allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

南極物語(1983)

メディア映画
上映時間145分
製作国日本
公開情報劇場公開(日本ヘラルド=東宝)
初公開年月1983/07/23
ジャンルドラマ/アドベンチャー
南極物語 Blu-ray
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,955
USED価格:¥ 3,165
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:蔵原惟繕
製作:古岡滉
鹿内春雄
蔵原惟繕
企画:角谷優
蔵原惟繕
製作指揮:日枝久
プロデューサー:森島恒行
蔵原惟繕
脚本:蔵原惟繕
野上龍雄
佐治乾
石堂淑朗
撮影:椎塚影
美術:徳田博
編集:鈴木晄
音楽:ヴァンゲリス
助監督:山下稔
大林丈史
金井進二
高崎通浩
ナレーション:小池朝雄
出演:高倉健潮田暁
渡瀬恒彦越智健二郎
岡田英次小沢隊長(第一次越冬隊)
夏目雅子北沢慶子
荻野目慶子志村麻子
日下武史森島教授
神山繁堀込隊長(南極観測隊長)
山村聡岩切船長(宗谷)
江藤潤徳光隊員(第二次越冬隊)
佐藤浩市戸田隊員(第二次越冬隊)
岸田森喫茶店マスター
大林丈史野々宮隊長(第二次越冬隊)
金井進二尾崎隊員(第一次越冬隊)
中丸新将長谷川隊員(第二次越冬隊)
佐藤正文昭和号パイロット
坂田祥一郎武井隊員(第二次越冬隊)
志賀圭二郎梶原隊員(第一次越冬隊)
内山森彦池内隊員(第一次越冬隊)
川口啓史宗谷通信士
市丸和代志村真紀
スーザン・ネピアカトリーヌ
チャールス・アダムスバートン号艦長
浜森辰雄稚内市長
大谷進野口隊員(第一次越冬隊)
前島良行江藤隊員(第一次越冬隊)
佐山泰三隊員(第二次越冬隊)
野口貴史隊員(第二次越冬隊)
寺島達夫宗谷航海長
大江徹中村隊員(第一次越冬隊)
長谷川初範鶴田隊員(第一次越冬隊)
【解説】
 有名なタロ・ジロの実話を基に、南極の厳しい環境の中、15匹のカラフト犬の生への奮闘と南極観測隊員たちの姿をスケール感たっぷりに描く。フジテレビが本格的に映画製作に乗り出した最初の作品で、当時の興行成績を次々と塗り替える空前の大ヒットを記録した。出演は高倉健、渡瀬恒彦、夏目雅子。昭和33年2月、南極昭和基地での越冬隊の活動は、例年にない悪天候のため中止になり、犬係の潮田と越智の必死の要請も虚しく、越冬隊と行動を共にした15匹のカラフト犬は極寒の地に置き去りとなってしまう……。
<allcinema>
【関連作品】
南極物語(2006)ハリウッドリメイク
南極大陸(2011)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1282 6.83
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-09-26 20:12:24
南極観測隊は昭和基地に犬ぞりで向かうが悪天候の為、基地に到達する事が出来ず犬を置いて帰国する事になる。
置いてきぼりにされた犬たちは繋がれた鎖から抜け出し其々が生きていく為に活動するのだが・・・。

感動する邦画と言えば必ず出て来る程有名な作品。
犬を置いていくのは仕方ないとしても償いで犬の持主宅へ向かい罵倒されるのは致し方なし。
置き去りにされた犬が食べ物を探したり、窮地に陥った仲間を救ったり、その姿は感動を呼ぶ。
余り出番は無いが今は亡き夏目雅子やキュートな荻野目慶子の姿も目を惹く。
高校時代の鑑賞会が初見で面白かった為ヘラルド・ポニーのビデオでも鑑賞、凡そ30年振りにDVDで鑑賞したが画質も良くリミックスされた5.1chがヴァンゲリスの音楽を含め効果を発揮していた。

原案「南極越冬隊タロジロの真実」(北村奏一・小学館文庫・評価3・5)は貴重な南極での生活を詳細に描いている。
映画で描かれていた物語は創作でかなり脚色されているのが分かるが映画はあれで良かったと思われる。
投稿者:uptail投稿日:2013-07-27 11:06:22
演出:6
演技:6
脚本:6
音響:7
投稿者:リュウ投稿日:2013-06-22 08:43:18
【ネタバレ注意】

公開当時まだ子供だった頃に初めて映画館で観たのがこの映画でした。新聞屋経由で母親がチケットをゲットして兄と3人で行った記憶があります。大ヒットしてたし、同世代にはこの作品で「映画館デビュー」したなんて人多いかもですね。
初めて観た時はオーロラがきれいだった、犬が可哀相だったくらいしか印象なかったですが。。20年以上経った後に再鑑賞の機会がありました。
犬の記録映画的に撮られてますが、けっして犬が主役ではなく、関わった人間達の葛藤と苦悩について描かれています。日本で一番暑い時は南極の一番寒い時。体は日本にいながら南極に置いてきた自分自身の魂を取り戻しに行くような、その過程を追ったドキュメンタリーのようで観てて力がこもります。
殺伐で荒涼とした物語が、日本を代表する役者達の吹き込む熱い想いでだんだんと熱を帯び、極寒の厳しさと人間的な体温、その両者を併せ持ったそんな作品に仕上がってます。水風呂とサウナに交互に入るあの感じですね。w

そしてやっぱり夏目雅子、この作品の夏目雅子はとんでもないです。
「なめたらあかんぜよ!」もいいですが、この作品の祇園祭での「結婚してあげへんよ。」と、2度目に彼を送り出す時の「選ぶなり、ほかすなりしてちょうだい。」とゆうセリフが忘れられない。その言い方としぐさがこれまた・・惚れてまいます。
妖艶で可愛らしいセリフの中にも女としての器量の大きさを感じさせる事のできる稀有の女優です。とても少ない登場シーンなのにこの爪あと・・爪あととゆうより鷲づかみですね、この美しさは魔力です。本当に素晴らしい女優です。

投稿者:さち投稿日:2008-10-03 06:38:17
良かった
投稿者:ジーナ投稿日:2008-08-06 18:17:59
1983年にこれだけスケールの大きな作品が日本で作られた事に驚きます。
特に犬たちと極寒の闘いは過酷です。

演出が控えめなので地味さはありますが、繊細な心情描写、絶妙なタイミングで流れるあの音楽、南極側と日本側から描く構成とその対比は素晴らしい。
今観ても色あせない・・・とは言えませんが印象深い作品である事に間違いはありません。

犬たちの演技?に目を奪われがちですが、健サマや夏目雅子さんの存在も流石です。
やっぱり寡黙な男って素敵だわ〜♪

※犬が好きな方にはあまりにも辛い描写の連続なので、その点ではハリウッド版の方がライトでイイかもしれません。
投稿者:映画元気投稿日:2008-07-23 08:40:24
<元気コメント>
 人間の夢、好奇心を叶えてくれる極限の大自然に、直接触れてその謎をつかもうとする意欲、努力、気力に脱帽。http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/1/2006/07/post_dcba.html
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2006-05-09 08:56:36
とにかくヴァンゲリスの起用は大正解だったと思う。監督が彼のファンで、多忙なヴァンゲリスにラッシュプリントを観せたのが、炎のランナーで映画界の注目を集めていた世界的なミュージシャンが、世界配給とは縁遠い日本映画の音楽を引き受けるという奇跡に繋がった。本編もOPの南極の映像は音楽と相まって良かったし、実話だけあって素材自体は悪くないのだが、演出は中途半端で、タロとジロ以外の犬の死は、それを目撃した人が誰も居ない以上やらせに過ぎないのだから、実話ものとしての完成度は低い。史上最悪の映画「子猫物語」よりはマシだが。
投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2006-03-29 20:32:42
厳しい自然の中に置き去りにされた犬が次第に1匹ずつ息絶えながらも逞(たくま)しく生き抜く姿を描いた実話でした。寒さの中息絶える犬や湖に誤って落ちて溺死する犬、涙ぐむシーンが沢山ありましたがその分最後の2匹が生還して隊員とご対面するシーンは非常に涙腺に触れました。実話なので感動を狙ったと言う作品ではないですがお子様から大人まで皆涙するでしょう。また各々の自然描写のシーン(特にオーロラ)が非常に綺麗、音楽も自然描写に合って神秘的でマッチしていました。映像を盛り上げるのにより効果的でした。全体的に台詞が少ない映画でしたがその分お子様にも分かり易いでしょう。また、久々の夏目雅子さんの出演、お綺麗でした。
投稿者:ヨッシーyyysy投稿日:2006-03-21 22:37:03
先日何年か振りに観ましたが、強く生きて行こうとする犬たちの姿に感動しました。 また、言いたい事も言えずに犬を置き去り(?)にしてしまった人の苦悩もうまく描かれていたと思います。 子供達は初めて観て泣いていました。 映画には色々な見方がありますが、人と犬との関わりをうまく引き出していたと思います。
投稿者:BLADE投稿日:2006-03-18 23:55:09
弱肉強食の自然の厳しさをよく描いてると思うが、犬だけのシーンは
ドキュメンタリーに見える。人間のシーンと犬のシーンをそれぞれ
描くのは、あまりテンポが良くないと思う。そう考えると、リメイク版の
方が重くなくて面白いかなと思ってしまう。
投稿者:taro-chan投稿日:2006-02-22 16:29:00
昔、犬を置き去りにしたとき、日本は世界中から非難(攻撃)されました。
「犬たちを連れ帰って、かわりに人間を残してこい!」という意見が、世界中から寄せられました。今、アメリカで大ヒットと聞いて、感無量です。
投稿者:エゾハリス投稿日:2004-06-03 02:45:23
捨てられた犬達がアザラシに集団リンチ加えるシーン、
犬が海に落っこちて溺れジヌシーン等々。
なにやら生々しく見えるのですが、
あれはどうやって撮ってるんですかねぇ。
動物愛護云々を言うつもりはありませんが、
ホントに動物を犠牲にしてるんだとしたらその心意気に脱帽っす。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2003-06-17 16:49:23
これでよく大ヒットしたよなー、実際の
第一次南極探検隊は可也のドラマの素材と思うのだが、
こーゆーの「キタキツネにつままれる」て言うのか。。。
投稿者:ぶんた投稿日:2002-06-21 16:59:50
音楽の完成度の高さが、作品の出来の悪さを
一層引き立たせてしまった良い例。
犬達の演技だとか、運命だとか云々以前に
この演出力の駄目さ加減は、邦画では珍しくもないが、
いい加減にして欲しい。

ヴァンゲリスの音楽が秀逸。それだけ。
投稿者:ASH投稿日:2002-02-12 22:44:48
大作だし、力作だと思うけど、有名なヴァンゲリスのテーマ曲ぐらいしか印象に
残っていない。犬が好きな人にとってこれとか「ハチ公物語」は忘れ得ぬ傑作と
いえるかもしれないけれど、自分にとっては普通の映画でした。
南極ロケは、ご苦労様でしたって感じ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】南極物語2013/07/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】フジテレビ DVD THE LEGEND BOX <期間限定生産・6枚組>2001/11/21\23,800amazon.co.jpへ
 【DVD】南極物語2001/11/21\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】南極物語レンタル有り
 【VIDEO】南極物語レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION