allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ガキ帝国(1981)

メディア映画
上映時間115分
製作国日本
公開情報劇場公開(ATG)
初公開年月1981/07/04
ジャンル青春/アクション/ドラマ
ガキ帝国 HDニューマスター版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,909
USED価格:¥ 2,950
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:井筒和幸
製作:林信夫
佐々木史朗
企画:多賀祥介
原案:井筒和生
脚本:西岡琢也
撮影:牧逸郎
編集:菊池純一
音楽:山本公成
助監督:西岡琢也
出演:島田紳助リュウ
松本竜介チャボ
趙方豪ケン
升毅明日のジョー
紗貴めぐみ京子
渡辺とく子御園のママ
夢路いとしリュウの父
上岡龍太郎小野
國村隼
大杉漣
【解説】
 万博を3年後に控えた大阪を舞台に、ケンカと遊びに明け暮れる少年たちを描いた青春バイオレンス。ピンク映画を手がけてきた井筒和幸監督の名を一躍世間に知らしめた井筒監督の代表作の1本。昭和42年。大阪ではキタの北神同盟とミナミのホープ会の二大グループが激しい抗争を繰り返していた。そんな中、少年院帰りのリュウと仲間のケン、チャボは、徒党を組むことを良しとせず、自由に生きることをモットーとしていた。やがて、ある事件をきっかけに3人はホープ会を叩きのめすのだった……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
544 8.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2015-12-15 10:23:06
井筒和幸監督の出世作である。
大阪のキタとミナミを舞台に、若手チンピラ同士の抗争をしつこく描いている。出演に島田紳助、松本竜介、趙方豪の個性派を起用し、また三人も演技というよりは役柄を地で演じていて、まさに井筒ワールド全開だ!
ヤクザ映画とは違って、あくまでも主役は高校生レベルのアマチュアなので、オトコの生き様といったような深いテーマはなく、ただただ鬱憤を晴らしているだけなので次第に飽きてくるが、井筒監督は強引に最後まで観客を引っ張っていってしまう。そこは評価の分かれるところだろう。関西弁の台詞が分かりづらいのもイマイチだ。
投稿者:ASH投稿日:2015-09-09 20:43:37
【ネタバレ注意】

 若い頃の上岡龍太郎は、リチャード・ギアに似てる? 中山ミポリン(笑)みたいなルックスのあの娘は誰だ?

投稿者:こじか投稿日:2012-11-20 02:52:07
もともと井筒演出って苦手なんですが、やはり各カット〜各シークエンス毎に抑制も何もバラッバラ。しかし、これは最後までパワーで推し切って見事1本のガキ帝国になってます。井筒監督の良さが出てるなぁと。この謎のスタミナとブレない感覚はほんと感心。6〜7点。

台詞が聞き取れない箇所が多々あり、字幕ON/OFF対応願う。
投稿者:陸将投稿日:2011-10-08 12:57:11
【ネタバレ注意】

映画冒頭で、2人の若者が少年院から出所してくる。
大阪という日常に戻ってきた2人を待ち受けているのは、以前と変わらないであろう、逃れられない暴力の世界である。
自らの街を自由に闊歩したいがために引き起こされる縄張り争いが延々と続いていく。

ただし、彼らは所詮“ガキ”である。
その“ガキ”描写が見事だと思う。

暴力といっても、本作ではそこに美学は存在しない。
拳で一発で殴り倒すというよりは、平手で何度も相手を叩く。
暴力の型も様になっていなくて、それでいて質も悪い。
殴る蹴るといった効果音も増幅されることはない。
そのある意味でチープな暴力描写が“ガキ”なのである。

また、“ガキ帝国”の外部である警察や、上層部にあたる暴力団組織を登場させることで、彼らの息づく場所の位置関係を把握することができる。
どんなに威張っていようが、デカイ顔して歩いていようが、それは狭い世界の範囲内だけのことなのだ。

さらに、意図せずに眼前に人間の死が突然投げ出されてきた際の、彼らの表情も秀逸だ。
暴力の行き着く先の重みと、暴力を振るう者に課された重大な責任。
いざそれを目の前にしてしまうと、たじろぐしかない。

確かに、技術的に稚拙な演出においても、単調で不親切な物語においても、本作は手放しで褒められるような作品ではない。
だが、そんな稚拙さが不思議と“ガキ”の世界にぴったりとはまっているのだ。

投稿者:クリモフ投稿日:2008-12-26 19:06:15
井筒監督の代表作ですね。正直話はそれほど面白くもなく、チンピラたちが所属する徒党の描き方が雑然としていて、誰が誰やらわからなくなることもしばしばですが、チンピラ一人一人はとても魅力的で愛着がわいてしまう奴ばかりで、わりと楽しくみれました。自分が大阪人ってのもあるんだろうな。
やっぱり、キャスティングが良い。島田紳助をはじめみんな好演。映画技法的にはほころびだらけなんだけど、映画ってのはそれだけじゃなくパワフルな演出やキャストも大事ですな。ま、両立しているのが一番なんだけど。
井筒監督って凄く正直でストレートな人なんだろうね、ストレートすぎる感じ、もうちょっとタメがあった方が好きだけどね。まぁ青春映画(だよね?)ってのもあって悪くはなかったです。
投稿者:syuriken投稿日:2007-11-23 20:27:06
全然面白くも何とも無い。

ランブルフィッシュやアウトサイダーを意識したのか知らんが、
何一つ感銘を受けない。
大阪にノスタルジーを感じる人なら話は別なのかも知れないが。
関西弁は字幕を入れて欲しい。

喧嘩シーンも何あれ。。。
俺は駄目だ。
投稿者:たにし投稿日:2007-01-24 10:58:02
最高傑作と名高いですが、私は岸和田のほうがしっかりとバランスのとれた作品だと思いました。
 
 こちらはというと、自分たちが馬鹿しているところで自分たちの叶わない相手(すなわち社会)が押し寄せてくるという構図で、とくにこういう作品には必ず社会の癌とも重鎮とも取れる人物がでてきますが、この作品では上岡竜太朗の関西インテリヤクザでした。

 ともかく上岡竜太郎の変態すら感じさせるヤクザが迫力あり、他の出演者の存在をくってしまいました。


 内容は、岸和田とあんましかわんないです。でもフィルムで撮影されたあのザラツキの映像と無邪気にフレームの中で騒ぐ神介たちは愛着がわきます。
投稿者:hymitecs投稿日:2007-01-08 20:15:09
【ネタバレ注意】

 懐かしいが古臭い。20年前にその20年前の設定の映画だから仕方ないが。
 まさに自分の時代の封切り映画なのに、紳助竜介の映画という色眼鏡で見ていて、当時は全く興味がなかった。
背景描写や風俗に見るべきものはある。20年前に20台の目で見ていたら、きっと相当におもしろかったろうと思う。

 ただ、ジョーカー的に使われる「ヤクザ」(の使い方)は大嫌いです。
 鉄砲とか、女を売り飛ばすとかいうステロタイプはやっぱり耐えられないほど古い感性だと思いました。

投稿者:GRAN TURISMO投稿日:2006-05-06 02:55:06
この映画大好きです。内容は物騒なんだけど大阪っていいなぁって素直に思います。島田紳助も、故・松本竜助も、故・趙方豪も最高に良い味を出しています。てゆうか竜助もバンホウも死ぬのが早すぎるよ・・・確か我王銀次も出てるんだけど、彼も大分前に死んじゃったもんなぁ・・・夢路いとしも死んじゃった。でも彼らはスクリーンの中ではしっかりと生き続けてるんだよね。嬉しいような悲しいような。彼らの活躍は絶対に忘れません。今でも頑張っている人沢山いますよ。徳井優、國村隼、大杉漣、木下ほうか、上野淳、升毅、北野誠・・・頑張りますよ、私も。
投稿者:かっこう投稿日:2005-11-21 02:41:28
今ひとつ面白さがわからなかった。
ケンは魅力的なキャラだったが。
実を言うと、見ながらストーリーについていけてなかった。
ネットで調べてから、ああ、そういうストーリーだったのかとわかった。
投稿者:浄瑠璃2投稿日:2005-09-07 11:03:49
デビュー作が渾身の傑作になると後々が大変なものだが、井筒カントクはその典型。『岸和田』や『パッチギ』など、同一テーマの作品を作るけど、超えられないのよ、これが。
投稿者:ゆうじ投稿日:2004-04-23 20:17:32
迫力ゼロのケンカシーンに、山場の無いストーリーと
チープな映像、中途半端な60年代後半と大阪の描写
・・・気に入らない箇所は数多い。しかし、何となく
駄目作品と言い切れない魅力がある。
伸助・竜助や上岡竜太郎が若い!
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-07-05 15:55:19
「リングス」という名の「ファイトクラブ」を
世界的ネットワークで展開しようとした「前田日明」という男が
育った土壌「大阪」を知る事が出来る映画だ。。。
投稿者:ブラジリアン仏滅(投稿日:2002-04-24 00:00:37
世界中、不良映画数あれど、これぞゴンタ映画の最高峰!!
趙万豪さん好き
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-01-12 03:30:58
 どうしようもない貧しいシーンが連続する中に、全く突然、息を呑むほど美しいカット、カットバック(リバースショット)が挿入されるので驚いてしまう。それがあながち偶然の産物では無いようなのだから、全編、もっとちゃんとやって貰わないと困る、という気持ちで一杯になるのだ。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】ガキ帝国レンタル有り
 【VIDEO】ガキ帝国レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION