allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ディア・アメリカ/戦場からの手紙(1987)

DEAR AMERICA: LETTERS HOME FROM VIETNAM

メディア映画
上映時間86分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1988/12/17
ジャンルドキュメンタリー

【解説】
 数多いベトナム戦争のドキュメンタリー映画の中でも、平均年齢19歳という若年兵士たちにスポットを当てた一編。彼らが家族に宛てた手紙を基に構成され、有名俳優による手紙の朗読と当時の流行歌で綴る。意気盛んな兵士たちが戦争の泥沼化とともに次第に変貌し、政策とは関係なく死んでいく様が生々しい。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
543 8.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2016-02-20 11:32:16
夜間に奇襲攻撃を仕掛け、ジャングル、下水道などから、神出鬼没に現れるベトコン。いつ何時、敵と対峙するか分からなく、仲間が次々と戦死して行く。あまりに過酷で怖い。怖すぎる。ベトナムへ送られたアメリカ人兵士たちは、異郷の地で、何の為に命を懸けて戦わなければならないのか?という心の葛藤にかられるのは必然ですよね。ラスト、黒い石碑のシーンで、戦死した兵士の母親の手紙が読まれるが、その内容が泣けますね。
投稿者:sachi823投稿日:2013-12-01 10:30:11
70年代から80年代にかけて数多くのベトナム戦争ものの
作品がつくられましたが、
本作品はドキュメンタリー作品で、戦場で命を落とした若者たちの
生の声が手紙という形をとり、切々と語られています。
朗読する有名俳優の心を込めた朗読ぶりに感動します。
戦争を美化すること無く、また形だけの反戦映画に陥ること無く、
制作者の良心を感じるとともにこの国の力づよさを思います。
投稿者:VERTICAL WORLD投稿日:2003-09-22 23:26:17
プラトーンもフルメタルジャケットも、そして他の戦争映画もこれには勝てない。
所詮、戦争「映画」はフィクションであってそれ以上ではない。言うなれば再現映像でしかない。ディアアメリカはどうだろう?監督も居なければ俳優も居ない。そこに映し出されるものは、生きるためだけに全神経を集中させた若者達が映っている。それに付加される手紙の数々、短いが生への執着心を痛いほど感じ取れる。我が国も今から半世紀以上前、若者達が異境の地で散っていった。ディアアメリカ同様、「生き延びる」「生きて帰る」と同様に思っていただろう。この映画(ドキュメンタリー)はナム戦に特化したものではなく、全ての戦争に対して疑問を投げかけてくる。少なくとも僕は半世紀前の同世代の若者へと思いを馳せた。
投稿者:映画ね・・・。投稿日:2003-07-04 22:16:07
戦場へ送られた人たちの本当の声を聞くことができるドキュメンタリーです。老人による回顧ではなく、今まさに恐怖の中にいる若者たちの叫び声です。この声の前では、どんな戦争映画も不十分な作り物でしかないことを実感します。多くの人たちに見てもらいたいと思う映画ですが、最近、ビデオ屋さんでも見かけないのが残念です。
投稿者:shou投稿日:2001-07-20 00:24:19
実録だから重みがある
読む側も感情が入ってるのか、かなりリアルに読み上げてる
兵士の手紙を書いてる時の感情が伝わってくる

実録だから、本当に戦争の悲惨さ激しさが伝わる
他の戦争映画には無い何かが伝わる
最初の方に、銃剣で刺されて引きずられてた兵士を見ると「マジかよ、、、」と思った
ラジオに耳を傾けながら撤兵と言われたときの兵士の喜ぶ顔、、、、ちょっと感動した
投稿者:なみ姉投稿日:2001-05-04 03:19:52
戦争ドキュメンタリーで真実感はずっしりでしたが、
豪華な声の出演なので「今のは○○だっ!」という
楽しさがありました。
【レンタル】
 【VIDEO】ディア・アメリカ/戦場からの手紙レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION