allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

居酒屋兆治(1983)

メディア映画
上映時間125分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1983/11/12
ジャンルドラマ
高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX
参考価格:¥ 22,680
価格:¥ 16,580
USED価格:¥ 10,464
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:降旗康男
製作:田中壽一
製作補:佐々木健一
原作:山口瞳
脚本:大野靖子
撮影:木村大作
美術:村木与四郎
編集:鈴木晄
音楽:井上堯之
主題歌:高倉健
「時代おくれの酒場」
助監督:桃沢裕幸
出演:高倉健藤野英治
大原麗子神谷さよ
加藤登紀子藤野茂子
田中邦衛岩下義治
伊丹十三河原
平田満越智
左とん平神谷久太郎
小松政夫秋本
ちあきなおみ峰子
石野真子相場多佳
大滝秀治相場先生
佐藤慶吉野耕造
小林稔侍小関警部
あき竹城モツ屋
細野晴臣佐野
武田鉄矢アベック
中島唱子河原洋子
池部良堀江
山口瞳
山藤章二
東野英治郎松川
山谷初男有田
河原さぶ小寺
立石凉子秋本鈴子
三谷昇中村巡査部長
伊佐山ひろ子アベック
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1178 7.09
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2012-09-10 18:21:49
【ネタバレ注意】

高倉健→(元恋人・大原麗子、現嫁・加藤登紀子)
大原麗子→(元恋人・高倉健、現夫・左とん平)

そんなバカな?というか目をこすりたくなるほど造作に差がありすぎる配役。

裕福な結婚をしていて、子どももいる身で、
別れた男への未練を断ち切れないまま心の病(らしく)
家出を繰り返し、自宅の失火も放置、イタ電はかける、
家出して水商売、血ヘド吐いて死ぬまで呑んだくれる、
振り返ればいる(怖い!)

哀れとか可哀想な女というより、
あっぱれなまでの破滅型ヒロインだった。

数々の痛いコトをしでかしてくれても、
こっちがマイルドな気持ちで観ていられるのは、
演じているのが、当時の絶対的美女・大原麗子だからである。
その一言につきるだろうなぁ。。

別れた女が、いまだに自分のことを想ってくれていたら、、、って
男の密かな願望というか妄想が、ポンとお皿に乗って出されたような映画。

なので大原麗子が高倉健への恋慕でボロボロになればなるほど、
それによって寡黙な高倉健が心を痛めば痛めるほど、
ダークな男心がくすぐられて困っちゃうけど良いわ良いわ♪といった塩梅。

現・配偶者たちがとんでもなく良い人だったり理解があったりと、
なんだか主軸の顛末はえらく現実離れしている印象しかない。

そんなドリーミーな内容を、健さんが不器用な男演技で手堅くフォロー。

正直どうかと思うような内容でも、そこにたたずんでいるだけで、
人生のほろ苦さまで感じさせてくれる空気をまとった俳優ってほんと貴重。
(つまりいつもの健さん映画なんだけどそれでいいじゃん)
歌まで歌ってくれてありがとう。
歌詞がまた2時間余の映画のテーマを数分に要約しているすぐれものだ。

脇役陣はさすが東宝、充実の顔揃え。
こちらのサービスてんこ盛りぶりは見ていて楽しかった。

投稿者:流氷一滴投稿日:2006-10-09 14:26:03
【ネタバレ注意】

「高倉健」「居酒屋」「北海道(函館)」とくれば、我慢に我慢を重ねた主人公が相手のあまりの理不尽なやり方に抑えきれなくなり、「喧嘩」「出入り」となるのが相場である。確かに「そのような場面」はあったが、それは主題ではない。

兆治(高倉健)には初恋の相手さよ(大原麗子)がいた。お互い今は家庭を持つ身であるのだが、さよはどうしても兆治のことが忘れられない。
嫁いだ先の農場の火事がもとで家出をし、生活はどんどんすさんでいく。ときおり兆治のもとにかかってくる無言電話。しかし、兆治はなすすべもない。

はっきりいって暗い話である。結末もハッピーエンドではない。出演する俳優はみなうまいのだが、ストーリーがストーリーなので、いまいち共感できなかった。

後ほど知った話であるが、原作は山口瞳であって、監督の降旗康男はできるだけ忠実に映画化したそうである。
あのユーモアとウイットに富んだ山口瞳がこんなに悲しい小説を書いていたとは・・・
本当に驚いた。

【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】居酒屋兆治レンタル有り
 【VIDEO】居酒屋兆治レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION