allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

瀬戸内少年野球団(1984)

メディア映画
上映時間143分
製作国日本
公開情報劇場公開(日本ヘラルド)
初公開年月1984/06/23
ジャンルドラマ
瀬戸内三部作メモリアルDVDBOX
USED価格:¥ 9,800
amazon.co.jpへ

【解説】
 作詞家・阿久悠の自身の郷里・淡路島での少年時代をつづった同名小説を篠田正浩監督が映画化。敗戦直後の淡路島を舞台に、初めてする野球に夢中になっていく少年たちと戦争の影を引きずる大人たちの姿をノスタルジックに描く。昭和20年9月。淡路島の国民学校。敗戦によって、この学校でも軍国教育から民主主義教育に変わり、子どもたちにも少なからず戸惑いが生じる。5年男組の担任の駒子先生(夏目)は新婚直後に夫・正夫(郷)が戦死、嫁ぎ先の家に留まるべきか悩んでいたが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
642 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-05-09 11:33:28
【ネタバレ注意】

淡路島を舞台に、敗戦間もない時期の混乱と希望を描いた阿久悠の原作は、彼が40代になって著したものだった。その時点では、決して古い時代の物語ではなく、同世代に多くの共感を得たに違いない。
子どもたち、というより、時代に翻弄された大人たちが実は主人公だ。従順で素朴な駐在、男にだらしない艶っぽい理髪店の女店主、都会的な娘を連れて来る海軍元提督、そして夫が戦死したと噂される美しい女教師。
進駐軍を恐れていた大人たちは、実際に迎え入れると今度は阿諛追従に精を出し、子どもたちも菓子を求めてジープを追う。派手になって淡路島に戻ったバラケツの兄は、怪しげな商売に手を出したのか首をくくる。
ここに描かれる「野球」は希望の象徴だろう。劇中何度となく出てくる「新日本」は、米兵との野球の交流を通してもたらされると信じているかのようだ。
とはいえ、物語としてはエピソードをあれこれ盛り込みすぎている感は否めない。その結果、核となるシーンが散漫となり、力を削がれているようにみえる。ただ、敗戦後数年の世の中の動きはことほど左様に急激だった、ということでもあっただろう。昨日笑っていた者が地獄に落ち、一方で絶望していた者に光が差す、というような。
そう考えると、私はこの作品を全否定できない。

夏目雅子の遺作としても知られるこの作品。溌剌とした彼女の姿態から夭折の兆しは予感できない。黒目がちな瞳は印象的で、彼女と、美少女役の佐倉しおりがこの作品のほのかなエロスの部分を担っている。
語り手を担った子役の山内圭哉は、30年後異色の脇役として活躍している。映画デビュー作となった渡辺謙のその後はいうまでもなく。
映画作品としては必ずしも傑作とはいえないが、邦画不作の1980年代を振り返る時に看過できない作品だと思う。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-11-01 02:44:32
散漫な出来だった。あらゆるエピソードを一定の距離置いて描くと、古い評論家どもは褒めるんだよな。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-01-05 16:09:01
なげぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜わ。
投稿者:さち投稿日:2012-04-22 07:19:19
よか
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-04-19 17:42:18
少年たちの熱気のようなものが感じられないのが残念。これが致命傷と思う。また少年野球チーム誕生までの展開が冗長すぎる。確かに美しい駒子先生だったが、これが夏目雅子の代表作というには作品自体は残念だが精彩を欠いている。
投稿者:fuji3776投稿日:2010-05-03 14:55:59
郷ひろみ・夏目雅子、アイドル映画で2/10点。
監督、そーいや−、いい映画を撮ってた時期もありました。
投稿者:オネエ投稿日:2009-09-07 16:42:10
あたし原則として、クサすってこと、あんまりしたくないのよ。やっぱり、創るってことは大変なことだからさ。いろんなスタッフの思いも入っているでしょうしね。

でも篠田正浩さんって、やっぱり間違って映画監督になったんだと思うのよ。悪いけど、物書きをやっていた方が良かったんじゃないかしら、と思うわ。
とにかく、映画の文法については、まったく解ってないし、センスゼロよ。

で、何がヒドイのかって分析してみたんだけど、この人、ディーテイルということが解ってないのね。映画はディーテイルの積み重ね。でもそれは、隅々にさりげなく宿しておけばいいのよ。それが結果的に作品を厚くするの。でもこの人は、それができないの。

たとえば、辞書のページを破いて、紙巻たばこを作るシーンがあるんだけど。この時代のエピソードを活写したいという気持ちは解るわよ。でも、それをクロースアップで撮っちゃダメなのよ。こんなのは芝居の中でさりげなくやらせとけばいいこと。だけど、篠田監督はこれをアップを撮っちゃうの。なんでも一品主義なのね。積み重ねってことができないの。

だから、会話のシーンになると、今度は会話だけを中途半端なサイズで撮っているだけで、なんの工夫もないの。あーつまんない。こうやって一品主義をつないでいくから、その分冗長になるし、構成は破綻するし‥‥。タイトルが『瀬戸内少年野球団』なのに、夏目雅子がやっとグラブを持つシーンが出てきたのは、始まってなんと27分めよ。あり得ないわよ。長くても最初の15分以内に野球をからませなきゃ。

あたし、こりゃもうダメだと思ったのは、夏目雅子がブラジャーしていること。ブラウスから透けて見えるの。ワコールが国産ブラジャー第1号を発売したのは昭和24年よ。昭和20年にあるわけないじゃないのよ。黒澤明だったら、きっと激怒したと思うわ。衣裳さんをとっちめたと思う。こういうところに、ディーテイルが解ってないっていう、底の浅さが出ちゃうのよね。
投稿者:pumpkin投稿日:2009-08-28 12:09:44
登場人物の服装がぱりっとしすぎているのが難点ですが、全体とすれば傑作です。
見所は多々ありますが、やはりこれが遺作となった夏目雅子さんの演技でしょう。
どこも良いですが、夫と再会する金刀比羅宮の長回しから顔のアップになるシーンは彼女が素晴らしい女優だったことをあらためて感じさせます。
彼女が生きていれば、違った続編が作られたのではないでしょうか。
投稿者:o.o投稿日:2009-03-30 01:18:15
さすがに昭和も五十九年の映画になると、戦後直後を舞台にしていても、どこかバーチャルな感じが漂ってしまうのは否めません。物語の内容や風俗の描写とは全然関係なく、ここには「昭和の暗さ」がありません。それに触れたければ、本当の戦後の映画を見ろということなのでしょうが。

この映画は構成が良くないのではないでしょうか。読んでないのに言うのも何ですが、原作の内容をただぎゅっと縮めて 2 時間 23 分の枠に押し込んでいるように見えます。そのため、焦点が絞られないままエピソードがずらっと並列に並べられている感じがします。せっかく題名が「野球団」なのだから、もっとそれを中心にして再構成するべきだと思いました。原作と違ってもよい、というか、違わなければ映画にする意味がない位に考えています。

元戦艦長門提督を演じた伊丹十三は異彩を放っていました。放ってはいましたが、ちょっと現実離れした仮想世界の住人という気もしないではありません。謎の復員兵がマスクを取った時には、「おお、ヒロミ・ゴー」と驚いてしまいましたが、凛としてかっこよかったと思います。かっこよすぎるという気もしましたが。夏目雅子、渡辺謙、岩下志麻 (色っぽい!) も良かったと思います。大滝秀治もうまいと思うけど、毎度おなじみという感じです。

「昭和の暗さ」が懐かしいです。この暗さは、必ずしもネガティブなものではないし、と言って、手放しで歓迎できるものでもなく、しかしやはり強烈に心引かれてしまうものです。単に悲惨な事件があればよいという訳ではないし、貧困があればよいという訳でもなさそうです。では何か、と問われると困ってしまうのですが。
投稿者:taisu-k投稿日:2009-02-18 17:15:49
淡路島の野球少年、は浮いてますね。一瞬、昔の野球シーンが出てきますが、思いっきりあの髪形で帽子かぶってますもん。丸刈りでしょう。特に戦前は。でも全体的には脚本がよくて、面白かったです。バラケツくんがよかった。最後にみんな見送りに行けばいいのに、英語の授業で「あい、あむ、あん、あめりかんぼーい」って、ちょっと普通言わない英語使っているのがおもしろかった。

それにしてもオールスターキャストですよね。今でも。伊丹十三とか夏目雅子とか、ほんと惜しい人を亡くしたよなー。
投稿者:irony投稿日:2008-10-20 18:40:34
少年少女の会話が仄かにエロい シンスケの死に方がチョロとかぶるねぇ それにしても大滝秀治さんは、今も昔も変わらないねぇ(笑) 
投稿者:かっこう投稿日:2006-02-06 02:36:19
戦後、激動の時代を坦々とユーモラスに描いた様子が面白い。
床屋の女のエピソードが特に面白かった。
投稿者:gohandesuyo投稿日:2002-12-22 17:05:22
あい、あむ、あん、あめりかんぼうい・・
これがぼく達の姿やな。
タイトルはマッカーサーの子供達の方がふさわしい。
日本男児は夏目雅子の遺言を心に刻め。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-01-12 03:32:59
 面白くない。例えば、佐倉しおりさえもっとちゃんと演出していてくれれば、かなり救いになったろうに。しかし何と云っても、野球が描けていないのが一番いけないと思う。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 撮影賞宮川一夫 
 ■ 新人俳優賞佐倉しおり 
■ 作品賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】瀬戸内三部作メモリアルDVD-BOX2007/09/05\12,800amazon.co.jpへ
 【DVD】瀬戸内三部作メモリアルDVD-BOX2003/12/17\12,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】瀬戸内少年野球団レンタル有り
 【VIDEO】瀬戸内少年野球団レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION