allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

復讐するは我にあり(1979)

メディア映画
上映時間140分
製作国日本
初公開年月1979/04/21
ジャンルドラマ/犯罪
あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 復讐するは我にあり [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,564
価格:¥ 2,317
USED価格:¥ 1,980
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:今村昌平
製作:井上和男
原作:佐木隆三
脚本:馬場当
撮影:姫田真佐久
美術:佐谷晃能
編集:浦岡敬一
音楽:池辺晋一郎
助監督:新城卓
出演:緒形拳榎津厳
三國連太郎榎津鎮雄
ミヤコ蝶々榎津かよ
倍賞美津子榎津加津子
小川真由美浅野ハル
清川虹子浅野ひさ乃
殿山泰司柴田種次郎
垂水悟郎馬場大八
絵沢萠子畑千代子
白川和子吉里幸子
浜田寅彦吉野警視
フランキー堺河井警部
北村和夫出池茂美
火野正平吉武順一郎
根岸とし江岡啓子
佐木隆三「あさの」の客
梅津栄警官
河原崎長一郎質店主
金内喜久夫国鉄助役
加藤嘉河島共平
小野進也主計中尉
石堂淑朗裁判長
【解説】
 佐木隆三の同名ノンフィクションを、「神々の深き欲望」の今村昌平監督が映画化。5人を殺害し全国を逃走した男の、犯罪を積み重ねた生い立ち、数々の女性遍歴と父との相克を描く。日豊本線築橋駅近くで専売公社のタバコ集金に回っていた柴田種次郎、馬場大八の惨殺死体が発見され、現金41万円余が奪われていた。やがて、かつてタバコ配給に従事した運転手・榎津厳が容疑者として浮かんだ……。
<allcinema>
【関連作品】
復讐するは我にあり(2007)TVムービー版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11101 9.18
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:きらきら投稿日:2016-02-22 19:10:14
「あんた、本当に殺したい人を殺したか?」
主人公・巌(緒方拳)が、愛人の母親(清川虹子)から突きつけられる言葉です。
巌の行動は、強盗殺人というかたちをとってはいるものの、
どこか行き当たりばったりで、殺人そのものが目的であるような殺人を犯します。

世の中には死にきれずにいる人たちがたくさんいます。
「殺してくれ」と頼むこともできず、あちこちにぶつかって、
人を傷つけることで、生きている証のようなものを見出す人がいます。
大抵は、ぶつかり続けるうちに疲弊してしまうのが常ですが、
そうならないのが、この映画の主人公・巌です。
巌の行動は知力・体力ともにエネルギーに充ち溢れています。
それでいて、自らの首を絞めてみたり、
捕まった刑事に、自分の人生の短さを皮肉ってみせたりと、どこか幾重にもねじ曲がった行動が作品に異様な光を与えています。

主人公は、面会に来た父(三國連太郎)に「恨みのない人ばっか、殺しおって」と言われ唾を吐かれます。
そこでむきになって「あんたを殺したかった」と口にしますが、
その怒りすらがどこか嘘っぽく、なんちゃって感のただようのが、どこか凄味を感じさせます。
人間にも、自分にも、世の中にもどこか無関心さ(ある種の平等?)を保とうとするのです。

もちろんこの作品はエディプス・コンプレックスの映画などではありません。
人間のもつエネルギー(ニーチェはそれを怨恨(ルサンチマン)と名づけました)の映画です。

巌を演じた、緒方拳をはじめ、三國連太郎、倍賞美津子、清川虹子、北村和夫ら、
錚々たるメンバーが、凡人の凡人なるが故に発するエネルギーを演じていて、火の玉のような映画です。

二十年ぶりくらいに見ました。
今でもピカレスク・ロマンの傑作だと思います。
投稿者:noir fleak投稿日:2014-12-02 23:48:34
通りだと思うが、父親役三国連太郎のぬるぬるとしたつかみどころのなさが素晴らしい。緒方の妻である倍賞美津子と怪しい関係にありながら、悪オヤジ的な感じは全くしない。面会での緒方への唾かけ、そして最後の(楽しそうな?)散骨シーン。この二面性がなんとも言えない。このあたりは原作にはない、今村監督の演出ではないだろうか。
犯罪者の血が繋がっている、などと表面は悔恨しているようで、実は「おれはずるい」などと言ってのけるこの父親はまさに三国ならではだ。「風と女と旅がらす」でのやくざもそうだった。
投稿者:sachi823投稿日:2014-02-15 13:46:12
息をするように嘘をつき人を殺す主人公を
緒形拳が熱演しています。恐ろしいです。
日本映画として大変な力作だと思いました。
投稿者:FFF投稿日:2012-05-08 20:36:54
人間の業を描ききった映画。
監督と役者の底力。
本物の役者が今の日本には足らん。
投稿者:陸将投稿日:2011-10-09 13:22:17
【ネタバレ注意】

園子温は映画を撮る際に必ずキャスト全員に本作を見せるという。
なるほど、園子温の作品群と本作にはいくつもの共通点がある。

表と裏の顔を使い分ける人間の恐ろしさ。
欲望を剥き出しにした人間の愚かさ。
そんな人間の醜態が引き起こす家族の崩壊。
神が人間を突き放したような宗教観。

ただし、本作の中心に存在するのは榎津巌という“怪物”である。
今村昌平は凶悪な連続殺人犯である“怪物”の人間性に迫っていく。

まず、榎津の“怪物性”描写が素晴らしい。
見た目は知的で真面目で硬派そうな雰囲気を漂わせながら、容赦なく刃物を振りかざし続ける。
欲望のままに突き進んでいく緒形拳の眼が恐ろしい。
随所に挿入される、不安感を煽るような映像の数々も見事だ。
特に、刃物を見つめる緒形拳という構図には思わず身震いしてしまう。

そんな理由なき殺人を繰り返す“怪物”も間違いなく1人の人間だ。
そんな彼の人間性や深層心理に迫っていく過程も見事である。
この人間が形成される環境を丹念に描くことによって、しっかりと“怪物”が人間に見えてくる。
同時に周囲の人間が含んでいる“怪物性”をも巧みに描く。

いくら殺人犯の深層心理が炙り出されても、だからといって殺人を犯すことを擁護できるわけがない。
ただし、このような題材において、主人公の人間性に説得力を持たせることに見事に成功している。
文句なしに犯罪映画の大傑作である。

投稿者:こじか投稿日:2010-04-24 18:21:05
ゾックゾクくる傑作。主演3人もとても良い。
投稿者:スヴァレツ投稿日:2009-04-26 20:45:17
この映画は、西口彰連続強盗殺人事件を題材とした小説に基づくもので、実際の事件そのままを描いているわけではない。例えば、作中で大きな部分を占めるハルは、実際の事件において、西口が千葉に現れる前に絞殺されている。しかし、この映画は、今村が、それまでドキュメンタリーを真剣に考えていたこともあってか、実際の事件に基づくノンフィクションであるかのようなリアリティがある。自分を受け入れてくれるハルやその母でさえも、
殺しその遺品をすぐさま質屋を呼んで、換金する。
金のために、無辜の人を殺し、その金で女を買い、逃亡する、この流れは、
最早止まることはなかった。
投稿者:よしだ投稿日:2009-01-07 15:35:13
緒形拳が、千枚通しで男を滅多刺しにするシーンの不気味さが脳裏に焼きついて離れません。
大抵の映画にあるような、アクションシーンとしての暴力場面ではなく、いかに生々しく殺人が行われたかを白けた視点で描いてありました。
こんなにもあっけらかんとし、且つ恐ろしい殺人シーンを中学生だった僕はかつて見たことがありませんでした。http://okepi.jp/movie/2009/01/post_56.html
投稿者:bond投稿日:2008-12-14 11:11:55
全く悪びれのせず、あたかもポリシーの如く犯罪をこなす姿は凄みがある。配役も渋く、力作といえる。でも、何への復讐?父、社会?
投稿者:hayate9投稿日:2008-10-20 19:23:51
皆さんの感想を参考に、1人で鑑賞しました。(笑)
あんなに肉感的な女優さんやごつごつした俳優さんは今ではほとんどいないですよね。非常に見ごたえがありました。
緒形拳がふざけて長いマフラーを自分の首に巻いて左右にひっぱるシーンでは、磔にされたイエス・キリストを意識してのことなのでしょうか?
投稿者:irony投稿日:2008-10-14 18:03:08
実際の所かなり女性にもてたらしい 元々詐欺で口も上手く(それでコロっと女が騙されるのかも)生来の博打好き 犯罪者は今も昔あんまり変わらんねぇ?! 本人曰く「詐欺というのはしんどいね やっぱり殺すのが一番面倒がなくていいよ」と宣ってるからバレた時に否定する訳でもなく案外サバサバしてんのだろうかね? 昔の取り調べってあんな感じでゆるいのか、それとも否認してるわけでもないからあんなに緩いのか?自由に立ち回ってましたなぁ
投稿者:cossa*投稿日:2008-07-02 07:50:24
つまらんし何をいってるのか日本語がさっぱりわからん
老若男女でみたけど全員ドン引きでした。とくに濡れ場。
投稿者:マジャール投稿日:2007-05-21 20:43:25
う〜ん、もう一つ惜しいような気がします。どこがどうと上手く言えないけど。
夕暮れの空をバックに、ツナギの長靴が吊るされてるシーンとか、緒方拳が殿山泰司を金槌で(!)殴り殺した後の衝撃と余韻には、5点あげてもいいかな・・・と思いますが。
(前の池袋文芸座がちらっと出てくるのが面白かった)

この前、柳葉敏郎主演でドラマ化されたのを、たまたま途中から観たけど、映画とは随分違うストーリーになってて(どっちが原作に近いのかは知らない)、なんか映画よりも面白そうだったってのはどういう事??!!
投稿者:ストレンジカメレオン投稿日:2007-04-20 01:43:25
【ネタバレ注意】

倍賞美津子、小川真由美、根岸とし江(季衣)の3人の女優の濡れ場がそれぞれ趣があっていい!!

特に、露天風呂での倍賞と三国連太郎との禁じられた関係を描くシーンが最高。。。義父である三国を誘うときの倍賞の表情、熟れきった肉体、必見の価値がある。

DVD特典のイマヘイのインタビューでも、本作の前にしばらく役者を使う映画が嫌になって、ドキュメンタリーばかり撮っていたが、役者のファックシーンが撮りたくて本作を作った、てなことをおっしゃられてましたが、緒方拳と女優さんたちが、素晴らしいファックシーンを演じてます。

イマヘイの晩年は気の抜けたファックシーンしか撮れませんでしたが(なかなかユーモラスな味があっていいですけどね)、本作を含む壮年期の作品では、野性的で扇情的なファックシーンが満載で見応えありますね。


もちろん犯罪映画として見ても、練りに練られた脚本・演出が素晴らしく、作品に重みがあり見ごたえがあります!イマヘイで一番好きです。

投稿者:ヤース投稿日:2007-03-30 00:06:19
だから、悪は劫罰によって対応される決まりである。

この映画の悪はノンシャランと軽妙洒脱である。最悪の悪の悪だが、クレバーでイージーである。昭和臭さがまた、その安っぽい極悪を飾る。緒方拳の眼光は鋭いが奇妙にユーモラスで実直なオッサン風なのがまた、謎めいている。そのオヤジ(三国連太郎)がクリスチャンだったのも、なにか示唆的だ。温泉で巨乳を揉もうとする。モミモミ。もちろん繰り返し観たい愛すべき映画ってことでは一切永劫全然ないけれど、すぐれた映画だってことは間違いない。悪は罰せられるだけである。

昨日、イギリスの田舎から来た若い、他人を疑うことをしなかった性善説であったろう女性を殺害した若い都会系日本人は、死刑の似合う爬虫類顔だったが、ああいう鬼畜男は千回死んでも死ねないだろう。合掌。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-03-28 17:24:12
思ってた程の衝撃は無く、もう一度観たくなる作品では無かった。飢餓海峡や砂の器のような「修羅」が描かれていないのもあるが、全体的に曖昧で、監督は勿論、原作者にも犯人の性格や動機が解らなかったのだろう。それだけに犯行の不気味さと、ラストの骨撒きが印象に残る映画だった。
投稿者:470投稿日:2006-05-17 01:05:24
緒形拳の演技に拍手。あの目のギラつきはすごいと思った。最後のシーンの二人の顔も印象に残る。傑作ですね。
投稿者:さち投稿日:2005-12-06 03:52:03
よかった
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-11-02 20:47:24
【ネタバレ注意】

 この時期の彼女の出演作は、他に「八つ墓村」(’77)「鬼畜」(’78)と見ているが、それよりはるかに若くないか? 私は初め、小川真由美に似た誰か別の若手女優、を起用しているのかと思った。こういうのを称して、女は怖い、というのであろう。

 隠れた名作『トム・べレンジャー in 処刑岬』(この邦題・・・ )に先立つこと20余年、本邦映画界において、現代人の抱える孤独で虚ろな心の闇を浮き彫りにして見せたこのような作品が存在することに、私はちょっと感動している。佐木隆三という人は、あまり直感の働く方ではないようだが、重要なこととそうでないことを見極める眼を持っていて、自分が理解できないからといってエピソードを勝手に削ぎ落としたりしない、誠実さを持ち合わせた人物とお見受けした。私の理解では、これはキリスト教的因果と応報、罪と処罰の物語ではなく、もちろん父子の血の相克の物語などでもなく、孤独を核とした物語だ。私だったら、同じく聖書から採るにして、「手を携えよ、さもなくば滅びん(United we stand,devided we fall.)」という題名にしたと思う(他に知らないからだが)。とにかく緒形拳が素晴らしかった。7 

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-10 01:13:34
自分、アホなんで…。
投稿者:ロジャー&ミー投稿日:2005-03-06 17:30:17
Vengeance is Mine
投稿者:ファルド投稿日:2003-11-03 23:15:56
緒方拳はハマリ役で、彼を取り巻く役者陣の演技もよく(特に清川虹子がいい味を出している)、作品的にも結構面白かったですね。それと、三國連太郎が倍賞美津子のデカパイを後ろから揉む、露天風呂のシーンが印象に残りました。
投稿者:yanco投稿日:2003-01-14 13:19:58
「惜しくなか。俺の一生こんなもん」が公開時のキャッチだった。神をも恐れぬこのフレーズ通りに男の犯罪と逃避行を描ききった傑作。骨太極まりない脚本の上に巧妙円熟の演出が冴え渡る。馬場当、今村昌平ともに主人公の足跡に猛烈な興味をそそられたのだろう。公開当時から、犯罪の動機が描写されない点に批判があったが、作者は主人公への共感を求めているわけでもなく、更生させるわけでももちろんない。ひたすら榎津巌への好奇心を貫いたのである。見終わった後人間の面白さを強く感じさせる。映画化権を争った他の作家の手にかかっていたら、一点の叙情性が与えられたかも知れないと思うと、これは、真に貴重な作品。主人公と清川虹子が小川のほとりで語るシーンが秀逸。
投稿者:たけちゃんマン投稿日:2002-10-28 16:23:37
実在の連続殺人犯の裁判傍聴と綿密な調査で犯行を克明に追い、直木賞受賞に輝く同名小説の映画化。

榎津巌、16歳から詐欺、窃盗を繰り返し、38歳で現金輸送車を襲い、2名を殺害。昭和38年秋、福岡で起った殺人事件をキッカケに、犯罪史上空前の延べ12万人に及ぶ捜査網をかいくぐり、78日間の逃亡後、逮捕され、43歳で死刑になった男の犯行の軌跡と人間像に迫る。

榎津は「俺は千一屋だ。千に一つしか本当のことは言わない」と豪語する詐欺師であり、知識人好み、弁舌が巧みで、大学教授、弁護士など社会的ステータスの高い人物になりすますことで、女性にモテた。老人、女性など誰でも平然と殺害する一方で、強奪、詐取した金額は意外にも小額であった。

映画では、今村昌平監督が独自の徹底した取材を重ね、脚本に犯行の動機は親子の血の相克という新解釈を加えた。撮影は実際に起こった犯行現場で行い、ドキュメンタリー・タッチで人間の奥底に潜む心の闇の部分に迫り、犯罪心理の不条理さを浮き彫りにさせている。緒方拳が主人公に完全に同化した稀有の作品。

榎津家は敬虔なクリスチャンで、榎津巌は死刑囚になった後に、隠れキリスタンのオラショ(歌の祈り)に心の平安を求めた。 「復讐するは我にあり」という耳慣れない言葉は、新約聖書(ローマ人への書・第12章第19節)に出てくる「愛する者よ、自ら復讐するな、ただ神の怒りに任せまつれ。録(しる)して『主いい給う。復讐するは我にあり、我これを報いん』」という神の言葉で、ひどい行為をした者は自ら犯した罪によって、いずれ神によって裁かれると説いている。 
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 ■ 助演女優賞小川真由美 
 ■ 監督賞今村昌平 
 ■ 脚本賞馬場当 
 ■ 撮影賞姫田真佐久 
■ 作品賞 
 ■ 助演男優賞三國連太郎 
 ■ 助演女優賞倍賞美津子 
 ■ 監督賞今村昌平 
【レンタル】
 【DVD】復讐するは我にありレンタル有り
 【VIDEO】復讐するは我にありレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION