allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チーちゃんごめんね(1984)

メディア映画
上映時間101分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1984/05/19
ジャンルドラマ

【クレジット】
監督:西河克己
製作:木下茂三郎
プロデューサー:古屋正博
中沢敏明
原作:成田敦子
脚本:井手俊郎
鈴木雅子
撮影:鈴木耕一
美術:佐谷晃能
編集:西村豊治
音楽:甲斐正人
助監督:岩下輝幸
出演:秋吉久美子成田あつ子
勝野洋成田康彦
浅川菜月成田知菜子
佐々木すみ江成田佳代
浅茅陽子鎌田圭子
伊藤克信吉岡
真理明美中島道子
藤木悠村上医師
広岡瞬長谷川医師
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2012-04-14 11:14:46
秋吉久美子主演の実話ドラマ。
深夜DJとして人気のあった主人公が、ある日乳がんであることが分かり、一度は絶望の淵に立たされるが、やがて家族や親友に励まされ最後まで明るく生きていく・・・といった定番のストーリーだが、こういう作品の場合、主人公と周囲の人たちとの強い愛情が感動を与えるわけだが、秋吉久美子はまったくそれが表現しきれていない。特にタイトルになっている娘や夫との愛情表現が稚拙で、これでは作品そのものが成立していないのだ。むしろ友人役の浅茅陽子と主役を交代した方がより原作に近かったのではないだろうか。
しかしそれでは客は呼べないだろう。それだけ秋吉久美子のキュートさは圧倒的だ。彼女に映画のシナリオは関係ないのである。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-11-25 22:00:03
小学生の頃にゴールデン洋画劇場で観た記憶があるので、チャンネルNECOで改めて観賞。当時秋吉久美子という女優は知らなかったが、主役の女性がラジオDJで夜のシーンが多かったのと、彼女が人込みで倒れる所と、ラストの台詞は憶えていた。話自体は淡々とした運びで、成田敦子という女性がいい母親であったかは観る側に委る物になっていた。この位の自分勝手な人間は珍しく無いと思うが。
投稿者:joker-die投稿日:2010-03-14 18:26:58
ビデオも買ってみてたんだけど
家からデッキが消えて捨てちまったな〜
もう一回みたいな

タイトルの台詞のシーンを
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-03 16:15:23
秋吉久美子
【レンタル】
 【VIDEO】チーちゃんごめんねレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION