allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

絞殺(1979)

メディア映画
上映時間115分
製作国日本
公開情報劇場公開(ATG)
初公開年月1979/06/02
ジャンルドラマ
絞殺 [DVD]
参考価格:¥ 2,052
価格:¥ 1,847
USED価格:¥ 4,386
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:新藤兼人
製作:新藤兼人
能登節雄
企画:多賀祥介
能登節雄
脚本:新藤兼人
撮影:三宅義行
美術:大谷和正
編集:戸嶋志津子
音楽:林光
助監督:松井稔
出演:西村晃狩場保三
乙羽信子狩場良子
狩場勉狩場勉
会田初子森川初子
岡田英次森川義夫
殿山泰司
小松方正
草野大悟
渡辺とく子
根岸明美
初井言栄先隣の主婦
観世栄夫裁判長
戸浦六宏教師
森本レオ医師
【解説】
 新藤兼人が製作・監督・脚本を担当した、崩壊していく家庭を描いたドラマ。
 狩場勉は就寝中、父の保三に絞殺された。母の良子は息子の首を絞める夫を見つめるだけだった。二人は一人息子を東大に入れるため、一流高校の学区まで転居してきた。勉は同級生の初子に恋をするが、彼女は実の母を亡くし義父に犯され続けていた。勉は初子から呼び出されて蓼科を訪れ、義父を刺し殺したという初子を抱いた。一人で自首するという初子と別れた勉は、その後のニュースで彼女が投身自殺したことを知る。それからというもの、勉は両親に暴力をふるうようになり、さらには母親を犯そうとするのだった。思いあまった保三は勉を絞殺し、懲役三年・執行猶予四年の刑を受けてしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:迷探偵カランヴォー投稿日:2010-10-28 07:29:04
【ネタバレ注意】

家庭内暴力を描いたもので言えば、同じ新藤兼人の脚本で映画化された「積木くずし」もあるが、新藤はこの手の作品が好きなんだろうか? 近親相姦や強姦とは言えソフトに描かれているので、事象としてはショッキングでも見た目はショッキングではまったくありません。というか当時はショッキングだったんでしょうかね?。今となっては賞味期限切れと言った感じがあります。

一番残念なのは絞殺した後の脚本が甘い。それは絞殺した後の父親の言動がおかしいという事。どんな状況であれ「我が子殺し」をした父親は、自分のした事への後悔による苦悩に苛まれるはずである。その上で妻の自殺で二重苦を味わうという顛末にしないと嘘である。新藤浅はか。

投稿者:nabeさん投稿日:2010-10-24 18:15:49
公開された当時問題になっていた家庭内暴力を描いた問題作であるが、新藤兼人の脚本も弱くまた俳優陣もいささかミスキャストの感があり、消化不良になっている。
そもそもこの映画の脚本はかなり狂気的である。DV、近親相姦、殺人、レイプ・・・と様々なシーンが登場するが、夫婦役の乙羽信子と西村晃が50代半ばの年齢なのに加えて、主人公の高校生がズブの素人なので演技力も無く普通である。普通の人達ではこの狂気は描けないだろう。
もっとリアリティを出すためには、若手の演技派俳優を夫婦役と主人公役にして、ビジュアル的にも狂気を演出した方が良かったと思う。
申しわけないが、55歳の乙羽信子のヌードを観ても何とも思わないのである。
投稿者:緑茶投稿日:2007-12-31 13:50:08
これはテレビで見たんですけどかなりよかったです。
学歴・管理社会の中での一家族の崩壊を描くという点で森田芳光監督の「家族ゲーム」と同じですが70年代的にいかにもドロドロしてます。でもいっぽうで
ブラックユーモア的風味もあって一癖ある奇妙な作品に仕上がってます。新藤兼人は個人的に嫌いですが、過去の作品にある前衛的な野心みたいなものがないし、息子がディープパープルを聴きながら狂っていく様には失笑すると同時に切なさも感じて堪らない場面。故・乙羽信子さんも相変わらず体当たりですが、これは本当にキツイです。一家団欒では絶対に観れない映画ですねえ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ イタリア映画ジャーナリスト選出女優乙羽信子 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】絞殺 <ATG廉価盤>2019/02/13\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】絞殺2016/08/03\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】絞殺2012/05/09\3,980amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】絞殺レンタル有り
 【VIDEO】絞殺レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION