allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ルパン三世 カリオストロの城(1979)

The Castle of Cagliostro

メディア映画 Anime
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1979/12/15
リバイバル→東宝映像事業部-2014.5.9(デジタルリマスター版)
ジャンルアクション/犯罪/コメディ
映倫G
生きては還れぬ謎の古城でついにめぐり逢った最強の敵!
ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,344
価格:¥ 5,141
USED価格:¥ 6,051
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:宮崎駿
製作:藤岡豊
プロデューサー:片山哲生
原作:モンキー・パンチ
脚本:宮崎駿
山崎晴哉
作画監督:大塚康生
撮影:高橋宏固
美術:小林七郎
編集:鶴渕允寿
音楽:大野雄二
助監督:吉沢茂承
声の出演:山田康雄ルパン三世
小林清志次元大介
増山江威子峰不二子
井上真樹夫石川五右ヱ門
納谷悟郎銭形警部
島本須美クラリス
石田太郎カリオストロ伯爵
宮内幸平園丁(元庭師の老人)
永井一郎ジョドー
山岡葉子ウェイトレス
常泉忠通グスタフ
梓欽造大司教
平林尚三国際警察長官
寺島幹夫ドイツ代表
野島昭生日本代表
鎌田順吉ソ連代表
阪脩イギリス代表
松岡重治指揮官
【解説】
 宮崎駿が初めて劇場用作品の監督を手がけた「ルパン三世」第2弾。ヨーロッパの小国カリオストロ公国。ニセ札の噂が絶えないこの国へやって来たルパンは、悪漢に追われるひとりの少女クラリスを助けるが、彼女は再び連れ去られてしまう。実はカリオストロ公国・大公家のひとり娘であったクラリスは、強引に結婚を迫るカリオストロ伯爵によって城に幽閉されていたのだ。ルパンは既に城内に忍び込んでいた不二子の手引きで城に潜入するのだが…。それまでとは一線を画すルパン像にファンの間では賛否の分かれる作品ではあるが、印象的な道具立てに畳み掛けるアクション、気の利いたセリフやほどよいユーモアなどひとつの作品としては一級のエンタテインメントに仕上がっているのは間違いない。そして何よりも、可憐で健気な美少女クラリスにオタクファンの心は奪われたのだった。
<allcinema>
【関連作品】
ルパン三世 念力珍作戦(1974)実写版
ルパン三世PARTIII(1984〜1985)TVシリーズ第3弾
ルパン三世(新)(1977〜1980)TVシリーズ第2弾
ルパン三世(1971〜1972)TVシリーズ第1弾
ルパン三世(1978)劇場版
ルパン三世(1978)劇場版第1弾
ルパン三世 カリオストロの城(1979)劇場版第2弾
ルパン三世 バビロンの黄金伝説(1985)劇場版第3弾
ルパン三世 風魔一族の陰謀(1987)劇場版第4弾
ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス(1995)劇場版第5弾
ルパン三世 DEAD OR ALIVE(1996)劇場版第6弾
ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!(1989)TVスペシャル第1弾
ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎(1990)TVスペシャル第2弾
ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え(1991)TVスペシャル第3弾
ルパン三世 ワルサーP38(1997)TVスペシャル第9弾
ルパン三世 ロシアより愛をこめて(1992)TVスペシャル第4弾
ルパン三世 愛のダ・カーポ/FUJIKO's Unlucky Days(1999)TVスペシャル第11弾
ルパン三世 炎の記憶 〜TOKYO CRISIS〜(1998)TVスペシャル第10弾
ルパン三世 燃えよ斬鉄剣(1994)TVスペシャル第6弾
ルパン三世 ルパン暗殺指令(1993)TVスペシャル第5弾
ルパン三世 ハリマオの財宝を追え!!(1995)TVスペシャル第7弾
ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密(1996)TVスペシャル第8弾
ルパン三世 1$マネーウォーズ(2000)TVスペシャル第12弾
ルパン三世 アルカトラズ・コネクション(2001)TVスペシャル第13弾
ルパン三世 生きていた魔術師(2002)オリジナルビデオ
ルパン三世 EPISODE:0 ファーストコンタクト(2002)TVスペシャル第14弾
ルパン三世 お宝返却大作戦!!(2003)TVスペシャル第15弾
ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜(2004)TVスペシャル第16弾
ルパン三世 天使の策略(タクティクス) 〜夢のカケラは殺しの香り〜(2005)TVスペシャル第17弾
ルパン三世 セブンデイズ・ラプソディ(2006)TVスペシャル第18弾
ルパン三世 霧のエリューシヴ(2007)TVスペシャル第19弾
ルパン三世 GREEN vs RED(2008)オリジナルビデオ第2弾
LUPIN the Third -峰不二子という女-(2012)スピンオフ
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A天空の城ラピュタ (1986)
[002]Aとなりのトトロ (1988)
[003]A風の谷のナウシカ (1984)
[004]A魔女の宅急便 (1989)
[005]Aレインマン (1988)
[006]A耳をすませば (1995)
[007]Aバック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)
[008]Aスティング (1973)
[009]Aシザーハンズ (1990)
[010]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
39343 8.79
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2017-04-19 00:59:53
アクションあり、コメディあり、サスペンスあり、そして、感動あり。エンターテイメントの全てを備えたといっても過言ではない、名作中の名作!
今になってみれば、「ルパン三世」というよりは「ジブリ作品」のくくりだったことに気づかされる。逆に言うなら、この「カリ城」の頃から宮崎駿の作家性ブレてない。ちなみにTV「ルパン三世 part2」のエピの中でも「死の翼アルバトロス」「さらば愛しのルパン」で“宮崎ルパン”が拝めるので是非。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-08-19 21:50:00
生粋のルパンファンには不評なんですね。
たいしてルパンに思い入れのない自分は、映画作品としては十分楽しめました。
投稿者:jb投稿日:2012-08-23 21:23:13
好きな作品。
投稿者:namurisu投稿日:2011-06-27 11:58:32
1位 ルパン三世/カリオストロの城、2位 ハウルの動く城、3位 借りぐらしのアリエッティ、4位 風の谷のナウシカ、5位 天空の城ラピュタ、6位 もののけ姫、7位 となりのトトロ、8位 紅の豚、9位 千と千尋の神隠し、10位 耳をすませば …以上。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-04-10 23:17:46
【ネタバレ注意】

五右ヱ門の数少ないセリフ達がツボ。

何か絶賛されている銭形警部のラストのセリフは「キザ」で超恥ずかしいです。
軟派な色男のセリフならイザ知らず硬派っぽいキャラには合っていないような。
…それもこれもクラリスの世間知らずでイノセントな「良い子」的魅力に填ったが故でしょうか?
「あんな女たらしは追いかけても無駄ですぞ」って言っても余計なお世話だし、その前のお嬢様とのやり取りも相俟って、まぁ粋(ってのが似合ってない…)な返しかもですけどね。

ストーリーは派手に凝ってて面白い。10年前の出来事すらフラッシュバックします。
基本は「おじさま…」って抱きついてくる王女様をトラップだらけで難攻不落な城から救出する…っつーストーリーなんだが、時計台の格闘があり、お宝の秘密があり、金の亡者には皮肉な結末あり…そしてお馴染みの仲間?がお馴染みな言動で絡んでくる…マグナムでも死なない部下ってのも不気味だし、歯車に挟まって死ぬ奴もいるし、何より落ちる仕掛けの先は新旧死体の山……いや〜反対に森や城、陽だまりなんぞを描く絵はジブリ的かもですね。
何より、いちいちユーモラスな洒落が効いてるし…まず文句なく面白いとは思いますがね。
オートジャイロね…K20で松さんが操ってたのはコレか〜

投稿者:こじか投稿日:2010-04-05 00:25:24
何度かリベンジしているが、どうもグッと来ない。
ナウシカトトロの宮崎駿は好きだし、
ルパンもTVシリーズならすんなり楽しめるのに…。
相性なのかな…。
投稿者:ノブ投稿日:2010-01-15 20:24:16
【ネタバレ注意】

「ルパン三世 カリオストロの城」(監督:宮崎駿 100分)
全体の演出で印象に残る所
○カジノから偽札を奪い、偽札作りのアジト「カリオストロ公国」に乗り込むオープニング (いつものルパン次元が登場し、追いかける車の斬鉄剣の切り口で五右衛門の存在もほのめかす事で「ルパン三世」の世界に観客を一気に引き込む演出。又偽札と分かり車から偽札をばら撒く演出は見ていてスカッとする。そして札ビラが舞う中で主題曲「炎の宝物」(落ち着いたおばさんの歌声)をかける演出も最近の馬鹿騒ぎばかりのアニメにはない落ち着いた演出をしている。)
○謎の花嫁が車で逃走し、黒づくめの男達が追いかけるカーチェイスシーン (「これからどんな物語が始まるのか」という観客の興味を引き、アニメならではの演出も入れ、楽しく見せる。 又追っ手を退治した後、気絶したクラリスを助ける二重の演出でハラハラ感を持続させている)
○地下に落とされたルパンがいつもいがみあっている銭形と協力し、地下の下水道から抜け出し、オートジャイロを奪うまでのコンビネーションの良さを速い演出(地下水道にやってきた殺し屋から服を奪い、水道を通って地下から抜け出し、階段をのぼりながらガンガン衛兵を倒し、あっという間に城の屋上にあるオートジャイロを奪う)でみせ、「いがみあっても息はぴったり」(犬猿の仲だが大の仲良し)という印象を強く与える
○わざと結婚式の厳かさを出す演出を積み重ね(兵士達が剣で構えるショットを入れたり、オルガンの音を入れたりしている等)た後、花火を合図に始まる銃撃戦・どさくさまぎれに銭形・不二子が偽札作りを暴く所の大騒ぎを入れる事で演出にメリハリを効かせている
○時計台での伯爵とルパンの一騎打ち。(舞台としても面白く、歯車の動き(歯車に引き込まれる。お互い一回転してチャンバラをし合う等)も加わり、とてもスリリングさも強めるから)
個々のオモシロ演出・工夫で印象に残る所
○ヨーロッパ風馬車から「日本の武士(羽織袴姿に斬鉄剣)」がカリオストロ公国に降り立つという五右衛門登場シーン。その後にヨーロッパ風のカリオストロ王国に「日本のパトカー」が乗りつけてくるという銭形登場シーンをつなげ、異文化ギャップを利用したギャグを畳み掛けるように入れる演出は中々オモシロい。
○「血がたりねぇ」と言って肉をバクバク食う所(テレビではカットされていた)は、なぜかしら「爽快感」がある
○結婚式のどさくさに紛れて、銭形・不二子がテレビ中継で偽札作りを暴く所で、テレビの「やらせ」や「うそ臭さ」「オーバーなアクション・わざとらしいアクション」を強調し、マスメディア批評を入れている
アニメでしかできない映像・演出で印象に残る所
○クラリスの乗った車を追って、ルパンの車が崖を登り、木にバカバカぶつかりながら森を通って追いつく所の演出(ぶつかった枝から黄色い小鳥が飛んでいく細かい演出もしている)。これはいくらハリウッド映画がカーチェイスに金をかけても実写(CG除く)では無理。
○クラリスが閉じ込められた塔にルパンが侵入する所。(最初道具等を使い慎重に事を運ぶルパンが、最後にはアニメならではの三段跳びで塔にへばりつく所。アニメならではの動きだけでなく、バックに流れる音楽の音の強弱などにより、最初の静けさ・慎重さと最後の大胆さのメリハリを出す演出も見逃せない)
人物
○鈍臭く融通がきかない衛兵隊の隊長・ずる賢くすばしっこいジョドウ等・エゲツなくロリコンの伯爵等敵方も良く描けている
○ルパンと銭形の地下からの脱出・銭形と不二子の偽札製造所中継・クラリスが次元・五右衛門に挨拶する所・ジョドウと五右衛門とのやりとり・ちゃっかり偽札の原版を持ち帰り目的を達成している不二子等、脇役にも見せ場を作っている(しかし「カリオストロ」は次元・五右衛門の影が薄い)
全体の感想
全般的に面白い演出やハラハラさせる演出を随所にちりばめ、最後まで一気に見せる。又アニメならではの面白さや映像にも配慮が為されており、本当に良くできている。人物も良く描かれていて、特にどんな窮地でもユーモアを絶やさないルパンと純粋(世間知らず)で健気なクラリスという主人公二人がうまく描かれているので、1979年製作なのに未だにファンが多いのも良く分かる。
http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-01-29 15:09:34
面白かった。不二子は違和感ありすぎだけどな。
投稿者:映画元気投稿日:2008-10-31 11:21:23
<元気コメント>
 悪漢を賞賛するわけではないが、この痛快さはなにものにも代えがたい。http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/1/2007/04/post_54b1.html
投稿者:william投稿日:2008-04-02 11:14:03
今更ながら多くを言う必要はないが、スティーブン・スピルバーグが絶賛するのも納得の作品。
それでも公開当時は殆ど注目されていなかったというから、それが世界的に有名になったというのはただただ凄いとしか言えない。
ちなみにルパンの「妬かない、妬かない、ロリコン伯爵」というセリフが「ロリコン」ブーム誕生の原点とも言われてるのも有名。
投稿者:paris1895投稿日:2007-12-27 04:35:04
宮崎駿の強みとは何であったか。
それは見ているものに、有無を言わせぬ強引なまでの、人に納得させる能力である。
 だから我々は、城が動いても、両親が豚になっても、鹿の様な生き物が巨大化しても、豚の飛空挺乗りがいたって、どういう事か、などと勘ぐる権利を最初から与えられていない。

 その要因として、主人公達が皆、新天地にいく事になるという技術論的な事もあるのだが、それはさして重要ではない。

 では、この漫画映画は何が凄いのだろうか。
一つに、ルパンというキャラを否定する事が、挙げられる。
 だが、それは前身のルパンありきでの否定的な論法による、肯定的結果を生み出すだけのもの、と断言してもよいのだろうか。

 まず最初に、断言させてもらいたい。
宮崎駿は終わらせる人だ。
 たとえば、ルパンシリーズでこの漫画映画より優れたものがあろうか。
 ルパンが盗んだ中で、最も優れているこの漫画映画よりも面白いルパンがあろうか。
そういう意味で、ルパンという物語は、宮崎駿によって終わらされている。

 では、TVアニメ。
未来少年コナンという快挙を成し遂げた宮崎駿は、他の追随を許さない。
 かろうじて、GAINAXという会社が、コナンをやって下さい、という発注から始まったアニメを製作したが、しかし、それどまりだ。
 オタク層だけでなく、一般層までをも巻き込むという、例えば、レンタル店で回転し続ける事が人気の裏返しとするならば、コナンは、その他のアニメを終わらせてしまっている。
 誰も、そこにいけないのだから。

 では、漫画映画としては、どうだろうか。
言うまでもなく。全てを終わらせている。
 アニメしか創れない愚かなる監督達がたむろしている中、宮崎駿は孤高に、手塚治虫の負の遺産のアニメに対して、漫画映画という手法で闘いつづけ、そして、確実に、勝利している。
投稿者:クリスチャン・ホソイ投稿日:2007-08-28 18:24:04
下の方が書いておられるようにオレもそう思います。
っていうかアニメってなんか古いのん方が面白いよ。
ルパンもそうだし、ドラえもんとかじゃりん子チエとかも。

なんか最近のアニメは、オタクっぽくてついてけないなぁ〜
なんかムリしてるって感じなんだよね。
このルパン三世の峰不二子はオレ的にちょっと違うけど、
クラレンスとルパンの関係とか・・・
なんかアニメのファンタジーに包まれててしんみりしたよ。

それにアクションもかなり爽快です。映画版ルパンの最高峰だね!http://blogs.yahoo.co.jp/join_the_revolution007
投稿者:marty投稿日:2007-01-22 00:43:06
宮崎さんは本当にこんな作品を作れなくなってしまったんですね。
投稿者:マジャール投稿日:2006-12-27 02:21:06
この主題歌を、ときどき思い出して、懐かしくなることがあります。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2006-09-10 05:01:11

名作。最初から最後までダレる所がまったくない。何度観ても面白い。

ここの感想読むと、ルパン三世のファンの方々には違和感あるみたいだけど、
宮崎監督は今作で「大人になったルパン」を描こうとしたと何かで読んだ。
もう男として成熟して、無駄に格好つけるのをやめたルパン。車も派手な
ベンツSSKではなく大衆車のフィアット、カップうどんをすすり、100円
ライターを使うのも全然平気なルパン。
そのルパンが、かつて自分を助けてくれた心優しい少女を救うために戦い、
何ひとつ代償を求めず去っていく。
監督の狙いは見事に成功していると思う。この作品のルパンは男として
最高にかっちょいい。というかルパンも次元も五右衛門も不二子も銭形も
実にかっちょいい。カリオストロ伯爵ですら悪かっちょいいのだ。

余談ながら、DVDの英語吹き替えでは、なんと次元はルパン(「ウルフ」
などという名前になっている)を「ボス」と呼んでいる!なんだそりゃ??
全然わかっちゃいねえよアメリカ人!
 
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-08-21 22:09:05
ハヤオ先生の中では、これが一番好きだ。
オリジナルと違う・・・云々は、ルパン自体にとりたてて興味のない俺にとってはどうでもいい。
この作品の最大の魅力は、高低差という舞台設定を完全に生かしきったことにあると思う。とにかく理屈抜きの娯楽映画のお手本のような、素晴らしさ!
声優陣。やっぱり山田と納谷につきる。
投稿者:まくらK投稿日:2006-08-03 13:52:02
当時TVパート2の出来の悪さに
本気で腹をたててたんで
この作品を見たときの感想としては
音楽は大野雄二じゃなく山下毅雄で
峰不二子は二階堂有希子
石川五ェ門は大塚周夫で
見たかったなと。
「炎のたからもの」はいい曲ですが
BGMのせいであんまり入り込めなかった。
アタマかたかったんやねえ

あと、予算か時間のせいか知らんけど
ストーリー削ってるらしくて。
完全版が見たい・・・
投稿者:シネマA投稿日:2006-07-12 19:21:49
 劇場公開されてから四半世紀を越えた現在でも色褪せていない。宮崎駿監督の初期の代表作といってよいのでは? 好きですっ。これを観ると、童心にかえります。そろそろ、余分な特典なしの廉価版DVD(英語字幕つき)を発売してほしい。リアルタイムで観たひとたちは子供や孫をもつ世代になっています。もちろん私も買いますよ。世界じゅうの少年少女に観てもらいたいから。

 かつてのTVアニメの〈ルパン三世〉の愛好家からは、この宮崎版のキャラクター設定には違和感をおぼえる、という意見がしばしば聞かれます。
 まあ、たしかにルパンは騎士道精神あふれるオジサマとして描かれてるし、お色気たっぷりの峰不二子は後退して、かわりにヒロインとして無垢な美少女クラリスが前面におしだされています。このへんは、宮崎駿の世界に完全に再構築された、もうひとつの〈ルパン三世〉だと、寛容に受けとめていただけるといいとおもいます。

 だいたい、TVアニメ版も初期と後期ではタッチが様変わりしてるし、モンキー・パンチの原作マンガの大人向けのタッチもまた微妙に異なっています。この件は、それぞれ別物ということでよろしいのでは?

 最近の宮崎アニメとの大きな違いは、観念的な主題提示と説教臭さがなくて、全篇エンターテインメントに徹しているということですね。で、それでいて、本当にいいたいことはしっかり伝えて感動させる。つまり、本質的にはほとんど変わっていないところが面白い。いまの宮崎センセには、初心にかえって、ふたたび一級の娯楽作品をつくるお気持はもうないのでしょうか。

 あらためて観ると、渾身の力をこめたすばらしい作品だったんですよね。発見がある。脚本にはルブランの元祖ルパンも加味されてるし、あちこちにクラシック映画からの引用もあるみたいですよ。ヒッチコックの『泥棒成金』とか、オーソン・ウェルズの『ストレンジャー』とか、その他いろいろ。

 アテレコは当時を代表する声優さんが勢ぞろい。みなさん、やっぱり上手いですね。いまも現役のかたもいらっしゃいますね。なんで、最近の宮崎アニメでは、声優の起用をほとんどやめてしまったんだろ。有名俳優にすると、そんなに宣伝効果があるのかな。不可解だわ。だって、餅は餅屋じゃないですか。
投稿者:DJazuma投稿日:2006-06-14 14:22:19
傑作なんです傑作なんだ傑作だよ傑作なんだが・・・・。

脚本、宮崎駿監督の演出力、これはいうまでもなく最高です。

しかし、散々言われてきた事ですが、ルパンが善人すぎ。
きれいすぎるルパンです。『ルパン』としては見れない。
傑作ですが、傑作ではない。

この映画ほど『微妙』という言葉が似合う映画はないです。
投稿者:shizuco投稿日:2006-03-14 20:33:50
ずーっとコメントを拝見しましたけど、「ご飯」さんのコメントと私のコメントが一番近いかな〜と思いました。
私は、宮崎ファンじゃないんですもの。ルパンファンだけど。
だから、この作品は、好きじゃないです。甘いし、子供も一緒に見られるルパンなんて魅力的じゃない。
唯一好きだったのは、テーマソングと、ヨーロピアンな雰囲気かな〜?
熱狂的な宮崎ファンには申し訳ないけど。あたしゃ好きになれません。一番初めの「クローン」を超す劇場版ルパンは無いと思ってます。
投稿者:vv投稿日:2006-02-25 16:33:57
【ネタバレ注意】

やはり私の嫌いな声優臭い演技が鼻につきますが
ルパンが撃たれるシーンは衝撃だと思いますし
なかなか見れないシリアスな銭形、アルプスの少女ハイジのパロディ等
臭いですが、良くできたストーリーです。

投稿者:藤本周平。投稿日:2005-12-11 18:42:26
名作。
投稿者:ロジャー&ミー投稿日:2005-03-06 16:13:09
Lupin : The Castle of Cagliostro
投稿者:jyunn投稿日:2005-01-28 13:59:16
【ネタバレ注意】

これは本当に傑作でしょう。
宮崎駿が関わっているのもうなずける。
ルパンの魅力がふんだんに詰まった素晴らしい作品。
三十年前の物なのに、今見てもちっとも古臭くない。

投稿者:ご飯投稿日:2004-08-12 09:15:29
何人かの方が指摘するように、アニメ映画として傑作なれど好きになれない。ルパンが少女に恋して欲しくないし、彼女に対してやさしいおじさんというのは甘ったるくていけない。大人が見るアニメとしてハードな内容で始めたテレビアニメだけど視聴率が低迷して、もう少し視聴者の年齢層を下げてからの内容に変えてから今日に至るまでの人気シリーズになった。でもね、本作品のように甘ったるくなってはルパンのキャラクターを破壊してしまっているよ。そうまでして宮崎駿監督が自分に引き寄せた内容したのは作家としてご立派だったのかも。でも、もっとも泣けるのは悪女のキャラとしては完璧な峰不二子までも少女に対してやさしいお姉さんになってしまっていること。このふやけぶりには腹が立った覚えがある。めったなことでは映画の内容や出来が悪くても怒らないけど、そのめったにない例外だった。どうせなら、いつもは裏切ってもだましても「ふぅじぃこちゃぁん」と迫ってくるルパンが少女に関心がいくことに嫉妬に狂うという展開なら立場の逆転という違った面白さも出ただろうけど。でも冒険アクションコメディとしてはとても良く出来ているのが口惜しいというか、なんとも複雑な気持ち。

投稿者:さち投稿日:2004-08-11 09:47:37
よかった
投稿者:2000enjin投稿日:2004-08-02 13:11:10
>この映画の設定、現代まで生き残ったゴートの一部族が、かつて攻め滅ぼしたローマの
>町を湖に沈め、隠し、保存した。偽札をつくり世界を混乱させる、

ゴート族に追われる直前、土地を去るローマ人たちがローマの町を湖に沈めたと思っていたのですが

つまり、伯爵たちの一族はそれを知らなかったと
投稿者:右心室投稿日:2004-04-18 10:48:50
ルパンシリーズの映画は全部は見てないんですが、いくつか見た中ではこれが一番面白かった。
スリル満点の冒険活劇を楽しんだ。

ちっくしょう、、、クラリスかわいいなあ。
俺はアニオタじゃないぞーって、説得力ゼロだね。
投稿者:mondonosuke投稿日:2004-01-10 18:20:09
DVD借りてみたのですが、ショックでした。
なにがって、英語音声で見たんですよ。
そしたら、まったく言ってることが違うんです。
ぜんぜん違う話になってる、英語で聞くと。

これじゃあ、海外のカリオストロファンとぜんぜん感動が共有できない
じゃないか!!
私は今すごい怒ってます。

具体的な例を言うと、偽札工場を発見した場面で、
日本語では「韓国ウォンまであるぜ」なんですが、
英語だと「イタリアリラまであるぜ」になってるんです。

そこまで変える必要ないでしょー。ここは国外不出の韓国ウォン
だからこそ意味があるのに
投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-16 23:30:23
宮崎はやおはルパンにまで少女とは純粋で汚れないものみたいな幻想を
持ち込んでるとこが気持ち悪い。彼は何故少女にこだわるのでしょうか?
投稿者:Ki-Adi-Mundi投稿日:2003-09-13 18:59:37
【ネタバレ注意】

ほんとにすばらしい作品です。
ナウシカ、もののけや千と千尋なんかより遥かに優れていると思います。

下の方で言われているように、古典作品なんかからの引用等がいくつかあります。知っている範囲で列挙します。
まず、おおもとの原作であるルブランの「アルセーヌリュパン」シリーズ。
カリオストロ、クラリスはここから取られています。カリオストロはルパンの最初の強敵です。カリオストロ伯爵夫人として登場します。クラリスはルパンの恋人役。
そして結婚相手でもあります。ふたりの間にできた子供が後にカリオストロによって誘拐されます。その事件を通して、知才にあふれた好青年が、大泥棒ルパンに変貌していく。
城の構造は「やぶにらみの暴君」の影響を受けています。王様と結婚式という構成もそうですね。
穴に落ちるのもそうです。この映画の影響はとても大きく感じられます。
そしてゴート族。ちゃんと歴史上に存在していた人たちです。
ゲルマン民族の大移動。これの中心にいたのがゴート族。フン族に追い立てられた
ゴート族は、ローマ帝国治下の欧州に侵入しました。それに引きずられるように他の
ゲルマン諸族も続きます。次々とローマ軍を敗退させ、欧州各地に散らばったのです。
そして彼等がフランス、ドイツ、イタリアなどの基礎をつくったのです。
街を追われるローマ人は、街を湖に沈めた。それを密かに受け継ぎ、財宝として後世に伝えたカリオストロ家の人たちの思い、歴史の重さや儚さ。そんなこともろもろが物語の情感をさらに高めているのでしょう。

ー2007年5月再編集と追加ーーーーーーーーーー

あら?ほんとだ間違ってる。訂正します。

投稿者:quadrant投稿日:2003-07-04 20:13:33
・・いやー、時勢の変化って怖いですね。
いまや宮崎ブランドの一角を占める必須アイテムだものねぇ。
日本とイタリアのハーフ、かつ改造チンクェチェントを駆るルパンの設定はここからだそうです(宮崎氏の独断に拠るコレ本当)。
10点。色褪せませんね。オススメですよ。
投稿者:エヴィ投稿日:2003-05-29 20:20:08
ルパンを好きになったのはこの作品を見たからだと
断言出来る作品です
名シーン、名セリフ満載。
公開からすでに20年以上経っているはずなのに
古さを微塵も感じさせない世界観に
何度見ても新しい感動を感じています
スクリーンで見れなかったのが残念でなりません
投稿者:ふじこ投稿日:2003-05-07 22:06:19
子供の頃からルパン三世が大好きで、特に この映画は何度も見ましたが飽きることなく、見るたび感動します。最後の銭形のとっつあんのセリフはいいですねー。今は亡き山田康雄さんとともに、いつまでも忘れられない映画のひとつです。
投稿者:momogaeru投稿日:2003-02-15 01:55:45
本当のルパン好きには賛否両論分かれる作品ですね。最も初期の原作に近い、女も抱けば人も殺すルパンファンには甘ったるいでしょうねぇ・・・。しかし、最初のTVシリーズ中盤からのちょっと三枚目宮崎ルパンが好きな人には他のどの劇場版よりも心に残る名作ですね。

年代的には赤いジャケットのTVシリーズ第2段が放映されてるにもかかわらず、あえて青いジャケットを選んだ宮崎駿に心意気を感じる。

「炎のたからもの」名曲です!!
投稿者:Asian Boy投稿日:2002-11-09 17:22:16
アニメの中ではかなりの高ランクの映画。ラストの銭形警部のセリフは今や名ゼリフの定番となりました。
投稿者:ピンガ投稿日:2002-10-31 21:04:19
初めて観たのはTV放映でした。(カット版)
「映画で観れば良かった!」と後悔しましたね。
とにかく楽しめて何回観ても飽きないです。最近はノーカットでTV放映してくれますが、観てない人は是非ノーカットで観ていただきたいです。
それにしても、DVDではとっつぁんの顔色が変な色。
投稿者:レグルスオート投稿日:2002-10-18 19:54:37
初めて観たのは まだ小学生の頃でした、その頃は ルパンだワーイ!ぐらいでしたが、二十歳ぐらいに、あらためて観た時 感動してしまいました。
それからビデオで何回も観ているけど飽きませんナゼか、それぐらい楽しいです。今度DVDも買おうと思っています 宮崎アニメの中でもピカイチです。
まだ観たことの無いヒトは是非 観てくださいな!
投稿者:どんちゃん投稿日:2002-08-22 13:52:45
アニメってあんまり観ないんだけど、この映画、初めて観たとき以来今日まで、おいらの中ではアニメ映画の最高峰に君臨してます。
大方の「ルパン三世像」ってTV版の(たぶん)パート2ってやつですよね。あの、あの超有名な主題歌のバージョン。♪ルパンザサーーード!ってやつ(♪わるさぁ〜ぴぃ〜さんじゅっはっちぃ〜、じゃないよ)。
確かにTV版なんかに比べるとルパンがだいぶ優しい顔つきになって、最初違和感がありました。服の色が違うだろ〜!とかも思ったし。でも映画観終わった頃には、おいらの中のルパンはカリオストロ色に塗り変わってました。
主題歌もいいですね。

好きなシーンはたくさんあるんだけど、中でも一番好きなのは小型ロケットが屋根から転がったのを追いかけるところ。だんだん前傾していく姿は何度観ても大笑いしてしまいます。
ちなみにラストの銭形のセリフがいいという話はあちこちでよく耳(目)にしますが、おいらはキライです。ベタすぎるっていうか、そこまでカッコつけなくていいだろうみたいなね。だってとっつぁんはそんなこと言わんだろ〜。
投稿者:赤髪のシャンクス投稿日:2002-06-26 14:11:02
世界一面白いアニメ映画だと思います。100回(は大袈裟ですが)観ました。

評論できるほどの映画好きではないですが、そのほかのルパン映画とは次元が違う
と思います。ストーリー、キャラ設定、背景、どれをとってもアニメ映画の金字塔
だと思います。笑えるし泣けるし。(ハハハ、言い過ぎかな?)

もし観てない方は1度ご覧になって下さい。「最もルパンらしいルパン映画」ですよ!

投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-05-12 02:24:07
いい。 赤くなるゴエモンもいい。
投稿者:すちゃらかポン太郎投稿日:2002-05-09 19:19:08
ご多分に漏れず、話もアクションも荒唐無稽ですが(だってマンガだもん)、見せ場は盛りだくさんだし、ルパンシリーズには稀有な純粋姫様タイプのヒロインがいいです(この辺は監督の作風だな)。ルパンとのつかの間の恋もいい。

最後の、銭型のとっつぁんの台詞には泣けます。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-27 21:04:57
【ネタバレ注意】

少し綺麗になりすぎたきらいがある。前作(映画版第1弾)は結構猥雑な作り
がそれなりに面白かったけれど、今回はそういったお色気はなし。勿論、監督
が違うのでそこを期待して観ちゃいけないのでしょうが。
カリオストロ城の内部が楽しい。クライマックスのアクションも迫力があって結構
楽しめる。適度なお笑いもとてもよいです(水路の水を逆流して泳ぐとか)。

投稿者:sonic投稿日:2002-01-27 01:04:46
面白いです。お馴染みのメンバーも健在だし、クラリスはヒロインの典型で、健気な世間知らずのお嬢様だけどここではありでしょう。ラスト、クラリスとの会話で銭形のセリフが粋。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-01-11 19:35:03
地味過ぎて映画はヒットしなかったらしいが、
古風で丁寧な作りは今観ても、古さも粗も感じない。
古典作品の引用が多いらしいが、俺は詳しくないので分からない。。。
この監督やはり「作家」よりも「頑固な職人」と俺は思う。
「未来少年コナン」のリメイクの要素も入ってる。
【サウンド】
『炎のたからもの』(主題歌)
歌 :ボビー
作詞 :橋本淳
作曲 :大野雄二
編曲 :大野雄二
【レンタル】
 【Blu-ray】ルパン三世 カリオストロの城レンタル有り
 【DVD】ルパン三世 カリオストロの城レンタル有り
【書籍】
■原著
【コミック】 ルパン三世 単行本未収録作品集 (アクションコミックス)
新品:
1新品:¥ 1,944より   0中古品より 

【コミック】 ルパン三世スペシャル版 (アクションコミックス 4Coinsアクションオリジナル)
新品:
7中古品¥ 1より 

【単行本】 ルパン三世 (第3巻) (Chuko・comics)
新品:
5中古品¥ 262より 

【コミック】 ルパン三世 (第2巻) (Chuko・comics)
新品:
8中古品¥ 1より 

【単行本】 愛蔵版 ルパン三世 (第1巻)
新品:
16中古品¥ 1より 

【コミック】 ルパン三世 (アクションコミックス)
新品:
53中古品¥ 1より 

【文庫】 ルパン三世 (9) (双葉文庫―名作シリーズ)
新品:
8中古品¥ 250より 

【文庫】 ルパン三世 (8) (中公文庫―コミック版)
新品:
1新品:¥ 617より   11中古品¥ 32より 

【文庫】 ルパン三世 (8) (双葉文庫―名作シリーズ)
新品:
1新品:¥ 2,779より   12中古品¥ 1より 

【文庫】 ルパン三世 (7) (中公文庫―コミック版)
新品:
1新品:¥ 617より   7中古品¥ 15より 

■映像関連書籍
【コミック】 アニメ版 ルパン三世・カリオストロの城(1-〔上〕)
新品:
7中古品¥ 1より 

【文庫】 ルパン三世・カリオストロの城―アニメ版オールカラー (1) (双葉文庫―名作シリーズ)
新品:
22中古品¥ 1より 

【文庫】 ルパン三世・カリオストロの城―アニメ版オールカラー (2) (双葉文庫―名作シリーズ)
新品:
3中古品¥ 1より 

【文庫】 ルパン三世・カリオストロの城―アニメ版オールカラー (3) (双葉文庫―名作シリーズ)
新品:
15中古品¥ 1より 

【文庫】 ルパン三世・カリオストロの城―アニメ版オールカラー (4) (双葉文庫―名作シリーズ)
新品:
11中古品¥ 1より 

Amazonで「ルパン三世 カリオストロの城」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION