allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

犬死にせしもの(1986)

メディア映画
上映時間103分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1986/04/19
ジャンルアクション/ドラマ
犬死せしもの [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,982
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:井筒和幸
製作:山本洋
溝口勝美
宮坂進
企画:細越省吾
プロデューサー:山本勉
原作:西村望
「犬死にせしものの墓碑名」
脚本:井筒和幸
西岡琢也
撮影:藤井秀男
美術:下石坂成典
編集:谷口登司夫
音楽:武川雅寛
音楽プロデューサ
ー:
三浦光紀
助監督:大谷康之
出演:真田広之重左
佐藤浩市鬼圧
安田成美洋子
堀弘一伝次郎
平田満岩テコ
蟹江敬三火つけ柴
今井美樹千佳
西村晃
中村玉緒
吉行和子
【解説】
 西村望の長編ドキュメントノベル『犬死にせしものの墓碑銘』をもとに、井筒和幸が脚本(西岡琢也と共同)と監督を手がけた。
 昭和二十三年。ビルマ戦線から復員した重左こと宗重左衛門は、戦友の鬼庄こと鬼松庄一と遊郭で再会し、仲間の伝次郎とともに海賊して瀬戸内海を股にかけていた。ある日、三人が襲撃した船に洋子という名の少女が乗っており、鬼庄は彼女を色街に売って金を得ようとしていた。しかし重左は影のある彼女に惹かれ、鬼庄の計画を思いとどまらせることに成功する。洋子の嫁ぎ先はやくざの花万に捜索を依頼。洋子は花万の番頭である火つけ紫に連れ去られてしまう。闇ブローカーの岩テコから火つけ紫の妾の居場所を聞いた重左たちは、小型船の梵天丸で出発するのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2002-06-22 18:44:12
こういう暴力的で男臭い映画を撮ると井筒監督はハマると思うんだけど。
TVで生意気なことばかりいわないで、骨太のアクション映画でも撮ってもらいたい。
でも、本作は決して成功している映画とはいえないんだけれど…。
主演の2人、真田広之、佐藤浩市がワイルドな魅力炸裂なので良しとしましょう。
もう絶対に見れない、今井美樹がヌードを披露しているので良しとしましょう
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】犬死にせしもの2014/11/28\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】犬死にせしもの2008/02/22\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】犬死にせしもの2002/03/22\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】犬死にせしものレンタル有り
 【VIDEO】犬死にせしものレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION