allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

遙かなる山の呼び声(1980)

メディア映画
上映時間124分
製作国日本
初公開年月1980/03/15
ジャンルドラマ/ロマンス

【クレジット】
監督:山田洋次
製作:島津清
脚本:山田洋次
朝間義隆
撮影:高羽哲夫
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:佐藤勝
助監督:五十嵐敬司
出演:高倉健田島耕作
倍賞千恵子風見民子
吉岡秀隆風見武志
ハナ肇虻田太郎
木ノ葉のこ佳代子
武田鉄矢勝男
鈴木瑞穂島田駿一郎
小野泰次郎福士
杉山とく子房子
大竹恵ひとみ
神母英郎虻田次郎
粟津號虻田三郎
園田裕久競馬場の刑事
青木卓競馬場の刑事
畑正憲獣医
渥美清近藤
【解説】
 北海道を舞台に、誤って人を殺して警察に追われる男と、牧場を経営する母子の出会いと別れを描いた人情ドラマ。監督は“男はつらいよ”シリーズの山田洋次。北海道東部の酪農の町・中標津。風見民子は一人息子の武志を育てながら亡夫の残した牧場をひとりで切り盛りしていた。そんなある日、激しい雨の降る夜、一人の男が民子の家を訪れ、民子は納屋を提供する。その晩、牛のお産があり、男はそれを手伝うと、翌朝、去っていった。その夏、男が再びやってきて、働かせてくれと願い出た……。
<allcinema>
【関連作品】
遙かなる山の呼び声(2018)TVムービー(阿部寛主演)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
15133 8.87
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:北村もとい投稿日:2018-10-06 13:12:40
山田監督の70年代初期の井川比佐志主演の家族・故郷に続く民子3部作の最終作だが、顔ぶれ的には幸福の黄色いハンカチで、話の流れ的には家族そして本作を見てこれより先に作られている幸福の黄色いハンカチの順で見ると一番しっくりくるという複雑な位置づけの作品。
幸福の黄色いハンカチに比べると知名度がかなり劣っており、作品の評価も地味だが、幸福の黄色いハンカチよりこっちの方がいいんじゃないかと多くの人が思うだろう。
健さんのキャラクターが曲がった事が大嫌いな割に警察から逃げて逃亡生活をしているのがやや納得できないが、そうじゃないとこの映画が成立しないから・・・。
投稿者:68生男投稿日:2018-08-03 22:56:12
「……言いやがったので、殺しました。」って。「殺しました」って。ねえ、、、

高倉健をかっこいいと思う人も多いのだろうが、健氏には、好事家を喜ばせる要素も多分にある。かっこいいと見ればかっこいいのだろうが、違う味を楽しむこともできるのである。超一流の俳優であることは、疑いのないことではあると思うが、「超」というところには、およそ隠し味があるものなのだ。

本作は、山田洋次氏の監督作の中でもピカ一なのではないだろうか。「黄色いハンカチ」のさらに上を行っていると思う。高倉、賠償、吉岡のトリオというのが、これ以上ない取り合わせなのだろうと思える。
投稿者:sachi823投稿日:2013-12-22 16:19:46
北海道の雄大な自然という舞台設定が
成功していると思います。日本映画ですが
西部劇を彷彿させます。
そしてとにかく健さんの映画なのです。
何をしても格好よく説得力がありますね。
美味しそうに食べる姿やオーラを感じる立ち姿、
このような存在感のある俳優さんは
あまり見たことがありません。
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-06-14 15:19:11
前作「幸福の黄色いハンカチ」の続編のように見えるが、実はもっとしっとりした男女の触れ合い。ヒット作を意識して、どうしても類型パターンは仕方ないかもしれない。しかしながら、辛くて寂しい女の生活感をハラリと見せた倍賞千恵子。泣かない男高倉健の涙にハンカチ。役者たちの味ある演技にやっぱり泣けてしまう。配役と台詞にツボ得た息が通う。
投稿者:映画元気投稿日:2008-08-15 09:04:03
<元気コメント>
 罪を負った「男」というものの生き様をまざまざと見せてくれる。
 子連れの「女」というものの生き様をまざまざと見せてくれる。
http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/1/2006/09/post_6145.html
投稿者:黒美君彦投稿日:2006-10-16 01:30:51
山田洋次監督に高倉健さん、北海道の壮大な景色にヒロインは倍賞千恵子、子役には吉岡秀隆。もう何をかいわんや、の作品。不器用な男ですから、の健さんは輝いているし、凛として女手ひとつで牧場を構える倍賞千恵子は美しいし、いうことはありません。武志(吉岡秀隆)が憧れるのも無理はない。ああいう大人の男になりたいものだ、と今でも思ってしまいます(苦笑)。逆にいうと、ああいう男は今、ほんっとに見当たらない(怒)。大人は子供に憧れるような存在でないとあかんのとちゃいますか。大人がいつまでも大人にならないから、子供もモデルにする大人がいなくてろくでもない人間になってしまうのではないでしょうか。
・・・とまあ、それはさておき。
私事ですが、この映画の公開2年後に初めて北海道に行きました。中標津の辺りにも行きましたっけ。この映画で観たような風景が、当時見られたことを思い出します。多分今でもあまり変わっていないのでしょうけど(笑)。
でも、兄と高倉健が会う国鉄・標津線上武佐駅は、89年の廃線に伴い姿を消してしまったそうです。
武田鉄矢や黄色いハンカチ、渥美清も登場して、山田洋次作品らしいくすっと笑えるシーンもあります。でもラストはぐっと来ますね、やはり。
敢えて難をいうなら、あれほど潔い田島耕作(高倉健)が、どうして2年も逃亡を続けたのだろう、ということかな?潔く罪を認めて自首しそうなもんだが、そうしたらこのドラマはあり得ないことになっちまう。田島耕作、一瞬魔が差し、逃げてしまった、ということで(苦笑)。
投稿者:KUROSYOU7投稿日:2006-09-22 03:02:52
これは高倉さんのベスト作品かもしれない。
あの泣き方はこの人にしかできないんだよな。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-04-07 01:19:43
小学生のときに映画館で観ました。あまりにも感動して同じ日に3回も観たのを覚えてます。まだ7、8才だったのですが健さんかっこいいと思いましたね。
投稿者:さち投稿日:2005-03-18 15:22:06
名作
投稿者:ゆきぼー投稿日:2004-01-10 16:01:54
【ネタバレ注意】

パトカーがお迎えに来た所で終わるんだろうと思って、
「ふーん」と思っていたら、そこでは終わらずに汽車の
シーンがあった。
高倉健が泣く時に、ナイスな音楽がかかってかなり熱い。
すてき。

投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-13 05:08:39
日本人なんでオリジナルのシェーンよりもこっちの方が面白い。
若き日のムツゴロウがのんべえの獣医役で出演。
投稿者:DAI投稿日:2003-09-23 15:06:55
田島の過去のエピソードがほとんどなかったのがちょっと残念でしたが、「幸福の黄色いハンカチ」同様良い映画でした。
あと倍賞千恵子がやっぱりいい味だしてますね。大好きな女優さんです。
投稿者:theoria投稿日:2002-06-24 00:33:12
山田洋次の愛して止まない道東の、文字通り牧歌的で彼らしい素敵な作品だとは思うが、何十回か観ても今ひとつ脳髄に焼き付いてこない。高倉健と倍賞千恵子との掛け合いがハマリ過ぎていることにどうも一因がありそうだ。子役の吉岡秀隆を介しているとはいえ、延々と丸2時間も大した起伏も無くそういった場面が推移していくのだから・・。求心力に少々欠けている。ハナ肇やほんの少し出てくる武田鉄也の滑稽な役所が何故か妙に突出して感じられるのもそこに起因していそう。
まあ、それでもほのぼのとした心温まる、飽きさせることの無い映画であるというのが山田洋次監督の凄いところ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 主演女優賞倍賞千恵子 「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」に対しても
【レンタル】
 【DVD】遙かなる山の呼び声レンタル有り
 【VIDEO】遙かなる山の呼び声 <デジタルニューマスター版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION