allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

野ゆき山ゆき海べゆき(1986)

メディア映画
上映時間135分
製作国日本
公開情報劇場公開(ATG)
初公開年月1986/10/04
ジャンルドラマ
野ゆき山ゆき海辺ゆき DVD SPECIAL EDITION
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 4,968
USED価格:¥ 4,108
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:大林宣彦
製作:波多腰晋二
溝口至
製作総指揮:佐々木史朗
大林恭子
プロデューサー:森岡道夫
横山宗喜
伊藤梅男
原作:佐藤春夫
脚本:山田信夫
撮影監督:阪本善尚
編集:大林宣彦
音楽:大林宣彦
出演:鷲尾いさ子お昌ちゃん
林泰文須藤総太郎
片桐順一郎大杉栄
正力愛子尾上瑞枝
佐藤浩市青木中尉
竹内力川北先生
尾美としのり早見勇太
佐藤允女衒の清六
峰岸徹大杉の父
小林稔侍権造
泉谷しげる老漁師
大泉滉小使さん
ガッツ石松田端軍曹
坊屋三郎ボンチャンの父
入江若葉須藤の母
浦辺粂子地蔵参りの老婆
原泉遺骨を抱く老婆
根岸季衣大杉の母
宍戸錠校長先生
三浦友和須藤の父
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
646 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2012-09-15 13:32:25
鷲尾いさ子の19歳のデビュー作である。
戦時中のとある漁村を舞台に、そこで暮らす貧しい人々たちの苦悩と、時代に抵抗しながら破滅していく若い男女の物語というシリアスなストーリーに、横糸として、天真爛漫な子供たちのわんぱくぶりや、ユーモラスな街の大人たちのドタバタを挟み込むので、どうしても観ていて気分が散漫になってしまう。この独特の大林ワールドが良くも悪しくもこの作品の特徴になっている。
なぜか新人鷲尾いさ子のヌードシーンもあって、その初々しさが印象的だが、同じく新人子役の林泰文がカワイイ!また、担任の先生役のデビュー間もない竹内力が、コミカルな演技を見せていて貴重だ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2002-12-17 23:08:55
傑出したシーンがところどころあり、捨て難い味がある。子どもたちの扱い方も悪くはない。
だが、一方でこの監督のユーモアセンスに、やはりところどころで興醒めしてしまうのも、また事実だ。ほら、面白いでしょう?という描き方にどうしてもついていけないのだ。
全体としては悪くない展開であり、そこに思いを感じることも出来るのだが、もう少しつまらないギャグを整理してくれていたら・・・と思ってしまうのは私だけだろうか。
投稿者:ASH投稿日:2002-06-26 23:15:18
カラー版とモノクロ版の両方ありますが、モノクロ版のほうが味わい深くて好きです。
この映画での鷲尾いさ子の存在感が素晴らしいです。彼女の数少ない代表作!
【レンタル】
 【VIDEO】野ゆき山ゆき海べゆき<カラー版>レンタル有り
 【VIDEO】野ゆき山ゆき海べゆき<モノクロ版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION