allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夜叉(1985)

メディア映画
上映時間128分
製作国日本
初公開年月1985/08/31
ジャンルドラマ
高倉健 Blu-ray COLLECTION BOX
参考価格:¥ 22,680
価格:¥ 16,599
USED価格:¥ 16,000
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:降旗康男
プロデューサー:島谷能成
市古聖智
脚本:中村努
撮影:木村大作
美術:今村力
編集:鈴木晄
音楽:佐藤允彦
トゥーツ・シールマンス
主題歌:ナンシー・ウィルソン
助監督:一倉淳一
出演:高倉健修治
いしだあゆみ冬子
乙羽信子うめ
田中裕子螢子
ビートたけし矢島
田中邦衛啓太
あき竹城とら
奈良岡朋子塙松子
小林稔侍トシオ
大滝秀治親爺
檀ふみ夏子
寺田農組員
下絛正巳ミナミの組長
真梨邑ケイクラブの歌手
【解説】
 ある港町を舞台に、漁師として生きる男の隠された壮絶な過去、縺れた愛を描く。監督は「魔の刻」の降旗康男、脚本は中村努が務めた。撮影を担当した木村大作のカメラワークにも注目。
 大阪ミナミで「人斬り夜叉」の異名を取った修治が暮らすのは、若狭湾に面した小さな港町。15年前のしがらみを忘れさせるほど、妻や子らと静かな生活を送っていた。ある冬、ミナミから螢子という女がやってきて、居酒屋を始める。美しい螢子を目当てに男達は店に集うが、螢子にはヒモ同然の矢島という男がいた。矢島は漁師たちに覚醒剤を唆し始める。薬を処分した螢子に逆上した矢島を止めようとして、背に傷を負う修治。隠し続けてきた、かつての修羅の痕跡でもある夜叉の彫り物が露わとなり、修治の過去が知れ渡ってしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
541 8.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-06-24 17:51:06
猫も逃げる包丁男。
投稿者:黒美君彦投稿日:2016-06-21 12:15:02
【ネタバレ注意】

高倉健には荒れ狂う海と雪、風、そして港町がよく似合う。その効果を最大限に引き出す木村大作のカメラが見事。
望遠を多用し、風景のなかの人物を切り取ることで、若狭の厳しい冬と卑小な人間が対照的に浮かび上がる。
「夜叉の修治」として名を売った元ヤクザの修治(高倉健)と、彼に漁師になることを決意させた妻冬子(いしだあゆみ)。そこに螢子(田中裕子)という大阪・ミナミから来た女が、港町に居酒屋「螢」を出す。そして彼女を追うようにやって来た矢島(ビートたけし)が覚醒剤を持ち込み、町は変わっていく…。
矢島に斬りつけられ、背中一面に彫られた「夜叉」の刺青が現れるシーンはなかなかゾクッとさせる(よく見ると若干コミック調なのだが…笑)。
冬子の母うめを演じた乙羽信子の台詞がなかなか鋭く、その後の修治の行動を示唆している。
「…夜叉は背中にあるんじゃない、アイツの心にあるんだ」
同じ“ミナミ”の「斬った張った」の匂いを感じとって、修治の心がざわめき始める。忘れかけていたヤクザの意識が甦り、螢子と関係してしまう修治。部屋で鏡を巧みに使い、窓の向こうに激しい雪、刺青を見せつつ情事のあとのけだるい空気を描くシーンは見事。

とはいいつつ、螢子の愛人である矢島を救い出すために、単身ミナミに乗り込む修治、というのはやはり共感を生まない。
螢子のためなのか、単にミナミでもう一度暴れたかったのか。背中の夜叉にそそのかされたのか…。
結局矢島を殺されてしまい、「すまん」のひと言ですませてしまう修治(笑)。おいおい。
中盤まで情感に溢れていていい感じだったのに、終盤で一気に失速していることは否定しがたい。そこがこの作品の惜しいところだ。

けれど役者たちはみないい。高倉健は相変わらず「昭和の男」を巧演しているし、健気ないしだあゆみもいい。田中裕子も超美人というわけではないのに、幸薄そうな艶っぽさが和服によく似合う。ビートたけしは鬼気迫る演技でさすが(それにしてもシャブ中毒で刃物を振り回して警察沙汰にならない、というのはいくら田舎でもあり得ないと思うが)。
脇役ではミナミの姐さんの奈良岡朋子が出色だ。優しく厳しく修治を諌める姐御の迫力を見事に体現していた。

風景は本当に美しい。福井県美浜町周辺がロケ地だろうが、日本海の冬の海の厳しさがこの作品の真の主人公といってもいいかも知れない。
同じ降旗監督の『駅〜Station』(1981年)の完成度には届かないが、当時54歳の高倉健の男くささが切りとられている作品ではある。

投稿者:pumpkin投稿日:2015-11-11 20:47:42
いしだあゆみと田中裕子の対決は、いしだの勝ちと見ます。
田中は若い頃から抜群にうまい(というより、当時は今と少し違って切れ味鋭い)演技をしましたが、いかにもまだ幼なすぎます。
この手の役柄を得意としていたいしだには敵いません。
投稿者:DEVILWING投稿日:2015-01-12 00:05:56
刺青ってもんは覚悟して入れるもの。小学生の宿題見たいに、消しゴムでおいそれと消えはしない。

そんなことは解っている。気持ちの中に、背負うものが墨かもしれない。

小学校の時、水泳訓練だったかで行った京都府北部の宿で悪ふざけするガキどもがオニ的な存在として「夜叉」と盛んに言っていた。自分はその一人だった。ちょうど封切りの頃だったのだろう。

今見れば、ビートたけし(非「北野武」)が禁断症状で暴れるシーン。
包丁の持ち方が料理人じゃねえか!
と、突っ込ましていただきたい。

田中裕子がきれいなのか、そうでないのか判らない不思議な女性をいつものように演じている。

※タイ旅行でおなじみの「ヤック」は夜叉の事である。
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-21 00:55:00
健さんはいつもの健さんで見とれてしまいますが、
ビートたけしが俳優として本格的に
活躍し始めた作品として記憶にあります。
当時ラジオでこの作品のことにも触れ、
健さんを賞賛していたのを憶えています。
健さんに切りつけ夜叉の彫り物があらわれる場面が
とてもインパクトがありますが、
田中邦衛さんに覚醒剤を売る場面とかも良かったですね。
投稿者:inamura投稿日:2006-03-10 21:38:57
【ネタバレ注意】

何かすっきりしないまま終わってしまった感がありますね、ストーリー的には。
ただ、たけしが包丁振り回して健さんの服を切ってしまうシーン。そして背中の夜叉がばれてしまうシーンはものすごい緊張感が映像から感じられました。

投稿者:herbie投稿日:2005-06-23 00:53:51
【ネタバレ注意】

豪華な出演者達の割りに話題になっていない映画。
高倉健なのに一本気でないフラフラした態度、共感出来にくい。
個々の俳優たちは名演技と思うが、ストーリーに難があるかも。
例えば
「自分は今は漁師ですから極道の世界(ミナミ)には行きません。」
「自分は家族がありますから裏切る事は出来ません。」
あるいは「自分は結局やはりミナミの男ですから…。」
になるなら解るが、ミナミに未練はあるわ、飲み屋の女と浮気はするわ、
ミナミに行って結局帰って来てまた漁師やってるわ、ではちょっと…。

音楽はトゥーツ・シールマンスのハーモニカ演奏がたっぷり聞ける。
しかし待てよ、この音楽ってS・マックィーンの「ゲッタウェイ」?
と思わせる事しばしば。

製作者サイドの狙いは、そこかも。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演男優賞ビートたけし 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】高倉 健 Blu-ray COLLECTION BOX2012/08/22\21,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】夜叉2012/08/22\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】夜叉 <東宝DVD名作セレクション>2015/02/18\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】夜叉 <期間限定プライス版>2014/02/07\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】高倉 健 DVD-BOX2005/01/21\29,600amazon.co.jpへ
 【DVD】夜叉2005/01/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】夜叉レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION