allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チルドレン・オブ・ザ・コーン<未>(1984)

CHILDREN OF THE CORN
HORROR KID

チルドレン・オブ・ザ・コーン トウモロコシ畑の子供たち

メディア映画
上映時間93分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー
チルドレン・オブ・ザ・コーン [DVD]
USED価格:¥ 8,850
amazon.co.jpへ

【解説】
 スティーヴン・キング『とうもろこし畑の子供たち』の映画化。青年医師バートは、赴任地へ恋人とともに向かう途中、奇妙な町に遭遇した。そこでは大人の姿が全く見られず、わずかに子供たちのグループがいるだけだった。そして、トウモロコシ畑の真ん中で行なわれた子供たちの儀式によって、バートの恋人が生け贄に捕われてしまう……。リメイク的続編は「スティーブン・キング/死の収穫」。
<allcinema>
評価
【関連作品】
チルドレン・オブ・ザ・コーン(1984)シリーズ第1作
スティーブン・キング/死の収穫(1992)シリーズ第2作
スティーブン・キング/アーバン・ハーベスト(1994)シリーズ第3作
スティーブン・キング/アーバン・ハーベスト2(1996)シリーズ第4作
チルドレン・オブ・ザ・コーン5:恐怖の畑(1998)シリーズ第5作
ザ・チャイルド(1999)シリーズ第6作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
322 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2016-12-05 00:25:22
怖くない、安っぽい、メインの子役は不気味。
投稿者:McQueeeeeN投稿日:2016-11-18 20:05:08
キングの原作を読んでいた私は、ビデオの時代にずっと見たかった映画。
今見ると、いろんな部分がはやり80年代ぽいなと思うけど、70年代に見た『ザ・チャイルド』を彷彿させていいし、CG全盛の時代にたまにこんな映画見るのもいい。

リンダ・ハミルトンは若々しく美しい。

恋人役のピーター・ホートンはどこかで見たことがあると思ったら『ルームメイト』でブリジット・フォンダの恋人役だった彼。

そしてもう一人、アイザック役のコートニー・ゲインズもまさかと思って調べてみたら、大好きな『メイフィールドの怪人たち』で奇怪な隣人一家の一人でした。
ナイス、おれ。
投稿者:ASH投稿日:2014-08-10 20:46:44
【ネタバレ注意】

 キングの原作はとりあえず置いといて、いわゆる「邪悪な子供(Evil Child)」モノとしてはなかなかの秀作なんよね。開幕早々、あの何か起こりそうな不気味な雰囲気がたまんないわ。

投稿者:さとせ投稿日:2013-02-03 10:17:55
リンダ・ハミルトンとピーター・ホートンの夫婦はドライブ中に飛び出してきた子供を轢いてしまう。辺り一面トウモロコシ畑の町ガトリンへ取り合えずやって来る2人だが誰も居ない。辺りを探索すると家の中に子供が隠れていた。子供からアイザックの事を聞く2人だが分かれるうちにL・ハミルトンが捕まってしまう。ハミルトンはアイザックの命により生贄の十字架に貼り付けられ、P・ホートンは子供たちに追い詰められるが・・・。

昭和のホラーブーム時代にキングレコードからリリースされたS・キング原作のホラーがJVDよりDVDリリースされた。ビデオ同様のスタンダード収録、ステレオ音声に変更されているが画質はくすみが有りまあまあ。当時、評判の良くなかった同作だが今見てみると不気味な音楽やムードが漂っており結構面白かった。ラストの超常現象との戦いも良く出来ていて、当時評判が悪かったが再評価されても良い作品である。売り出し前のL・ハミルトンが若く、懐かしい。あ、あと嬉しい事にランニングタイムが87分だったビデオソフトと違い92分に変更されている。

原作「トウモロコシ畑の子供たち」(スティーヴン・キング・サンケイ文庫・評価2)は短編で結婚生活が上手くいっていないバートとヴィッキィの行動のみで展開され、映画で印象的だったアイザックやマラカイの行動は皆無。とかくキングの映画化に関しては批判が多いが、この作品に至っては映画の勝ちと言えよう。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-06 23:19:02
 子供たちが刃物を持って大人に襲いかかって来るが、大人ってあんなに簡単に殺せるものかね? 前半はかなり不気味で面白いが、後半はどんどんつまらなくなってくるのが残念。
 子供を操る悪魔の正体も説明不足でよく解らない。
投稿者:やすのり投稿日:2005-10-22 08:40:17
主人公とその恋人は刃物でめった刺しにされた子供の死体をはねてしまう。警察に連絡するために田舎町ガトリンへ立ち寄るが、町はゴーストタウン。しかし、そこにはトウモロコシ畑に棲む神を崇拝し大人を穢れたものと忌み嫌う子供たちが結成したカルト教団が存在していた。町の大人たちは3年前、子供たちによって皆殺しにされていたのだった。やがて教団により恋人が誘拐されてしまい、主人公は町で唯一教団に属していない兄妹の協力を得て教団に戦いを挑む。
この後、しつこく続編が作られることになるシリーズの第1作目。終盤の展開にやや不満は残るものの、それなりには観ることのできるB級作品ではあるが、同じように“子供VS大人”をテーマにした名作『ザ・チャイルド』にはやはり遠く及ばない(ちなみにこのシリーズの6作目も『ザ・チャイルド』…紛らわしいなあ)。
アイザックという少年が初代の教祖なのだが、かなり情けない。よりにもよって部下の反逆であっさりとリーダーの座を乗っ取られてしまう。情けなさなら歴代教祖ナンバーワンである。続編は『死の収穫』。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 参加作品 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】チルドレン・オブ・ザ・コーン トウモロコシ畑の子供たち2002/01/11\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】チルドレン・オブ・ザ・コーン トウモロコシ畑の子供たちレンタル有り
 【VIDEO】チルドレン・オブ・ザ・コーンレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION