泣き出したという「伝説」を聞いたことがあります。出鱈目かもしれませんが、さもありなん、という説得力のある映画です。
投稿者:南セントレア市投稿日:2005-03-05 18:55:20
少年のラストの証言には、俺もグッときたぜ。
投稿者:大四喜十枚爆弾投稿日:2004-07-31 00:00:07
35歳の会社員です。小学生の頃親とテレビの水曜ロードショーで泣きながら見て以来テレビ放送では欠かさず観てきました。

ただ年数が経つにつれテレビ放映の機会も減り最近ではレンタルビデオ店で見かけることも無くなってきました。中古ビデオでもあったら買いたいな、でももうこのまま観れないのかなと思っていた矢先、一昨日たまたま寄ったレコード店でDVDを見つけました。以前ビデオでも松本清張シリーズというのがあったと思うのですがDVD化されていたんですねえ。驚きました。もちろんDVDは買いました。

昨日の晩仕事から帰って来て、妻と子供が寝たあとに夜の2時まで一気に観ました。そしてまた自然と涙がでてきました。

利一の大人を推し量るような上目遣いの目と、鬼のように冷たい岩下志麻の白い顔は何年経っても自分の頭の中にあるイメージと寸分違いません。それほど当時小学生の私に強烈な印象を残したんだと思います。

いつまでも心に残る映画というのはハッピーエンドの映画より悲劇の方が多いと思います。ある意味後味の悪いこの作品は直後に何回か観直さないと自分が救われないような気分になってしまうのですが、これまでの邦画の中では何年かに一本の秀作であることは間違いありません。

私のコメントがより多くの人の目に触れこの映画を観てもらえばなと思っています。



投稿者:ロスマク投稿日:2003-07-19 04:21:43
【ネタバレ注意】

断崖の海空を染める絶景の夕陽が、この小心者を突き動かしたのだろうか。 子供の切ない嘘が、大人達の罪深さを浮き彫りにする。

しかし、まさか本当に突き落とすとはな・・・。歩き方や仕種からして小心者のオーラを醸し出す緒形拳の演技が絶品。

恋人が集う東京タワー、家族が過ごす上野動物園。観光・遊行地が本作品では親子の修羅場と化す。特に、東京タワーの置き去りシーンは心を締め付ける。その後の東京タワーの映像挿入も効果的。

ストーリーとは対照的な、メランコリックなオルゴールの音色も耳に響き残る。

投稿者:tomason投稿日:2003-07-04 19:15:19
これは紛れも無く傑作だ。人に積極的に勧める映画ではないかもしれないが、個人的には邦画の一つの頂点と思っている。この映画で出てくる東京タワーの何とせつない事か。所業はタイトルどおり鬼畜だが、子供をタワーに置き去りにした主人公の葛藤を象徴するように、哀しくも美しく、夜空ににそそり立ち、パンしてゆく。重い映画だ.....
投稿者:映子投稿日:2002-09-29 16:45:06
この映画の主人公の男は鬼畜には違いないが、今の世の中で多く起きている「虐待」のほうがさらに恐ろしく感じられる。
この映画に描かれていることは決して映画の世界だけで済まされることではないんですよね。生活のためだけではなくて子を殺す親が現実にいるんですから。
投稿者:篭瀬山投稿日:2002-09-28 00:03:06
場末の印刷工場の飾らない生活感がリアル。小川真由美の”お水系”の美しさも捨て難いが、岩下志麻のキツい美しさは恐ろしいほど。東京タワーで女の子が見せた表情を思い出すと、今でも胸がズキンと痛む。主人公らを”鬼畜”と呼びつけることでわずかに救いを得るという、すっごい作品。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-30 22:43:35
【ネタバレ注意】

 なんかこう、いろいろ考えさせる映画なのよ。東京タワーに置き去りにされる女の子が不憫でならない。「あのね、お父ちゃん。あたし、お父ちゃんすきよ」なんて耳打ちされるんだから!

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演男優賞緒形拳 
 ■ 監督賞野村芳太郎 「事件」に対しても
■ 主演男優賞緒形拳 
 ■ 監督賞野村芳太郎 「事件」に対しても
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】鬼畜2015/01/09\3,300amazon.co.jpへ
 【DVD】鬼畜2013/01/30\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】松本清張セレクション 参2009/10/28\12,000amazon.co.jpへ
 【DVD】鬼畜 <期間限定生産>2009/09/26\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】鬼畜 <期間限定生産>2008/01/30\2,667amazon.co.jpへ
 【DVD】鬼畜2005/11/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】鬼畜1998/10/21\5,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】鬼畜レンタル有り
 【VIDEO】鬼畜レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 あの頃映画サントラシリーズ 事件/鬼畜
新品:¥ 2,916
4新品:¥ 2,436より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION