allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

北の螢(1984)

メディア映画
上映時間125分
製作国日本
初公開年月1984/09/01
ジャンルドラマ

【解説】
 北海道開拓時代の過酷な労働に従事した囚人たちとその上官、彼らを取り巻く女たちの愛憎劇。監督は五社英雄、脚本は高田宏治、撮影は森田富士郎がそれぞれ担当した。阿久悠がスーパーバイザーとして参加している。
 明治16年、北海道開拓における道路建設のために囚人たちによる強制労働が行われており、石狩平野の樺戸集治監(刑務所)では、鬼の典獄と言われた月潟が采配を振るっていた。そこへ、ゆうという女が現れる。月潟は国の役人の視察の際に賄賂を送り、ゆうを慰みに遣わせた。その見返りとしてゆうが要求したことは、服役中の愛人・男鹿孝之進の赦免であった。男鹿は接見に来たゆうに、月潟を殺すように命じる。数日後、男鹿は刺客に襲われて重傷を負ってしまうのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
429 7.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:垣見五郎兵衛投稿日:2004-12-09 10:29:55
仲代達矢 岩下志麻 夏木マリ に露木茂とよくここまで、芸達者な個性の強い演技者を集めました。あの仲代達也の狂人的演技が注目されます。しかし、後半からの雪中の逃亡行軍は、いささかさえなかった。特に露木茂が生かされていなかったのが残念だった。大好きな「山さん」には、もっともっと頑張っていただきたい。彼にあった役をお願いします。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】北の螢2011/11/01\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】北の螢 <期間限定生産>2010/06/01\3,000amazon.co.jpへ
 【DVD】北の螢2007/05/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】北の螢レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION