allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979)

メディア映画
上映時間104分
製作国日本
初公開年月1979/12/28
ジャンルドラマ/コメディ
男はつらいよ・寅次郎春の夢 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,763
USED価格:¥ 3,556
amazon.co.jpへ

【関連作品】
男はつらいよ(1969)シリーズ第1作
続・男はつらいよ(1969)シリーズ第2作
男はつらいよ フーテンの寅(1970)シリーズ第3作
新・男はつらいよ(1970)シリーズ第4作
男はつらいよ 望郷篇(1970)シリーズ第5作
男はつらいよ 純情篇(1971)シリーズ第6作
男はつらいよ 奮闘篇(1971)シリーズ第7作
男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971)シリーズ第8作
男はつらいよ 柴又慕情(1972)シリーズ第9作
男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972)シリーズ第10作
男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973)シリーズ第11作
男はつらいよ 私の寅さん(1973)シリーズ第12作
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974)シリーズ第13作
男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974)シリーズ第14作
男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975)シリーズ第15作
男はつらいよ 葛飾立志篇(1975)シリーズ第16作
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976)シリーズ第17作
男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976)シリーズ第18作
男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977)シリーズ第19作
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977)シリーズ第20作
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978)シリーズ第21作
男はつらいよ 噂の寅次郎(1978)シリーズ第22作
男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979)シリーズ第23作
男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979)シリーズ第24作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980)シリーズ第25作
男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980)シリーズ第26作
男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981)シリーズ第27作
男はつらいよ 寅次郎紙風船(1981)シリーズ第28作
男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982)シリーズ第29作
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982)シリーズ第30作
男はつらいよ 旅と女と寅次郎(1983)シリーズ第31作
男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983)シリーズ第32作
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984)シリーズ第33作
男はつらいよ 寅次郎真実一路(1984)シリーズ第34作
男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985)シリーズ第35作
男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985)シリーズ第36作
男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986)シリーズ第37作
男はつらいよ 知床慕情(1987)シリーズ第38作
男はつらいよ 寅次郎物語(1987)シリーズ第39作
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988)シリーズ第40作
男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989)シリーズ第41作
男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989)シリーズ第42作
男はつらいよ 寅次郎の休日(1990)シリーズ第43作
男はつらいよ 寅次郎の告白(1991)シリーズ第44作
男はつらいよ 寅次郎の青春(1992)シリーズ第45作
男はつらいよ 寅次郎の縁談(1993)シリーズ第46作
男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様(1994)シリーズ第47作
男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995)シリーズ第48作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇(1997)シリーズ第49作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
431 7.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ymo1191投稿日:2008-07-26 22:57:15
シリーズ24作目の本作も、シリーズでは異色の一作で、外国人の行商人が寅さんのフェローになる。寅さんは大和魂だから、アメリカ人は嫌いだが、旅先の行商道中で出くわしたからには、友好です。英語の先生役の林寛子とその母役香川京子がダブルマドンナかと思ったら、マイケルさんにとっては、さくらがマドンナなんですね。脚本にもレナード・シュレイダーさんが参加していて、ちょっと変わった寅さん作品になっています。基本は同じですが。http://blog.livedoor.jp/ymo1191/archives/cat_10008995.html?p=3
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2006-02-25 21:02:08
 シリーズの中で最も愛着のあるものの一本。久しぶりに再見したが劇場公開時に見た際の印象と違わずとても楽しめた。ハーブ・エデルマンは夢のシーンから実によくやっていて嬉しくなるし、寅の茶目っ気と侠気のバランスもいいし、吉田義夫と岡本茉莉(準レギュラー。旅芝居の親娘二人)の「蝶々夫人」、そして、そして、さくらの白いストッキング!

 とにかく、いゝシーンが沢山あり山田洋次の演出の冴えが随所に感じられる。(と、とりあえず云っておく)。例えば『夕焼け小焼け』のようないかにもストーリとしてのまとまりを巧くつけた映画を最上とする人もいるし、ストーリなんてどうでもよくて本作のような演技・演出の細部の懲りようを好ましく思う人もいるし、両方を好きな人もいる訳で、いろんな映画ファンが共存しているからこそ世の中は面白いと思うのです。

 さて、倍賞千恵子の白いハイソックス姿は『柴又慕情』『葛飾立志篇』『寅次郎頑張れ!』等シリーズの多くの作品で見ることが出来るのだが、これらは膝上ギリギリのスカート丈の膝下ギリギリ迄を隠すものだ。(つまり、ギリギリ肌が露出する。)私はこのいつもの白いハイソックス姿でさえシリーズにおける「さくら」の「聖性」をシンボライズするものだと思っている。換言すれば、さくらの「性」を隠蔽するのが白いハイソックス。しかし私のような(いや実は多くの方がそうかもしれないが)倒錯した嗜好を面白がる人間にとっては(と控えめに云っておくが)逆説的にこの白いハイソックスがとてもエロティックでたまらなかったりするのだ。
 そして本作のハイライト「I love you」「Impossible..This is impossible..」のシーンである。このシーンの彼女は膝下丈のスカートに白いストッキングで全く肌を露出しないのである。勿論、このようなシチュエーションだからこそ、白いストッキングによっていつも以上に「さくら」の「聖性」を強調している訳で山田洋次の倫理観を表出した、ま、判りやすい演出なのだが、しかしこのように隠せば隠すほど、山田洋次が意図する効果とは逆にさくらの「性」が浮き彫りになって来るように私は思う。

 また、このシーンの後、さくらから「事の次第」を聞いた寅が全然騒ぎ立てずに寧ろマイコを慰めるという演出が寅の男気を際立たせて良いです。あと、寅らしい茶目っ気のあるシーンとしてマイコに梅干を食べさせるくだりがシリーズ中でも忘れられない名シーン。スキップしながらトラ屋を出て行く寅の姿がとても可愛い。

 夢のシーンから全力で熱演しているマイコ(マイケル)役のハーブ・エデルマン。実を云うと私もこの俳優のことを知ったのは本作を公開時に見た時からなのだが、その後、過去のアメリカ映画の脇役として彼を発見するのが楽しみになっていった。このことも本作に愛着を感じる大きな理由だ。『裸足で散歩』、『おかしな二人』、『フロント・ページ』、『ザ・ヤクザ』等々。中でも日本を舞台にしたレナード・シュレーダー原作の『ザ・ヤクザ』では結構重要な役柄で出演しており、本作にキャスティングされるキッカケとなったのだろう。彼の死亡記事を見てから1ヶ月もせぬうちに後を追うように渥美清も他界したはずで、渥美の死が余計にショックに感じられたことを思い出す。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【レンタル】
 【DVD】男はつらいよ 寅次郎春の夢 <HDリマスター版>レンタル有り
 【DVD】男はつらいよ 寅次郎春の夢レンタル有り
 【VIDEO】男はつらいよ 寅次郎春の夢レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION