allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

爆裂都市 BURST CITY(1982)

メディア映画
上映時間116分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映セントラルフィルム)
初公開年月1982/03/13
ジャンルアクション/SF
爆裂都市 BURST CITY [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,918
USED価格:¥ 3,399
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:石井聰亙
製作:秋田光彦
小林紘
企画:戸井十月
泉谷しげる
石井聰亙
脚本:石井聰亙
秋田光彦
撮影:笠松則通
美術:尾上克郎
阪本順治
デザイン:手塚真
(フリークス・デザイン)
編集:石井聰亙
山川直人
阪本順治
音楽:石井聰亙
監督助手:西沢弘巳
池田勇二
松岡錠司
太田達也
出演:陣内孝則コマンド佐々木
(ザ・ロッカーズ)
大江慎也フライング風戸
(ザ・ルースターズ)
伊勢田勇人パンク死土
鶴川仁美ミラクル賀仁悪
(ザ・ロッカーズ)
池畑潤二鋼鉄男
(ザ・ルースターズ)
戸井十月キチガイ兄
町田町蔵キチガイ弟
泉谷しげる黒沼
スターリンマッド・スターリン
コント赤信号
渡辺正行流れ者レーサー
(コント赤信号)
ラサール石井流れ者レーサー
(コント赤信号)
小宮孝泰流れ者レーサー
(コント赤信号)
上田馬之助菊川
麿赤児坂田
大林真由美ブルー
吉沢健霧島
平口広美
篠原勝之
小水一男
江藤潤
田村三郎
南伸坊
諏訪太朗
室井滋
手塚真
飯田譲治
【解説】
 マシンの轟音と暴力が渦巻く街に、ロックの喧噪が響きわたる。『マッドマックス2』の多大な影響を受けて、石井聰亙が荒廃した近未来都市を描き出した。ロックミュージシャンが多数出演し、映画のパワーに磨きを掛ける。主演の陣内孝則も当時はまだ知名度イマイチ(と云ったらRockersファンに叱られるか)のロッカーだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
540 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2013-08-11 15:45:21
って言われてもね。劇場で見た印象と、ン十年経った今も変わりません。つまらんもんはつまらん。80sパンクのプロモ映画としては(当時は)良かったんじゃないかな。勢いだけは認めるよ。監督も歳と共にパワー切れたしね。東じゃ絶対作れんよな(ていうか認めねえだろ、こんなの)
投稿者:こじか投稿日:2010-10-12 00:03:23
数年毎、石井聰亙にトライするたび
やっぱりダメなんだなって痛感する。
相性としかいいようがありません。
未見の方は早め(年齢的にも)に観ることをお勧めするかな。
投稿者:QUNIO投稿日:2009-09-28 07:51:30
他の追随を許さない映画実験劇場。ストーリーはすぐ忘れる。ひたすら揺れまくる画面とノイズの海!

これは青山真治が後に『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』で換骨奪胎してみせたが全編に横溢する狂気と熱気の点で遠く及ばない。

もしかして80年代の日本映画のほうが遥かにやる気があったのかな? これ以降破壊力のみの邦画がどんどん減って、ミニマムで差し障りの無い邦画が多くなった気がする。唯一、石井聰互の狂いっぷりを受け継いでいるのは三池崇史ぐらいかも。

「ナメンナヨォ〜!!」の連呼は今見るとちょっとダサい印象も受けるが割かし好きだ。
投稿者:hymitecs投稿日:2007-02-20 15:51:04
【ネタバレ注意】

学生の頃、封切り落ちの2番館で何度も見たのを思い出して、20数年ぶりにビデオを借りてきて観ました。
やはり、すごい。滅茶苦茶なパワーの暴走に、当時の緊張感がよみがえった。ただ、TVサイズのせいか、こちらの感性の衰えのせいか、入り込むまでには至りませんでした。映画としては、すこし冗漫な感じも否めません。
今や、陣内はすっかり親父になってしまったけど、大江慎也や遠藤ミチロウはまだ歌っているし、池畑潤二も他のルースターズメンバーとともに健在です。改めて、この映画を見ると、バトルロッカーズより遠藤ミチロウのほうが、よほど生き生きとしているように見えます。
この映画を支配する閉塞感や孤独感は、これがSFとかバイオレンスというより、80年代を代表する、時代を語る風俗映画であったことを証明しているのだ、と思います。
この映画を見て、何か感じるものがあった人は、是非「狂い咲きサンダーロード」も観ることをお勧めします。

投稿者:SoH投稿日:2005-05-23 03:44:30
「いつかは観なければ!」と思ってた初期の石井聰互監督作品。以前観た「狂い咲きサンダーロード」もすごかったけれど、これまたすげぇ。だから、なんなんだ、このイキオイは!若さ故の感情の暴走というだけじゃ済まされないものがあるよなあ。この映画が作られた頃に産声をあげた俺からすれば、ここでも役者いうセリフはちょっとテレるものアリ。でも石井監督の演出のおかげで、それまた笑う所じゃなくて、圧倒されちゃうわけ。そのイキオイ溢れる演出は自主映画の延長を感じさせた「狂い咲き〜」より洗練さを増してたと思った。少なくてもコント赤信号が出てくる時のレースシーンの短いカット割、音楽のかけ方、コマ落としの使い方なんて、けっこう好きだ。「マッドマックス」にインスパイアされて作られた世界観、「『ロッカー』と『労働者』による『暴動』」という着眼点の面白さ、無茶苦茶なアナーキーさ、石井監督のワンアンドオンリーな演出、役者連中と、見応え充分。「ロッカーズ」とか「ルースターズ」ってバンド、まったく知らんから、それ知ってる人に比べたら感動は薄いかもしれんが、若かりし頃の陣内孝則、乾いた「ああ〜〜〜あ〜〜」の雄叫びが印象的な町田康(町蔵)、それに泉谷しげる(女殺された時の演技がすごい)、麿赤児、コント赤信号の連中が観れて得した気分。予算も非常に少なかったとは思うけれど、それがまたいい味出してる。低予算だからこそ、これだけパワフルで、アナーキーで、無茶苦茶やれた映画になったんじゃなかろうか。「話もドラマもなくて、ただ暴れまわってるだけの映画じゃん」といわれれば、確かにそうかもしれん。でも、この映画にある異様なエネルギーは石井聰互という人間にしか作れないといことで、個人的には評価します。そもそも話で観る者を楽しませようとしてないよな、これ(笑)。かなり「カルト度」高くて、それがもう気に入っちゃったデスよ。観てる時は気付かなかったけれど、エンドクレジットに室井滋、飯田譲治(出演かよ!)、阪本順治(編集)とかの名前もあって、これまた得した気分に。「土曜の夜だぜぇ〜!」は一時期友達が酔っ払うとよくほざいていましたが、なるほど。確かにいいたくなるわ、この映画観たら(笑)。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 08:03:05
すごいパワーのある映画。
投稿者:でし坊!投稿日:2003-12-13 14:29:41
ロッカーズ、ルースターズ、スターリン、INU、凄い出演者が若さで暴れまくってる感です。サントラもグーです
投稿者:ASH投稿日:2002-10-13 22:59:58
前作もハチャメチャだったが、こちらもその指数ではその比でないくらい凄い!

和製『デスレース2000年』、あるいは『マッドマックス2』といった感じか。

予算もだいぶ貰えたのかキャスト陣がやかましいくらいに豪華になった!

その分まとまりに欠ける気もするが、このパワーなら良しとしましょうか。

カスタムカーや衣装、美術設定等、近未来SF映画特有のデザインがシビレる!

陣内孝則がカン高い声で叫ぶ"なめんなよ!"が心に残る。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】爆裂都市 BURST CITY2016/01/06\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】爆裂都市 BURST CITY2015/03/13\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】爆裂都市 BURST CITY <期間限定生産>2010/11/01\3,000amazon.co.jpへ
 【DVD】爆裂都市 BURST CITY2005/07/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】爆裂都市 BURST CITYレンタル有り
 【VIDEO】爆裂都市 BURST CITYレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION