allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984)

メディア映画 Anime
上映時間98分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1984/03/17
ジャンルファミリー/アドベンチャー
DORAEMON THE MOVIE BOX 1980-1988【映画ドラえもん30周年記念・初回限定生産商品】 [DVD]
参考価格:¥ 19,800
価格:¥ 79,800
USED価格:¥ 22,629
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:芝山努
監修:楠部大吉郎
プロデューサー:別紙壮一
菅野哲夫
原作:藤子不二雄
脚本:藤子不二雄
作画監督:富永貞義
美術監督:沼井信朗
撮影監督:高橋明彦
編集:井上和夫
音楽:菊池俊輔
レイアウト:本多敏行
声の出演:大山のぶ代ドラえもん
小原乃梨子のび太
野村道子しずか
肝付兼太スネ夫
たてかべ和也ジャイアン
加藤正之パパ
千々松幸子ママ
中村正満月博士
小山茉美美夜子
横沢啓子ドラミ
白川澄子出来杉
田中亮一先生
青木和代ジャイアンのママ
上田敏也メデューサ
仁内達之悪魔隊長
千葉繁使い魔
若山弦蔵若山弦蔵
【解説】
 脚本は原作者の藤子・F・不二雄。監督、芝山努。主題歌「風のマジカル」を小泉今日子が歌った。魔法が使えたらいいな、と考えたのび太。ひみつ道具の“もしもボックス”で現実の世界を魔法の世界に変えてしまう。だが、そこでものび太は落ちこぼれ。そのうえ、元の世界に戻そうと思ったのにママがもしもボックスを捨ててしまって戻せなくなる。そんなある日、ドラえもんたちは魔法研究家の満月先生と娘の美夜子に出会い、のび太がこの世界を魔法の世界にしてしまったために、魔物たちが棲む“魔界”が地球に接近していると知らされる。ドラえもんたちは魔界の大魔王の急所である心臓に銀のダーツを打ち込んで、地球侵略を阻止しようとするが、大魔王には効かず、逆に美夜子を捕らえられてしまう。ドラえもんたちはこうなったらタイムマシンで過去に戻って、のび太にもしもボックスを使うのをやめさせようと考えるが、のび太たちの世界は元に戻っても、魔法の世界の出来事はそのまま続いていて…!?
<allcinema>
【関連作品】
忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ(1984)同時上映
ドラえもん[旧](1973)旧TVシリーズ
ドラえもん(1979〜2005)新TVシリーズ
ドラえもん のび太の恐竜(1980)映画版第1作
ドラえもん のび太の宇宙開拓史(1981)映画版第2作
ドラえもん のび太の大魔境(1982)映画版第3作
ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983)映画版第4作
ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984)映画版第5作
ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトル・スターウォーズ)(1985)映画版第6作
ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986)映画版第7作
ドラえもん のび太と竜の騎士(1987)映画版第8作
ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988)映画版第9作
ドラえもん のび太の日本誕生(1989)映画版第10作
ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)(1990)映画版第11作
ドラえもん のび太のドラビアンナイト(1991)映画版第12作
ドラえもん のび太と雲の王国(1992)映画版第13作
ドラえもん のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)(1993)映画版第14作
ドラえもん のび太と夢幻三剣士(1994)映画版第15作
ドラえもん のび太の創世日記(1995)映画版第16作
ドラえもん のび太と銀河超特急(エクスプレス)(1996)映画版第17作
ドラえもん のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記(1997)映画版第18作
ドラえもん のび太の南海大冒険(1998)映画版第19作
ドラえもん のび太の宇宙漂流記(1999)映画版第20作
ドラえもん のび太の太陽王伝説(2000)映画版第21作
ドラえもん のび太と翼の勇者たち(2001)映画版第22作
ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)(2002)映画版第23作
ドラえもん のび太とふしぎ風使い(2003)映画版第24作
ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004)映画版第25作
ドラえもん(2005〜)TVシリーズ
映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006)映画版第1作
映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険〜7人の魔法使い〜(2007)映画版第2作
映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝(2008)映画版第3作
映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史(2009)映画版第4作
映画ドラえもん のび太の人魚大海戦(2010)映画版第5作
映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜(2011)映画版第6作
映画ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜(2012)映画版第7作
映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)(2013)映画版第8作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-09-06 17:50:08
【ネタバレ注意】

序盤で石化したのび太とドラえもんを出して後半で種明かしをしたり、思わぬ所でエンドマークを出したりするなど、構成の面白さが印象に残った。魔王の心臓星に銀のダーツを放つ時に、魔王の「バカめ!そんな小さなダーツでわしの心臓を貫けるか!」の台詞があれば、ドラミちゃんのビッグライトで笑いが起きたと思う。美夜子のコスチュームといい、しずかちゃんのパンチラといい、藤本先生は宮崎御大と並ぶアニメ界(こちらは漫画原作者)のロリコン巨匠だね。

投稿者:こじか投稿日:2010-12-06 00:51:22
【ネタバレ注意】

劇場版ドラえもん第5作目。
小学6年生以来の鑑賞。前半から何や不気味な展開で子ども心に
とても恐かった記憶があるのですが、今観てもこれは健在。
ドラえもん映画史上出色の出来栄えです。随所に捻られたシナリオの良さ◎。
もしもボックス直後に魔法が使えない(と思わせる)など巧みな展開。
のび太がいう「魔法が使えればいいのに」はまさに子どもの夢であり、
現れた魔法の世界登場シーンは目を見張るほど鮮烈。
魔法の絨毯に乗って"いつもの空"を優雅に飛び交う人々の描写に見惚れてしまいました。
さらにここから加速度的な面白さで、この世界では魔法が学校で学ぶ必修科目であり、
科学は魔法に置き換えて設定。この世界を作り上げた主であるはずの
のび太が"お約束"的に上手くいかない魔法で先生に怒られたり、
さらには魔法の絨毯や水晶玉がテレビCMで流れるという
バーホーベンのSF映画も真っ青の風俗描写など冴え渡ってます。
作品の軸である科学=魔法という構図を基に、
こっちの世界では科学が迷信という深い設定も面白い。
全体で言うと特に前半、6人が集結したところまでは完璧な出来でした。
後半はなんと言ってもタランティーノばりの時間軸の反復。
この石像に絡むシークエンスは子どもだけでは勿体無いほど上手い。
ただやはりドラミが登場してからはあまりに展開がスムーズ過ぎて、
物語の勢いが空回りしたかな。う〜もったいない。
しかし全体に「大魔境」並みにギャグも優れ、台詞もユニークで
とても楽しい作品でした。シリーズ中かなり上位(1〜3)ではないでしょうか。
しずかちゃんのスカート(とその下)に絡むネタも笑わせすぎ。
やはり今回もシャワーシーンがなかったからでしょう…(笑)。
「ちんからほいッ」

投稿者:けっけこ投稿日:2006-04-15 19:56:50
これはストーリーが凝ってて非常に良かったです。魔法世界の活劇で、他の作品のようなストレートな感動シーンは少ないけど、エンタメという要素ではこれが一番ではないかな。石化したコンビ、亜空間を追っかけてくるメデューサ、魔王とか、世界観は相当なものだね、。美代子さんは可愛い。サブヒロインで一番いいでしょう!ついでリルル
投稿者:HAR投稿日:2006-02-16 08:09:11
小さい頃に見た時は本当に怖かったのを覚えています。
そして何より登場人物の美夜子さんは僕の初恋の人です。w
投稿者:カイユカ投稿日:2005-10-10 01:59:36
【ネタバレ注意】

これは私の中でドラえもん映画の1〜3位に入る作品。
まず何が良いかって言うと、とにかく怖い!
ドラ&ノビが石にされるのが怖い、美代子(漢字うろ覚え)さんが悪魔に追われているのを結界で守ってくれるところも見つかりそうで怖い、悪魔が怖い、メデューサのビジュアルがとにかく怖い(特に机から出てくるところ)、何よりも魔界が最初から最後まで怖い怖い、魔界のハイエナも相当怖い・・・言ったらもうきりが無い。
最近のドラえもん映画はドラとの友情・みんなとの友情・新しい友との友情・・・とにかく友情。感動できる映画となっている。
しかしこの映画には今の映画にはないハラハラドキドキがある!!!
ドラ映画でハラハラドキドキを感じられるのはやはりこの作品だろう。

投稿者:かっこう投稿日:2003-11-25 00:46:25
【ネタバレ注意】

大長編ドラえもんの中でも最も好きな作品です。
時間関係の設定が凝っていてあっと驚かされますし、非常に怖いです。
途中、ドラミちゃんのもしもボックスで全てを解決しようとするシーンに出てくるドラえもんのロゴと音楽には笑いました。kas@mb2.seikyou.ne.jp

【サウンド】
『風のマジカル』(主題歌)
作詞 :湯川れい子
作曲 :NOBODY
歌 :小泉今日子
編曲 :鷺巣詩郎
【レンタル】
 【DVD】映画 ドラえもん のび太の魔界大冒険レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION