allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

もう頬づえはつかない(1979)

メディア映画
上映時間113分
製作国日本
公開情報劇場公開(ATG)
初公開年月1979/12/15
ジャンル青春/ドラマ/ロマンス
もう頬づえはつかない [DVD]
参考価格:¥ 5,076
USED価格:¥ 9,880
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:東陽一
製作:有馬孝
工藤英博
企画:多賀祥介
原作:見延典子
脚本:東陽一
小林竜雄
撮影:川上皓市
美術:綾部郁郎
編集:市原啓子
音楽:田中未知
助監督:栗原剛志
出演:桃井かおりまり子
奥田英二橋本
森本レオ恒雄
伊丹十三大家・高見沢
加茂さくら美容師・トキ子
伊佐美津江見習い・ユミ子
日夏たより明美
織本順吉まり子の父
【解説】
 見延典子の同名ベストセラーを、東陽一監督が桃井かおり主演で映画化した、自立した女性の恋愛を描いたドラマ。早大文学部に通うまり子は、アルバイト先で知り合った同じ大学の橋本と同棲していた。そんなある日、以前つきあっていたルポライターの恒雄が戻ってきた……。桃井かおりが、何ごとにも情熱を持てない“シラケ世代”の若者の感覚をみごとに体現した演技で高い評価を受けた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
430 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-08-09 20:17:07
桃井かおりさんは時代の流れに
上手く乗った感じの女優さんでした。
何を考えているのかよく解らない、
他のことを考えながら台詞を言っているような感じで
演技なのかどうかも解らない独特の存在感でした。
今も健在とはしたたかで勉強熱心な人だったのですね。
投稿者:hayate9投稿日:2012-06-11 20:05:19
桃井かおりが今とあんまり変わってなくて、女子大生の役っていうのがちょっとビックリでした。
私はちょっと湿ってて苦手な映画でした・・・。

あの歌が主題歌じゃないのぉ〜?って調べたら、私が思っていたのは「ほおづえをつく女」でした。あぁ勘違い。
投稿者:映画元気投稿日:2008-09-26 12:32:27
<元気コメント>
 女が自立にめざめる時、そこには男の影がある。http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/1/2007/02/post_72af.html
投稿者:ASH投稿日:2006-07-17 18:23:47
【ネタバレ注意】

 いやでも、時代の体現者として桃井かおりという女優さんは貴重です。まり子、約30年前の「だめんずうぉ〜か〜」なんだね。そういえば、桃井さん、「エロスは甘き香り」でも充分だめんずでしたよ。

 煙草を吸うのがこれほど似合う日本の女優さんは、いない!

投稿者:Longisland投稿日:2006-05-09 21:59:45
桃井かおりが現在とぜんぜん変わらずマジ驚き! 反対に奥田瑛ニがなんか若い(笑 
流石に女性を描くのが上手い東陽一監督。身勝手な男とそんな男に惹かれる女の性が丁寧に描かれている。
当時の時代&日常描写が今観るとちょいダサく、住んでいるアパートが地味ってとこがバブル前。
投稿者:asama投稿日:2006-02-12 02:29:47
写し絵としては上出来、むしろかなり上質の記録作品たりえている。映画の価値をどう見るかで評価が分かれるのは当然で、この映画は封切り当時(それ以後もか)それほど受けなかったようだが、25年後の今見ると、時代の空気を見事に描いていると感心する。ここでは男も女もいずれも魅力に乏しく、だがそれがかえって時代のリアリティを掬い取っている。いまこそ見るべき価値のある作品といえよう。
投稿者:yanco投稿日:2003-01-14 17:56:57
好ストーリーを誤った演出で台無しにした失敗作。例えば同年作のクロード・ガニオン監督「Keiko」が達成したものが、この作品には皆無である。この手の手法で実生活者や無名の俳優を起用すると、成功する確立が高いのは、日常性、生の一回性が巧まずして生まれやすいからだ。だからと言って職業俳優を配していけないというわけではない。ただ成功率は低くなるというだけだ。生きるのではなく、演じてしまうからだ。だから配役が一番重要なのだが、桃井かおりがここでは醜悪で見るに耐えない。メロンをかぶりつくシーンなどを見ても、演出・カメラサイドが何もわかっていないのは歴然だ。名作「サード」は偶然だったのか。東監督にはこの後、「マノン」「四季・奈津子」などの女性映画が続いていたがまったく見る気が起こらなかった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演女優賞桃井かおり 「神様のくれた赤ん坊」、「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」に対しても
■ 主演女優賞桃井かおり 「神様のくれた赤ん坊」、「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」に対しても
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】もう頬づえはつかない2004/03/21\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】もう頬づえはつかないレンタル有り
 【VIDEO】もう頬づえはつかないレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION