allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

キャプテン(1981)

メディア映画 Anime
上映時間95分
製作国日本
公開情報劇場公開(日本ヘラルド映画)
初公開年月1981/07/04
ジャンルスポーツ/青春
キャプテン DVD complete BOX
参考価格:¥ 21,384
USED価格:¥ 23,299
amazon.co.jpへ

【解説】
 東京・下町の中学校の野球部を舞台に、ナインたちの友情と努力を爽やかに描いたちばあきおの原作をアニメ化。1980年に放映されたTVスペシャルと、青葉学院との再試合を描いた同「延長編」の2本を再編集した劇場作品だ。墨谷第二中野球部に、野球の名門青葉学院からの転校生・谷口タカオが入部する。弱小墨谷の救世主となるかと思われたが、実はタカオは青葉では2軍の補欠だった。大きすぎる期待と実力のギャップに悩むタカオだったが、夜中の父との特訓で自信をつける。
<allcinema>
【関連作品】
キャプテン(1983)
キャプテン(1980)
キャプテン(1981)
キャプテン(2007)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ノブ投稿日:2011-08-09 23:32:24
【ネタバレ注意】

「キャプテン」(監督:出? 哲(出?統の兄) 原作:ちばあきお(ちばてつやの弟)95分 AVEX販売)

話の内容はキャプテン谷口君とそれを支える部員達、墨谷二中野球部の大活躍。

野球的にムチャな所
速い打球や速い球に慣れる為に1/3の距離からノックを受けたり、投げて打ったりする練習
1週間で谷口君が投手になろうとする(指の爪が剥がれて試合では最後しか投げないけれど)所
急造投手になる為のムチャクチャな投げ込み練習や身体がボロボロになる程のノック
センターが守れないで疲れてのびていたり、ピッチャーが走者として走れず疲れて倒れ込んでいたりする所

ボク的にオモシロかった所
谷口君が誤解から青葉のレギュラーと思われたが、周りの期待に応えようと影で必死で練習して上手くなっていく所(その影の練習をきちんと前キャプテンがみて評価してくれるのも良かった)
父親は息子の特訓に付き合うし、母親は願掛けをする。その両親の行動に感謝して頭を下げる谷口君が良かった(親子の絆の深さが描かれていて良かった)。
一年生でも実力があればレギュラーにさせる大胆起用が良かった(一年はレギュラーになれないという伝統は破る。しかし頑張ったのにレギュラーを外される二年の丸井への配慮はある)
練習に厳しい谷口君が、影で自分はもっと厳しい練習をしているのを知って部員達がやる気を出す所
敵の凄さを知る為に青葉の練習を見学に行く所(スゴイ練習に驚いていたが、実はそれは二軍の練習だったというのも良かった。1軍はどんなに凄いかと思わせる効果がある)
敵もさるもの演出が良かった(勝つ為には手段を選ばない青葉の監督(部員にも厳しいが自分にも厳しい。相手(谷口君)が良ければきちんと評価する。相手を甘く見ない(二試合目)。最後に勝ちにこだわらず、選手の望み通り勝負をさせたり、更に懐が深くなるのも良かった。途中で規則には載っていなのを良い事に選手を16人起用して勝ちにこだわっている事を野球連盟理事長にたしなめられるのも良かった。)・体格や野球の技術では勝っている青葉の一軍など)
最初の青葉との試合で負けて、生意気な一年の五十嵐が最初に悔し泣きし、墨谷二中全員が悔し涙を流す所
谷口君が固くなっている仲間にリラックスさせようと励ます所が良かった。
墨谷二中の応援が野球部員を後押しする感じや青葉の応援団がファールで逃げる青葉のキャプテンにブーイングを言い出す所など、観客も野球においては重要な要因である事を示す演出が良かった。
谷口君が「才能のない僕は人一倍努力しなければならない」という所がカッコ良かった(これは監督や原作者が飛び抜けて才能を持った兄弟を持っているからセリフに重みがあるのではないかとボクは思った)。
最後は墨谷二中の野球部員達はヘロヘロになり満身創痍になりながらも青葉に勝つというラストもとても良かった。
全般的に
AVEX販売のDVDというのにはビックリした。
アニメの絵が古く今の人達は我慢して観れないかもしれない。
特訓の方法には現代野球の理論的にはムチャが有りすぎると思う。
しかし谷口君の影で真面目にコツコツ努力する姿勢やキャプテンシー(他の部員に厳しいなら影で自分には更に厳しくするという姿勢。ミスしても責めずにフォローする姿勢・勝負を絶対に諦めない姿勢などなど)や親子の深い絆、野球における観客の役割の重要性や補欠への配慮などがきちんと描かれており、観ていてとても清々しかった。
俳優陣もお父さん役のハナ肇の声が良かったし、青葉の監督森山周一郎(紅の豚)も「敵ながらも懐の深い声」をしていて良かったし、その青葉の監督の勝ちにこだわる姿勢をたしなめた大会理事長の声優さんもとても良かった。
「君は何かができる」の音楽もとても良かった。
野球の特訓の仕方とかは無茶があってマネしてはいけないと思うが、谷口君の「影で真面目にコツコツ練習する姿勢」や「キャプテンシー」、「親を尊敬する姿」・「野球部員達とのチームワーク」などは野球をする子供達にきちんと観て欲しいと思える作品。
「ちばあきおは若くして自殺している。野球が本当に好きで、本当に純粋な人だったのではないかとボクは思う。ご冥福をお祈りします。」心にそう願う少年野球は3日で辞めたヘタレ長七郎であった。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:irony投稿日:2008-12-26 01:57:12
 BS2にてオンエアーしてましたので録画しといて鑑賞 谷口、丸井、五十嵐と歴代キャプテンが勢ぞろい アホな近藤クンはまだ小学生くらいか?

 スーパースターはおらず皆努力の人だが、猛練習すると短期間で一様に皆レベルアップ ここらへんはやはりマンガですね 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】キャプテン DVD complete BOX <完全限定生産>2004/07/22\19,800amazon.co.jpへ
 【DVD】キャプテン 劇場版2000/02/25\5,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】キャプテン 劇場版レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION