allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

幸福号出帆(1980)

メディア映画
上映時間112分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1980/11/15

【解説】
 三島由紀夫の同名小説を、清水邦夫が脚色し斎藤耕一が監督。三島由紀夫没十年祭記念映画として製作された。服部克久が音楽を担当。
 オペラ歌手志望の山路三津子は、かつてオペラ歌手だった母の正代、兄の敏夫、伯母のゆめ子と暮らしている。家族は貧しく、家賃を払えないでいたため、アパートの大家からは早く出て行けと追い立てられていた。翌朝の朝刊に、イタリアのソプラノ歌手コルレオーニが亡くなり妻の歌子が十億円の遺産を相続する、という記事が掲載された。コルレオーニは敏夫の父であり、正代は歌子と恋のライバルだったのだ。遺産の一部を横取りしようと、家族四人は歌子の家に向かうが、ひょんなことから歌子の屋敷で同居することになってしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:本読み投稿日:2005-11-23 13:14:49
な作品でした。江波杏子さんが濡れ場で堂々のヌードなのには驚かされました。
【レンタル】
 【VIDEO】幸福号出帆レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION