allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

廃市(1984)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(ATG)
初公開年月1984/01/02
ジャンルドラマ
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 2,700
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:大林宣彦
製作:佐々木史朗
大林恭子
島田親一
企画:大林宣彦
桂千穂
内藤誠
プロデューサー:森岡道夫
多賀祥介
大林宣彦
原作:福永武彦
(『廃市』)
脚本:桂千穂
内藤誠
美術監督:薩谷和夫
撮影監督:阪本善尚
編集:大林宣彦
作曲:大林宣彦
編曲:宮崎尚志
助監督:内藤忠司
出演:小林聡美貝原安子
山下規介江口
根岸季衣貝原郁代
峰岸徹貝原直之
入江若葉
尾美としのり三郎
林成年弁慶
入江たか子貝原志乃
【解説】
 古い歴史を持つ運河の町のある旧家を舞台に、そこを訪れた青年の一夏の出来事を描く。ある日、歴史のある運河の町が火事で焼けたことをニュースで知った江口は、10数年前に大学の卒論執筆のためにこの町を訪れたときのことを思い出す。親戚から紹介された一軒の旧家に泊り込んだ大学生の江口。まだ少女の面影を残す妹の安子。夫がいながら家を出て寺に住み込む姉の郁代……。小林聡美がデビュー作の「転校生」とは一転、正統派美少女を演じているのもみどころ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
220 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-01-20 18:24:32
学生の頃、愛読書だった福永武彦原作、
尾道三部作でファンになった大林作品。
ということで期待しましたが、あまり
ムードに浸ることはできませんでした。
十分に時間と構想を練る余裕がなかったのでは。
登場人物にも魅力が感じられませんでした。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-07-20 11:28:45
17分でリタイア。だいぶ前に聴いたラジオドラマの方が雰囲気があった。低予算だから仕方無いが、それなりに活気のありそうな制作当時の柳川で「生きていながら死んだような町」を表現するのは無理があったと思う。焼失して今は無いというのをバラすのも変だし、小林聡美もミスキャスト。入江たか子は存在感があった。

追記 08-11-5(水)
今日初めて全部通して観たが、感想は前回と殆ど変わらず。終盤の誰と誰が好きだったかの会話がくどかった事を書き足して置きます。
投稿者:カトウスタール投稿日:2002-01-14 03:45:15
 ほとんど観ている大林作品だが,彼の映画はときおり客を置いていってしまうのが寂しく,そこが好きだと言い切れないところではある(コアなファンも多いので批判もしにくいし)。そんな中で,私の大林作品ベストワンは今のところ『廃市』。主役はまずいが16mmでオーソドックスに撮られたこの作品には派手な効果もいかにもなギミックもなく,Y市の町並がゆるやかに廃れてゆくさまを美しく密やかに見せている。そしてこの町に住む人々が町と共に朽ちながらも,それを受け容れつつ淡々と日常を過ごしているのが,粋がっていた頃の私には堪らなくせつなかった。
 恥ずかしいことだが,私が福永武彦の名を初めて知ったのもこの映画だった。後で読んだ原作も映画と同じくらい気に入ったが映画のラストは大林調にアレンジされていて,そこに彼のロマンチシズムを見ることができる。

 しばらく経ってから『柳川堀割物語』を観たら,なんだか元気いっぱいの町のように撮られていて面食らってしまった。住んでる方からすれば勝手なイメージは不快だろうけれども,訪ねるなら『廃市』の方のY市に行きたいと私は思う。
【レンタル】
 【DVD】廃市 デラックス版レンタル有り
 【VIDEO】廃市レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION