allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

風の歌を聴け(1981)

メディア映画
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(ATG)
初公開年月1981/12/19
ジャンルドラマ/青春
風の歌を聴け [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,019
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:大森一樹
製作:佐々木史朗
企画:多賀祥介
プロデューサー:佐々木啓
原作:村上春樹
脚本:大森一樹
撮影:渡辺健治
編集:吉田栄子
音楽:千野秀一
助監督:白石宏一
出演:小林薫
真行寺君枝四本指の女
坂田明ジェイ
巻上公一
蕭淑美鼠の女
阿藤海D.J
黒木和雄精神科の先生
室井滋
広瀬昌助
狩場勉
西塚肇
渡辺敦郎
古尾谷雅人
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
424 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2016-01-06 17:19:34
公開当時、人気のあった評論家の大先生が本作品を幼稚で未熟な作品と
えらく批判されていましたが、原作者が今ほど著名でなかった頃に
早々と映画化したのは、監督の先見の明かと思います。
昭和の気だるい何とも表現しづらい、
しらけた世代の雰囲気が上手く出ていたと思います。
今思うと魅力的な出演者たちで、皆一癖有りそうな個性的な
存在感があり、独特の時代のムードを醸造しています。
投稿者:scissors投稿日:2013-06-10 21:22:31
80年代の気持ち悪さ
投稿者:nabeさん投稿日:2012-06-16 15:24:27
村上春樹原作のATG作品である。
僕こと小林薫と鼠こと巻上公一の二人の若者の、昭和50年代特有の気だるい雰囲気が全体に漂っていてシュールである。さらに、真行寺君枝がいかにも謎めいている美女を演じていて印象的だ。
二人が乗り回す真っ赤なチンクエチェントが実にカッコいい。デビュー間もない室井滋がさりげなくヌードを披露しているのも貴重だ。
投稿者:3wsc投稿日:2011-07-09 07:25:43
若いころ村上春樹を読みまくっていた時期に深夜のTV映画で見たきり観ていなけれど、また観てみたい。 この映画を見てから「羊をめぐる冒険」などの他の作品においても私の中で鼠は巻上公一だ。 小説の映画化におけるキャスティングの中で、ベストの例だと思います。 
投稿者:ASH投稿日:2008-03-26 22:00:53
【ネタバレ注意】

 村上春樹になーんも思い入れがない人が観ちゃうと、コレが結構オモロかったりするのよ。大森のオッサンの映画では「ヒポクラ」の方が好きだけど、コレもよかったよん。

投稿者:asama投稿日:2006-11-01 10:59:36
あたりの青春の雰囲気がよく伝わってきます。喫茶店、ジャズ、映画、レコード、煙草、ビール、そして騒然とした空気。のんびり、落ち着いた風の「僕」の内面が混沌としていることもよくわかりますね。時代の雰囲気をうまく切り取った価値ある一品です。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-08-17 22:05:43
映画を観てから原作を読んだ。ぼくは村上春樹の熱心なファンじゃない。
主要出演者4人、小林薫、真行寺君枝、坂田明、巻上公一は完璧な配役だ。
お前は解ってない、と言われれば返す言葉がないが、この4人以外思いつかない。
特に、真行寺君枝。映画の中のレコード屋の店員史上最高の美しさではないか!
(『女と男のいる舗道』のアンナ・カリーナとか、『エレキの若大将』の星由里子とか
 なみいる強豪を押さえてのブッチギリである)

他の出演者について。蕭淑美、読み方はシャオ・スーメイ。『午前中の時間割り』にも
出ているそうだ。ラジオのDJ役は阿藤海(現・阿藤快)だったのね。
そしてなぜかここに名前が出てないが、室井滋も主人公の恋人役で出演してる。
回想場面で小学生まで演じているというのに、なぜ記載せんか!?

作品自体を完璧な映画と言うつもりはない。むしろ、ほころびだらけである。
すべてを帳消しにするのは、クライマックスの落花生の殻が舞うバーの場面。
この叙情性は、ちょっと否定しがたい。見事な映画的スペクタクルたり得ている。
身辺雑事を扱った映画と云えども、この種のスペクタクルは必要なのではないか。
『ジョゼと虎と魚たち』で、ラブホテルの一室を浮遊する魚なども、そんな“見せ場”
として機能してはいないだろうか。

DVDソフトになるんだって。良かった。取越し苦労かもしれんが、まさか、
「カリフォルニア・ガールズ」がちゃんと聴けない、なんてのはご免だよ。
この映画でビーチ・ボーイズにハマったクチなんだから、こちとら。

投稿者:うっち投稿日:2003-05-29 01:02:35
村上春樹と20歳ほど年下の自分としては、原作者と同世代の監督による映像化が、原作から自分では読み取り切れなかった時代性を表現してくれているようで、新鮮だった。
まあ、だからおもしろかったのかと言われると、そうとも言い切れないんだけれども。
投稿者:どんちゃん投稿日:2002-08-17 14:40:24
村上春樹ファンとしては許せない作品。
こんなんじゃねーぞ!村上春樹は!
でも主人公の「僕」役が小林薫ってのはアタリですね。
何となく顔似てるし。
【レンタル】
 【DVD】風の歌を聴けレンタル有り
 【VIDEO】風の歌を聴けレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION