allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

長距離ランナーの孤独(1962)

THE LONELINESS OF THE LONG DISTANCE RUNNER

メディア映画
上映時間104分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(昭映)
初公開年月1964/06/12
ジャンルドラマ
長距離ランナーの孤独 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 9,200
amazon.co.jpへ

 Photos
長距離ランナーの孤独

【解説】
 感化院に入っていた青年コーリンが、クロスカントリーの選手に選ばれた。彼は練習を重ね、大会当日、トップでゴールに入ってくる。だが、優勝を目前にして、コーリンはゴールの前で立ち止まる……。60年代イギリスで新しい波となった“怒れる若者たち”の先導者T・リチャードソンの代表作で、大人に対する反抗、権威に対する反抗を力強く描く。斬新な映像処理と、巧みな編集、その中で灰汁のように沸き上がる“怒り”が、T・コートネイの不敵な表情に集約されている。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
440 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2015-09-22 09:29:55
「怒れる若者たち」(Angry Young Men)のアラン・シリトー原作。
「土曜の夜と日曜の朝」が労働者階級の日常生活を丹念に描写し、
若者の積もり積もった鬱憤や怒りを描いていたのに対して、
本作品はいささか現実から遊離した趣があります。
ひたすら走る主人公の脳裏に貧しい家庭や恋人のこと、間抜けな犯罪など
忌まわしい記憶が浮かぶのですが、その挿入の仕方が上手いと思いました。
有名なラストのコートネィの顔を見るとなぜか感動がこみ上げてきます。
現実ではなかなかこうはいかないでしょうけどね。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2014-07-27 11:46:41
コ−リンが感化院に入ることになったそもそもの失策、雨樋に盗んだ金を隠して置いたのが、間の悪いことに、刑事に詰問されているその時に雨が降ってきて、流れ出てしまうというシ−ンの間抜けさには笑ってしまった。“怒れる若者”ではありながら、仲間から“所長のペット”と呼ばれて、走ることの己の才能に未来への希望を見いだしながらも、「誇り」のためにゴ−ル目前にして立ち止まってしまうコ−リンの「孤独?」に、というよりその「不器用さ」に、恐らくは犯罪者にはならぬであろう彼のそれからを思って、ニヤリとしたことだった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:Normandie投稿日:2013-03-08 23:08:15
先日DVDが初めて発売になり何はともあれこのような名作が埋もれないで良かった。
ニューブリティッシュシネマの先駆者である、トニー・リチャードソン監督作では
「蜜の味」、カレル・ライス監督作「土曜の夜と日曜の朝」が同じくして発売された。
コリン・スミス役、トム・コートネイの見る側の体温を下げるよな面構えが映画全体を支配し、
イギリスの労働者階級の雰囲気が皮肉に見る者を奮い立たせる素晴らしい作品です。
その怒りを受け継ぐケン・ローチやポール・ウェラーなど大好きな人たちを思い出すが自分としては嬉し恥ずかしだな。
権力には屈しない、上記二人を含めた彼らの生き方を絶対的に支持する。
投稿者:堕落者投稿日:2004-12-12 20:49:02
権力側に従順な態度を示しながらも最後の最後に土壇場で反抗する主人公は陰湿(悪い意味じゃなく 笑)で如何にも英国らしいな。が,怒れる若者か何か知らんが,ハッキリ言って単なるバカでしょう?こんなの反体制でも何でもない,飯事さ。つまり,現実は甘くない。主人公はあの後ゴリラ共から散々フクロにされた筈だ。笑
そこの厳しさを描写しなければ話にならんよ。問題はそれからだ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 新人賞トム・コートネイ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】長距離ランナーの孤独2013/02/23\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】長距離ランナーの孤独レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION