allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ツイスト&シャウト(1989)

TWIST & SHOUT
TRO HAB OG KARLIGHED

メディア映画
上映時間107分
製作国デンマーク
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月1989/08/05

【解説】
 「子供たちの城」(83)の続編で、1963年のコペンハーゲンを舞台に、高校生になったビヨンが恋人の妊娠と中絶、母親を思う友との友情などを通し成長していく姿を描く。
<allcinema>
評価
【関連作品】
子供たちの城(1983)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:jordandas投稿日:2007-09-27 15:05:43
【ネタバレ注意】

重苦しい作品だったけれど、これがそこここの家庭の中にある悩みや問題なんだなと、思う。ビョンのような少年ははありがちだと思うけれど、アンナを中絶させた後、元カノと旅行に行く神経が許せない。ビョンも悩みながらの現実逃避の結果だと思うけれど、ビョンのご都合主義は許せないし、男の体のつくりが憎らしい限り。中絶のシーンは生々しすぎて、アンナの心の痛み、肉体の痛みを思うと涙、涙のシーンだった。アンナ幸せになってね。
親友のエリックは病んだ母とエゴな父との狭間で苦しむ少年を好演。涙が止まらない。世間の同世代はビートルズに夢中で自由に遊び楽しんでいる。そんな自由も無く、苦しみながら活きている若者もいる。苦しみを知らない若人にも、知っている若人にもお勧めしたい秀作です。

投稿者:ファルド投稿日:2002-06-23 19:05:37
タイトルと始まり方からして、もっと脳天気な青春映画かなと思ったら全然違いました。エリックの「僕には子供の時代はなかった」と言う言葉が重い。厳格な父親だって裏では何をしているのか分からない。それと、アンナのあの中絶の仕方は酷いね。ただ、作品的には秀作だと思います。
【レンタル】
 【VIDEO】ツイスト&シャウトレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION