allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

龍の子太郎(1979)

メディア映画 Anime
上映時間75分
製作国日本
初公開年月1979/03/17
ジャンルファミリー/ファンタジー
龍の子太郎 [DVD]
参考価格:¥ 4,725
amazon.co.jpへ

【解説】
 松谷みよ子が著した、世代を超えたロングセラーの劇場アニメ化。国際児童青年協賛作品として企画された、東映動画(現・東映アニメーション)の当時の久々の大作だった。
 貧しい山村に暮らす力持ちの少年・龍の子太郎。彼はある日、天狗との相撲に勝って、不思議な百人力を授かる。だがその力は他人の幸福のためにしか使えないものだった。太郎は、赤鬼にさらわれかける美しい少女あやを救い、家に帰った。だがそこでおばあさんが彼に話したのは、実は亡くなったはずの太郎の母は生きており、今は龍の姿になっているという衝撃の事実だった。太郎は母を求めて旅立つことにするが。
 監督には実写青春映画の大傑作『キューポラのある街』の巨匠・浦山桐郎を迎え、その作家性を十全に活かす体制で作られた。名アニメーター小田部羊一を主力とする作画、『どうぶつ宝島』『とんがり帽子のメモル』などで知られる土田勇の美術なども美麗で、きわめて完成度の高い作品となった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:乱気流投稿日:2004-11-29 06:25:20
児童文学者、松谷みよ子が、信州に伝わる民話を題材に書き上げた龍の子太郎の物語(人形劇や芝居としても大ベストセラー。監督は(「キューポラのある街」「青春の門」等で映画制作に携わった)浦山桐朗。日本に生きづく伝統文化を龍の子太郎の目を通して鋭く描写。日本の豊かな四季の移ろい、自然と人間とのかかわり合い、(たとえ姿、形は変っていても決して失われることのない)母と子の絆。殺伐とした人間社会になってしまった今だからこそ、この良作を通じに真の人間のあり方を再認識してほしいです。注目は龍の子太郎の母「竜(たつ)」の声を担当した
名女優、吉永小百合。作品全体に深みを与えています。****なお、以前東映ビデオから発売されておりましたが、DVDとしても是非発売し多くの方に観て頂きたいです。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】龍の子太郎2010/02/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】龍の子太郎レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION