allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ディア・ハンター(1978)

THE DEER HUNTER

メディア映画
上映時間183分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1979/03/17
ジャンルドラマ/戦争
映倫PG12
※全映画賞独占を狙う話題騒然の感動大作!

美しい青春の日々を
ともに過ごしたふるさとの山
帰らぬ友をもとめ
男はまた戦場へ旅立つ・・・
ディア・ハンター [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,409
USED価格:¥ 1,409
amazon.co.jpへ

 Photos
ディア・ハンターディア・ハンター

【解説】
 ベトナム戦争に赴いて心に傷を負った3人の若者の生と死を描いたM・チミノ渾身の一作。彼らの故郷であるペンシルヴァニアの田舎町を描いた淡々としたタッチが、一転、戦場では苛酷なまでの描写に切り替わり、よりいっそう戦争の悲惨さを訴えかける。中でも“ロシアン・ルーレット”の迫真性はただ事ではなく、それが再び繰り返されるクライマックスにはどうしようもないやりきれなさが漂う。デ・ニーロをはじめ役者陣も存在感に溢れ素晴らしい。アカデミー作品・監督・助演男優(C・ウォーケン)・音響・編集賞を受賞。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aグラディエーター (2000)
[002]A恋におちたシェイクスピア (1998)
[003]A地獄の黙示録 (1979)
[004]A許されざる者 (1992)
[005]Aパルプ・フィクション (1994)
[006]Aベン・ハー (1959)
[007]Aシンドラーのリスト (1993)
[008]Bテルマ&ルイーズ (1991)
[009]Bビューティフル・マインド (2001)
[010]Bフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
49421 8.59
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2013-12-06 16:37:48
歴史に残り評価された大作を生涯に1本つくれた
この監督は幸運だと思います。
ロシアンルーレットの場面は
今思うと不自然で、都合よくつくられた感じがしますが、
ベトナム戦争がいかに酷い戦争であったかが
観客に印象づけられ、登場人物に同情する場面になっています。
ニックという複雑な人物をデ・ニーロは、
相変わらず説得力のある演技で示しています。
ウォーケンは儲け役で、この人というと
まずこの作品が頭に浮かびます。
この作品がこ公開された頃、ベトナム人を悪く描き過ぎ
との指摘が多かったのを覚えています。
このような作品に公正さを求めるのは無理かもしれませんが、
少しやり過ぎの感もあります。
投稿者:gapper投稿日:2013-05-11 19:54:05
 推定予算1,500万ドル。

 太陽を中心として虹がかかることを”太陽の犬”と言って狩猟の神様の祝福を意味すると言う。
 これが物語の冒頭にあるのだが、どういう意味なのか明確には語られない。
 1960年代からあったと思われるが、ラストや重要なポイントであることが多くこのように冒頭にさらりと言うのは珍しいと思う。

 ベトナム人が”ロシアン・ルーレット”あまりにもしつこく興じているのはベトナム人に対する蔑視にあたるのではないかと気になる。
 ベトナム戦争の本当の戦いは、アメリカとロシアの戦いでありベトナム人ではなくロシアと戦っていると言う意味があるのかもしれない。
 だが、そこから当時のソ連を感じるにはあまりにも難しく、やはりあまりにもロシアンルーレットに興じすぎる描写は疑問を感じる。

 ニック(クリストファー・ウォーケン)が、ロシアンルーレットに魅入られてしまうと言うのも今一つ理解できない。
 スティーヴン(ジョン・サヴェージ)の方が、納得できる。

 リンダ(メリル・ストリープ)に対する恋心もニックとマイケル(ロバート・デ・ニーロ)双方だが、結局鞘当もなくどういった意味なのか分からない。
 やはり、短くできる部分は多くあるように思う。

【どうでもいい話】
 マイケルの家は男の家だね。
 ちょっと辺ぴでちょい崖のうえで向こうには工場か何かの大きなタンクがある。
 勝手口は、スロープ状の階段でいつもはこっちから出入りしてそう。
 内部も趣味の道具や小物で溢れていて、一人で住むならこういう所に住みたい。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:scissors投稿日:2013-02-25 07:23:28
吹き替え地上波版らしき140分モノを視聴。

マイケルの独善ぶりにうんざり。
ベトナム、ベトナム人に対する醜悪描写にげんなり。
これじゃ反戦映画じゃなくアメリカ憐憫映画としか思えない。

疑問も数々残って、特にニックの行動は意味不明、マイケルは御帰還パーティーを避けたわりに見せつけがましくずーっと軍服着たままの理由もサッパリわからない。
ノーカット3時間を見れば謎は解けるのかね?
見る気無いけど。
投稿者:リEガン投稿日:2012-07-02 11:36:34
33年ぶりの再会。息苦しくなるほどの緊張感を強いるロシアン・ルーレット、映画音楽の大家とは同名異人のギタリストによる名曲「カヴァティーナ」、そして鬼気迫るクリストファー・ウォーケンの演技が深く深く記憶に刻まれていた。出征壮行の鹿狩りの後、ジョージ・ズンザのピアノ演奏が導く静かな余韻にヘリコプターのローター音が重なり、一気にベトナムの戦場へと転換する場面も忘れ難い。あれからずいぶん時を経ての鑑賞だったが、あらためて本作が内包する凄みと怒り、ロバート・デ・ニーロをはじめとする俳優たちの名演を堪能。ジョン・カザールの急逝がつくづく惜しまれる。前半部を占めるロシア系結婚式のくだりも初見ほど長く感じなかった。“君亡き里にも春は忍び寄りぬ”の「カチューシャ」になぜか胸つまらされたが。齢重ねたということだろう。ローリングロックと「君の瞳に恋してる」は覚えていなかった。フランキー・ヴァリ知らずで外国ビールにも興味なく…まだ若かったな。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-03-25 20:17:42
【ネタバレ注意】

考えて、クリストファー・ウォーケンは何年かロシアン・ルーレットをやっていたわけですから、それが1975年の段階まで生きているのっておかしくないって思うんですけど。

あと主人公が登場した時に死んじゃうのってのも、お約束とはいえなーんかね。見え透いているよね。

個人的には、米国でのシーンはわりと好きです。http://blog.goo.ne.jp/mccreary

投稿者:moviefantravis投稿日:2011-12-24 18:38:08
長かった.
ロバート・デ・ニーロとクリストファー・ウォーケン
はかっこよかった.
投稿者:陸将投稿日:2011-04-23 15:18:15
【ネタバレ注意】

若者たちが宴で踊ってバカ騒ぎする前半部。
物語が進んでいく感じもなく、ただ延々と彼らの姿を捉えていく演出は、まさに冗長の一言である。

しかし、この冗長という言葉は、本作に限って言えば、決して悪い意味だけではない。
この前半部があるからこそ、彼らを蝕み、人格をも変えてしまうベトナムの闇がより一層強調されるのである。
実際に戦場に立った者にとって、いくら勲章をもらおうが、無事に故郷に帰れようが、それですんなり元の生活に戻れるわけがない。

ロシアンルーレットに代表されるような、戦場の狂気。
一番大切なものでなければならない自分の命を賭けて、引き金を引き続ける者たちの愚かさ。
その連鎖の終わりは“死”しかないのだ。

変わらない故郷に、変わってしまった若者たち。
肉体を損壊した者。
精神を蝕まれた者。
そして、狂気の渦に飲み込まれてしまった者。
3人は国のために戦い、そして敗れた。

だが、それでも自分たちの故郷であるアメリカを愛し、信じ続ける。
アメリカ国歌を一同で歌うエピローグで映し出されるのは、傷つき、元の生活には戻れないと分かっている人々が、それでもアメリカにすがるしかないという虚しさである。

投稿者:Kircheis投稿日:2011-04-21 23:38:42
長い…けど引き込まれる。飽きさせない作りにストーリー&演技の総合的なレベルの高さを感じる。
実に良い映画だった。

個人的にはデニーロ&ウォーケンよりジョン・カザールやジョージ・ズンザなど脇役たちの演技の方が好印象。
投稿者:has42120投稿日:2010-09-05 22:16:07
ロバート・デ・ニーロ
投稿者:Ikeda投稿日:2010-08-02 11:01:11
アメリカの青年達が楽しい青春時代を過ごしている所にベトナム戦争への召集があり、悲惨な戦争の中で肉体的に、または精神的にダメージを受けていく様子が良く描かれている映画です。
この映画について冗長性が色々議論されていますが、私は冗長だと感じました。全体が3時間という長尺という事もありますが、前半の結婚式からパーティの描写に25分というのは流石に長く、その後も省略手法が多く使われているのに、本筋と関係無いエピソードが多く使われていますので、それらをどう見るかが意見の分かれる所だと思います。
この映画のポイントは「ロシアン・ルーレット」で、これで有名になったそうですが私を含め、ある程度の年配の方は「ラシアン・ルーレット」として良く知られた言葉だと思います。このゲームのシーンに迫力がありますが、最後近くで記憶を呼び戻すだけのために使うのは、ストリーを盛り上げるだけの話で、自殺またはは殺人に近いこの行動は感心出来ませんでした。それに絡んで、それまで実際には行われていなかった、このゲームが、この映画の影響で30人近くの人が亡くなったという話を知って、この作品の功罪について改めて考え直しました。
投稿者:QUNIO投稿日:2010-05-30 15:14:33
青春群像劇みたいな前半からいきなり地獄の戦場に送られるシーンが唐突で、省略の仕方が斬新。後半のロシアン・ルーレットもいいけど一つ一つの場面転換がけっこう印象深い映画だったね。
投稿者:こじか投稿日:2010-04-08 03:22:12
【ネタバレ注意】

この作品に対して感動の涙は到底出ないが、
退屈・冗長と言われるその心は理解できる。
しかし、そんじょそこらの映画にある退屈とはワケが異なる。
この退屈こそが演出。
優れた演出とは、とうぜん演技だけではない。

完成された退屈、場面、転換、尺…。
胸を掻き乱される上質な作品。

投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-02-14 21:22:19
序盤は少し退屈に思えた。が後半から楽しくなってしまったようじゃ。狩をしている場面がいいようじゃ。ウォーケンもすばらしいようじゃな。デ・ニーロはちょいと老けていたきもするが見ても損はない作品じゃな。
投稿者:TNO投稿日:2009-10-31 00:15:05
世間的には、傑作の誉れ高い本作だ。しかし、私には、間延びして退屈な映画だ。そもそも、ジョン・サベージとラタンヤ・アルダの結婚式とその後のパーティーが長い長い。最初の鹿狩りの場面でチャック・アスペグレンが置いてきぼりになる場面も本筋には特に関係ないと思われるのだが、延々車が行ったり来たりとダレダレだ。元々長い映画だが、2時間以内に絞っても十分な内容だと思う。本作で有名となった"ロシアンルーレット"の場面は、何度か繰り返し出てくるが、最初のベトナム民兵が仕切っている場面と最後のクリストファー・ウォーケンとロバート・デニーロが対峙する場面は圧巻だった。ジョン・カザールは、早世したため出演作は少ないが、強烈な印象を残した俳優だ。精神的に病的な側面を常に感じさせる。ウォーケンもメリル・ストリープも良い。この作品のテーマは、強烈なベトナム戦争批判だ。それも世間の支持を受けている理由だろう。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-23 09:27:37
クリストファー・ウォーケン
投稿者:阿里不哥投稿日:2009-01-12 12:14:37
一番良かったのは結婚式のシーン。
騒がしくも悲しく切ないコサックダンスパーティー。

ベトナム人やフランス人の描き方には問題がないとは言えないが、映画としては素晴らしいと言わざるを得ない。
ロシア移民2世(?)たちの歌う「ゴッドブレスアメリカ」。
日本人には想像のつかないベトナム戦争の、もしくはアメリカの一面を見せられた気がする。
投稿者:quiet man投稿日:2008-09-23 18:17:12
前半はそれほど冗長か・・を確認のため再々度見直したが、まったくそうは思わず、暗然とした将来を控えた若者たちの、愚かで懐かしく羨ましいくらいの濃厚な時間をじっくりと描いていた。多くを語らずとも理解してくれるであろう仲間との友情物語を、平時と戦場を舞台に描きあげた映画史に残る作品である。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-07-17 10:26:06
【ネタバレ注意】

 
ここのコメント今回初めて見たんだけど、いろんな議論があったのね。
アメリカ寄りの立場だからダメ、ということなら、そもそもアメリカ映画なんか観ない方が精神衛生上いいと思うんだが。マゾか。

僕はこの映画、アメリカとかヴェトナム戦争とかより、もうちょい普遍的な内容だと思う。戦争がいかに人間を変えるか、っていう。
前半、けっこう忍耐が必要なぐらい長い時間をかけて丁寧に描かれる、田舎町の仲間たちの生活。結婚式のシーンもあるけど、どことなくなんとなく不安感や寂しさが感じられるのが逆にリアル。
場面はスッパリとヴェトナムの戦場へ。ロシアン・ルーレットは、実際にヴェトコンがやってたかどうかではなく、戦場で自分の命を危険に晒すこと、死の恐怖の比喩でしょ。ここではマイクやニックよりも、怯えて泣き叫ぶスティーブン(J.サヴェージ)の方が印象的。というかこれが普通。しかし、どうなるかわかっていてもこのシーンはハラハラするな。

帰国したマイクは、歓迎の垂れ幕のある我が家をスルーしてモーテルで一夜を明かす。
ニックの壊れ方よりも、親切で仲間思いのマイクが、歓迎のパーティーに出ることができずモーテルで頭を抱えているという方が何倍もヘビー。というかこのあたりは涙なしで見られない。
ラストのウォーケンの表情、友達の頭からあふれ出る血を泣きながら止めようとするデニーロ、本当に鬼気迫る。観るたび「なんでだよ…」と思ってしまうんだが、何度観ても引き込まれる。
やはりこれは素晴らしい映画。圧巻。主題曲も映画史に残る名曲だと思う。

吹替版についてジョー樋口2世さんがコメントされているけど、確かに素晴らしいものだった。現行DVD、発売が予告されているコレクターズ版DVDとも吹替版未収録なのが残念。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-08-05 23:00:47
【ネタバレ注意】

結婚パーティーと人間模様(が楽しめないと結構、長いぞ…この映画は)〜そして戦争〜捕虜〜そして帰還(しない奴もいるけど…)
映画は、反戦(の方が胡散臭い)でなくては名画に非ず…って偶に遭遇するアノ人みたいな事を言う人が結構いるもんですね。

徴兵されたら人を殺しますよ(そうやってベタに生き延びて何が悪いのか?〜自分達の地位を守る為だと勘違いして何が悪いのか?〜国に逆らって惨殺された方が、そりゃ格好良い(?)のかも知れないけど)〜ってアメリカ人より自分の方が偉いって思うのは如何なものかと。そういう人に限って同僚(も生活がある)を蹴落として能力の差だから当然だろ?って思っちゃいないか?(少なくともメンバー(のコメント)は蹴落としている様なので…)〜これはね、多分、命がけの選択になるよ〜勤め先の倒産騒動なんか目じゃない位に。それでも普段と変わらず夜も熟睡な人は大物(か馬鹿)でしょうね。多分、大半は流れ(自分が安泰な方)に乗る…予測は出来ると思うが。

〜まぁそういう具合に強く生きる姿がデ・ニーロですね。(多分に運も有る、と思う)
壊れたウォーケン…頭から流れ出るものを「止める」努力も虚しく…そうして多民族を取り込んで、巻き込み〜使い捨て、力をバックに他国へ干渉し、自分は正しいと開き直る(切捨ても或る意味、真)……この国に神の祝福あれ!ってラストですね。

投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-03-31 10:21:55
涙まで誘わなかったけど、エンドロール中ずっと硬直してました
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2006-12-31 07:39:52
【ネタバレ注意】

前半ではいわば“幸せだったころ”の登場人物が描かれているが、
今にもそれが崩壊してしまいそうな危ない雰囲気の漂う演出が良い。
個人的には少し長く感じてしまったが、悪くなかった。
中盤は精神的にきつい戦争場面が続く。
ここで重要なキーワードにもなるロシアンルーレットに初めて遭遇する。
ここで戦争後何かを失ってしまう主人公たちを見せるのに必要最低限かつ
最大限とも思える効果を発揮している。
後半では戦争から帰ったあとの人物模様が描かれている。
中盤のシーンが印象深いぶん、元の生活になじめない主人公たちの気持ちが
よくわかる。ここでも心理の不安定感がうまく出ていて良かった。
最後のロシアンルーレットのシーンもとても良い。
終盤のデニーロの演技は特に素晴らしいものがあった。
(再開した直後、デニーロの顔はほとんど見えない場所なのに気持ちが痛いほど伝わる)

自分は最高とまで言えないが、十分傑作といえる出来であった。



後でレビューを見て、アメリカ擁護の映画としてとらえている人もいるようで驚いた。
この映画は“戦争の実態”や“加害者被害者”などという話ではなく、
戦争によって変わってしまうもの、失ってしまうものを見せているのだ。
(一言でいえば反戦映画ということになるかもしれない)
主人公や相手の人種がなんであれ、あるいはなんの戦争であれ、
映画の内容自体にはまったく関係のないことである。

投稿者:salinger投稿日:2006-12-21 21:44:52
初めて見たのは10年以上も前ですが、人に一番を聞かれたらディア・ハンターと答えています。
ご都合主義なアメリカの反戦映画だとか、史実としておかしいとか批判もあるかもしれませんが、単なる映画好きなだけの私にとってはそんなことはどうでもいいことです。これを見て別に戦争はいけないことだと思うわけでもなし、ロシアンルーレットを本当にやらされたとも思ってません。
では、何がそんなに気にいったかというと、ストーリーがすばらしいと思ったからです。要約すれば戦争という大きな力で人生を変えられてしまった人間の再生の話。鹿狩自体にはあまり意味はなくて、仲間達の共通の儀式みたいなもの。それを通してお互いを理解してた。
繰り返し何回も見ましたが最後のロシアンルーレットでのウォーケンの演技は鳥肌もんです。目がすごいんです。ラリっておかしくなってるニックですが、最後の最後で正気になってマイケルに気づいて死んでいってるって私には思えるんです。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-19 03:24:16
始めは退屈だったのに途中からグイグイ引き込まれ、
チミノの策にすっかりはまったという感じ。
デ・ニーロもウォーケンも良かった。
ラスト悲しすぎる。何度も観られない。
投稿者:ichiro投稿日:2006-12-10 19:58:34
最初に見た時は本当に衝撃的だった。しかし、大人になるにしたがってベトコンの描き方の異常なまでの偏りや矛盾が気になってきて、あまり好きではなくなりました。衝撃度は今もって変わりませんが・・・
投稿者:Akito,I投稿日:2006-08-24 07:12:27
私的映画ランクで、ベスト3に入る映画。
「カッコーの巣の上で」
「ミッドナイト・エクスプレス」
「ディア・ハンター」
が、俺のベスト3だと、同世代の人に語ってしまうと、
「暗い!」と、引かれてしまいますが・・・

昨今のふざけた映画なんかより、よっぽど観る価値がある!
と、いまどきの新しい映画ファンに観てもらいたい。

映画ファンにお勧め、100インチプライベートシアター完備↓http://www.hotenavi.com/shine101/
投稿者:ジャック ウォルシュ投稿日:2006-05-05 18:02:13
私はデニーロの大ファンであるが、この映画は正直だめだった。
悲しすぎる。
投稿者:ほげぴよ投稿日:2006-03-21 16:31:40
【ネタバレ注意】

"史実"として捕らえるか、"ドラマ"として見るかによって、大きく評価が異なってしまうこの作品。
ベトナム戦争を舞台に選んだが故の明暗という感じですね。
チミノ監督といえば、この作品に続き、"天国の門"や"イヤー・オブ・ザ・ドラゴン"など、アメリカに生きる移民たちの生き様を横糸とするような作品を製作しています。
("天国の門"では西部劇の嘘を暴きすぎて監督を干されたりしてますが。)
この作品もその例外ではなく、結婚式と葬儀の習慣などから、主人公たちはロシア移民の子孫であることがわかります。
私見になりますが、"史実"としての視点から製作者側が伝えたかったのは"アメリカの大儀のために戦場に赴かなくてはならないロシア移民の悲劇"、普遍的には、マイノリティの悲劇だったんじゃないかな、と思います。
そうであるならば、とかく批判のあるベトナム戦争の描写はテーマの中心ではないため、あの表現は悪意ではなく単に不注意、リサーチ不足と納得することが出来ます。
(不注意、リサーチ不足も褒められたものではないですが、ノンフィクションではないので)
一方、この作品の舞台をベトナム戦争ではなく、たとえば他の時代の他の戦争に置き換えてもドラマ自体は成立します。
よって、"ドラマ"としては普遍性のあるいい作品だと思います。

そして、単純に映画として見た場合は、出演者、演出、演技、映像、音楽などなど、最高にすばらしい出来です。
いろいろあっても、"駄作"とだけは呼ばれない一本。


投稿者:Sekino☆そら投稿日:2005-11-28 00:59:35
【ネタバレ注意】

この作品は、ボクが今まで観てきたどの戦争映画ともちょっと違うニュアンスが伝わりました。紛争地での攻防や露骨な殺戮シーンの連続でもなく、愛や友情が一瞬キラリ輝くシーンの連続でもありませんでした。このシネマは全体を通して「友情や愛情」であった☆

その中にひょっくり顔を出したのが戦争だったという感じ。ベトナム戦争を煎じ詰めればというお話ではなく、むしろ彼ら人間(友情)というものを煎じ詰めていく所に大きな感動がある★

その骨頂とも言うべきシーンが、デニーロがC・ウォーケンを助けに行く場面です。生きる屍のような戦争の犠牲者となっていく彼を、再びロシアン・ルーレットという極限の空間で敢えて助けようとします。「早く目を覚ませ!」そんな言葉をかけたところで彼の腕に刻まれた無数の傷跡と空ろな表情に現実を取り戻させる余裕などありません。皮肉なことにロシア系移民である彼らがロシアン・ルーレットという紙一重の「生」に希望を託す。この道しかないと悟ったデニーロは賭けに出ます。しかし、悲しいことに「死」の弾道は彼のこめかみを打ち抜いてしまった。。

このシーンは目を背けたくなるような所なんですが、死んでしまった彼は他のどんな空襲や銃撃、地雷などによる悲運な死を招くより、親友(戦友)が必死の覚悟で選択した死を受け入れる方がどんなに幸福だろうという、いわば観る者が受け入れがたい戦争によって奪われる命という現実を、全編を通して重厚に描かれる「友情」という拠り所があることにこの時ほど救われることはない。いわばこのシーンは、まさに「友情」そのものの絆の深さを象徴するシーンだったと思うのです☆

戦争っていう究極の体験の中で培われる友情ってまさに命懸けなんだってことをこのシネマで学んだような気がします。素晴らしいシネマでした☆☆


Sekino☆そら
http://blog.goo.ne.jp/anndarusia2000/

投稿者:KAFIN投稿日:2005-11-15 23:34:03
20年ぶりに見たがじっくりと見せてくれるいい映画ですね。戦争による心と体の傷がわかる気がします、この映画を見ると誰も戦争を押し進めたいとは思わないでしょう。しかしそこには「戦争は悲惨だ」という事しかなく、ベトナム人の事やアメリカの戦争に正義があったか否かは関係ない。この単純さは日本の反戦的な映画と同じですね。戦争は悲惨だ、ではミサイルを使って悲惨でない一方的な勝ち戦ならいいのか?
 でもこの映画より更に戦争に批判的な映画はアメリカでは結局作られなかった事の方が大変な事なのかもしれない。これがアメリカが最も反省した時の姿に思える。アメリカの良心と限界。
投稿者:IM投稿日:2005-10-29 23:37:12
戦争当事者の善悪なんてどっちもどっちなんですがね。
どっちかを善っぽく、どっちかを悪っぽく描かなきゃドラマになりにくい事も事実ですね。
この映画も受け取り方によっては『いいわけ』っぽく見えるかもしれません。
ふと思ったのは、
「もしベトナムでアメリカが勝利してたらこの映画はどういう描き方になってただろう・・・」
そもそもこういう視点での映画は作られなかったかも知れないです。
『プラトーン』『グッドモーニングベトナム』なども然り。
この映画からの反戦のメッセージはアメリカという国家に届いているのだろうか?
投稿者:チロルチョコ投稿日:2004-09-26 17:23:41
全てがいい!キャスティングもパーフェクトではないでしょうか?最後のロシアン・ルーレットのシーンはいつ見ても、胸がはりさせそうになる・・・
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2004-09-24 17:00:41
日曜洋画での吹き替えではデニーロが山本圭、ウォーケンが羽佐間道夫、
サベージが野沢那智、メリルストリープが池田昌子、
ゴッドファーザーの次男は青野武と鳥肌ものの素晴らしさだった。
特にロシアンルーレットの恐怖で泣き叫ぶ野沢と、ビビる羽佐間、
それを励ます山本圭は最高。
山本圭は「ジャッカルの日」でのジャッカルの声も良かった。
投稿者:hiroaky投稿日:2004-09-09 22:38:14
なにか勘違いしている人間が「アメリカ人の言い訳映画」と評しているが、
それは自らの感受性の乏しさを告白しているようなものだ。

この映画ではなにも言い訳をしていない。
いや、逆に考えてみよう、戦争を賛美する映画とはなんだろうか。

それは「戦争に価値・意味を見いだす」事である。
この映画のどこに戦争の価値や意味を見いだすような描写があっただろうか?

つまり、いくら被害者の立場に立った描写をしようが、
戦争に何らかの価値を見いだしたような表現をする戦争映画は、
その時点で戦争を賛美しているのだ。
例えば「この悲惨な戦争で何々が犠牲になったが、しかし何々が救われ…」というような。

「戦争は無意味である」これが究極的な反戦の態度だ。
この映画はそれを体現しているではないか。
兵士は価値もなく生き、そして意味もなく死ぬ。
誰も幸福にもならないし、誰も救われない。

この映画の後半からラストにかけて、まさにそうである。
投稿者:さち投稿日:2004-06-18 06:06:47
この緊張感 デニ―ロの演技にはやられた
投稿者:舞舞投稿日:2004-05-21 20:45:00
当時テアトル東京で観ました。映画館を出るとき涙を隠して出た覚えがあります。戦争している時は究極のストレスで人間が人間ではなくなるような気がします。どちら側も正義をふりがざして戦う
投稿者:だいすけ投稿日:2004-01-21 23:51:02
この映画について「アメリカのいいわけに過ぎない」とか言ってる人がいますけど、自分が実際に徴兵制度がある国の国民だったら、そんなこと言ってる場合じゃないかと思います。
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-12-07 10:06:09
じっくりと見させて頂いた。名作。クリストファー・ウォーケンの鬼気迫る演技にただ脱帽。今この時代に意味のある一作となった様なきがする。
投稿者:だだちゃ投稿日:2003-10-19 19:52:32
獲物である鹿にさえ心を通わせる人間が、戦場では全く別の人間になる。
兵士はどのように気持ちに折り合いを付けて引き金を引くのだろうか?
敵を殺すためではなく仲間を守るためだろうな。そう思わせるのだろうな。
そんな理由を付けなければ、田舎町の平凡な生活を送る人間に人は殺せないと思う。
徴兵も無く極限状況も体験したことのない平和な国で生まれ育った自分には、この程度の想像しかできないが・・・。
戦争が生活に入り込み、自分や周りの人々を巻き込む事の恐ろしさを感じた。
静かではあるが痛烈な反戦映画の最高傑作と思う。
投稿者:Stingr@y投稿日:2003-07-31 23:36:12
鹿の代わりにベトナム人を撃つアメリカ人。
無理やりなロシアンルーレットもアメリカ人の作り事。
どのように描こうとも大国の論理,アメリカのエクスキューズ。

※3つ↑の人は自分の意見がないようだが,「徴兵されたらどんな国の女子供でも無差別に殺す殺人鬼になります」とでも言いたいのかな?

 生身の人間が殺人鬼になるということは,本人にとっては確かに重大事である。この作品は,この「加害者側の重大事」を描いているのだが,殺人鬼に理由もなく殺される人々がいることの方がもっと重大だとは思わないのかい?つまり「被害者側の苦痛や悲惨さ」を描くことの方がもっと重大なんだ。

 犯罪を防止するには,被害者が受けた身体的・精神的苦しみの大きさを知ってもらうしかない。親分に命令されたから仕方なかったんだなどと犯罪者の情状酌量(言い訳)を声高に言い立てても,犯罪の防止には全く役に立たない。反戦も同じで,加害者側の苦悩をどんなに描こうとも,それは加害者側の言い訳に過ぎない。反戦映画とは,被害者側の苦痛や悲惨さを描いたものなのだ。そして,被害者加害者が判別しないときには戦争の不条理を描いたものなのだ。

 つまり,この作品はベトナム戦争に対するアメリカの言い訳に過ぎないのだが,この作品を「良い」と評価する不思議な価値観を持つ人達がいることも確かだ。他人の価値観など別に構わないが……。映画は「考えて」作られている。多くの観客は,綿密に考えて作られたこの作品の仕掛けにゴマ化されているのだ。この作品が反戦映画でないことの証拠を下に記す。

 ベトナム戦争の加害者であるアメリカは,この作品のような加害者側の苦悩に対する「国内での批判」を受けて,ハイテク技術を駆使して加害者側の苦悩を無くすことに努めた。その結果,湾岸戦争やイラク戦争などの現在の戦争では,人間は殺人鬼になることこともなく,テレビゲーム感覚で殺人を楽しめるようになっている。同時に,被害者側の苦痛や悲惨さを増加させることにも努め,劣化ウラン弾によって長期間にわたる放射能汚染を被害者に負わせた。今後数百年間,白血病などの放射能性ガンがイラクの国民と国家財政を襲うことになる。「イラクの国家財政を襲う=アメリカ石油メジャーの利益」という構図に注意すること。
投稿者:なかベ投稿日:2003-06-08 22:15:14
70年代後半に、ベトナム戦争を正面から取り上げた映画をアメリカが作ったという意味では、画期的な作品だったかもしれない。
けど、アジア人としては不快感が残る作品。所詮、加害者の言い訳にしか思えない。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-05-08 22:58:48
やっぱなんだかんだで強烈な印象。ラストの乾杯が好き。
投稿者:投稿日:2003-03-28 11:25:03
アジア人として唾棄すべき映画。
「おれは鹿じゃねーよ」
投稿者:mamo投稿日:2003-03-17 16:31:55
【ネタバレ注意】

昔見た時は、ロシアンルーレットが怖いーくらいにしか思わなかったけど、大人になって見ると、深く胸をえぐってきて、泣けた。アメリカのショボい田舎町、そこに住む移民の若者たちの友情、愛、苛立ち。平和な結婚式から、いきなり過激な戦争のシーンへ飛ぶのが妙にリアル。そして、過去を乗り越えていくには、皆優しすぎる。仲間への深い思いが静かに描かれていて、たまらないんだな。あと、筋には全然関係ないんだけど、ジョン・カザール(地元に残る友人、ゴッドファーザーではフレドを演じていた人)が実生活ではメリル・ストリープと婚約してて、でもこの映画の撮影後にジョンは癌でこの世を去ってしまったという話を今回初めて知って、その上で映画を見ると可憐なメリル・ストリープが悲しくて、さらに泣けたのでした。

投稿者:hosei投稿日:2003-01-02 13:40:46
 デニーロもウォーケンも演技なんだろうか?演技に酔っ払った映画でした。
投稿者:ジョジョ投稿日:2002-10-15 18:55:52
中盤のロシアンルーレットのシーンは、今まで見てきた戦争映画の中で一番怖く、印象に残った。下手に臓物とか見せるより、アレは効く。
投稿者:Nothing投稿日:2002-08-25 13:29:03
なんといってもテーマ曲でしょう!観終わっても耳から離れない。
人間の強さと弱さを十分に感じられた作品。
投稿者:JANG投稿日:2002-04-04 07:18:36
は正直きつかった。意図はよく分かるんだけれども・・。
しかし、その峠を越えると…強烈。
危ない。冒頭でつまらないと見るのやめちゃう人けっこういるはず。
でもこの映画は見ないともったいない。人の心を打つ力をもった映画です。
最近は説明の多い作品が多いが、そういう意味ではこの映画はあまりにも寡黙。
しかし、だからこそ雄弁なのであり、そこがこの監督の偉さ。
実際、よく分からない部分も多いです。マイケルにしても、ニックにしても非常に
複雑な人物描写で。でも、それはあたりまえなんでしょう。言葉で伝えられない
部分を伝えようとすることに映画のもつ大きな意味があると考えるならば。
「わかる」んじゃなくて「感じる」といった感じ。ちなみに、個人的にはこれは
“戦争映画”っていう感じじゃありませんでした。戦争はあくまで題材であり
重点はほかにあるようでした。“ゴッドブレスアメリカ”をどうとらえるか
にもよるんでしょうが。なにはともあれまだの人は途中からでも見てください。
投稿者:S&H投稿日:2002-02-24 17:26:27
この映画は単純にアメリカ映画と片付けてはいけない。友情や友愛、自然の描き方はアメリカ映画定番のそれとは異質だ。アメリカで作られたロシア映画といってもいいと思う。
アメリカは移民の国である。そして主人公達はロシアからの移民の子孫である。ベトナム戦争で待っていたのが皮肉にも「ロシアン」ルーレット。アメリカの国策に翻弄され、傷付き、友を失ってもなおアメリカを讃える彼等の姿に、ロシア移民だけでなく、ロシア移民と同じく、貧しく、しいたげられてきた沢山のアメリカ移住者達の心を強く打つのでしょう。島民の我々にはわからない感覚かもしれません。
投稿者:Carol投稿日:2002-02-08 22:00:22
クリストファー・ウォーケンって麗しかったんだぁ。
ロバート・デ・ニーロより、目立ってましたね。
ベトナム戦争物は拒否反応を示す私ですが、
今後、見ることになりそうです。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Screen/3011/
投稿者:ネオ投稿日:2001-06-28 13:42:25
H氏のみならずそっち系の人々はこの映画をさんざんけなしてましたなー
昔の映画批評とかを読むと、けっこう引く.

何の映画か知らないと序盤の青春群像は退屈かも.
でも、観終わった後で、最初に退屈したことを思い出したりはしないなー
傑作中の傑作だと思います.
投稿者:M.T投稿日:2001-03-13 05:50:29
アメリカ人のベトナム戦争への見方、考え方、そしてアメリカ最大の過ちと言われる所以、等....サイケデリック、ヒッピー、フラワームーブメント、こんな戦争にかり出された当時の若者達のベトナム戦争を中心とした現在・過去・未来と素晴らしく表現されている。また主人公たちがロシア系アメリカ人という設定自体が特に皮肉っている。余談ですが、この映画を見ると小山卓治の『帰郷』という歌を思い出すのは僕だけだろうか?
投稿者:さる投稿日:2000-12-11 21:04:58
私は女ですが、男の友情のドラマというものを見たって感じです。
とても長編なので途中眠くなったけど、急にのどかな雰囲気から戦争のシーンに
変わりびっくり・・・ラストも・・・泣けます!感動します!
また音楽が涙をそそるのだ!
投稿者:うだうだ投稿日:2000-10-01 12:53:12
ベトナム戦争=帰還兵の精神ダメージというのが頭の隅にあり、R・デニーロと
くれば、せっかくいい役にもかかわらず、いつ来るかいつ来るかと、生きた心地
がしませんでした。
デニーロの演技には鬼気迫るものがあります。
ウォーケンのファンとしては若く美しい彼が拝めて嬉しかったです。
M・ストリープも美しかったんだなーと思いました。
淡々と描かれているので、始めの内は少々長く感じたのですが、観終わった後
いろいろ想像でき、深く考えさせられます。
投稿者:校長先生投稿日:2000-09-25 19:32:18
私はもともと涙もの映画が苦手です。押し付けがましくかんじちゃうんです。
でも、この映画は違いましたー 
押し付けがましいどころか、せつなくて、空しくて...
その役をまっとうしてたのがウォーケンだったなあ。
彼の演技力は言うまでもないんでしょうが、とってもはまり役でもあったのでは?最後のロシアンルーレットでのシーンは...演技を越えた迫力でした。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 □ 主演男優賞ロバート・デ・ニーロ 
 ■ 助演男優賞クリストファー・ウォーケン 
 □ 助演女優賞メリル・ストリープ 
 ■ 監督賞マイケル・チミノ 
 □ 脚本賞デリック・ウォッシュバーン 
  クイン・K・レデカー 
  マイケル・チミノ 
  ルイス・ガーフィンクル 
 □ 撮影賞ヴィルモス・ジグモンド 
 ■ 音響賞William McCaughey 
  Richard Portman 
  Aaron Rochin 
  Darin Knight 
 ■ 編集賞Peter Zinner 
■ 助演女優賞メリル・ストリープ 
■ 作品賞 
 ■ 助演男優賞クリストファー・ウォーケン 
■ 監督賞マイケル・チミノ 
■ 監督賞マイケル・チミノ 
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞ロバート・デ・ニーロ 
 □ 主演女優賞メリル・ストリープ 
 □ 助演男優賞クリストファー・ウォーケン 
 □ 監督賞マイケル・チミノ 
 □ 脚本賞デリック・ウォッシュバーン 
 ■ 撮影賞ヴィルモス・ジグモンド 
 ■ 編集賞 
■ 新規登録作品 
■ 外国作品賞 
■ 外国作品賞 
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION