allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ウホッホ探険隊(1986)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1986/10/18
ジャンルドラマ
ウホッホ探険隊 [DVD]
USED価格:¥ 7,686
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:根岸吉太郎
製作:岡田裕
宮坂進
波多腰晋二
プロデューサー:山本勉
横山宗喜
原作:干刈あがた
脚本:森田芳光
撮影:丸池納
美術:木村威夫
編集:川島章正
音楽:鈴木さえ子
助監督:榎戸耕史
出演:十朱幸代榎本登起子
田中邦衛榎本和也
村上雅俊榎本太郎
本山真二榎本次郎
藤真利子美際良子
時任三郎カメラマン
斉藤慶子定岡みどり
陣内孝則定岡勉
津川雅彦テープの声
速水典子勉の女
柴田恭兵景浦選手
加藤治子坂崎くに子
【解説】
 干刈あがたの同名小説を森田芳光脚本、根岸吉太郎監督で映画化したホーム・コメディ。夫婦の離婚を子どものサポートを得ながら前向きに捉える一人の女性の姿を現代的で乾いたタッチで軽妙に描く。インタビュアーの仕事をこなし、中学生と小学生のふたりの息子と暮らしている榎本登起子。単身赴任中の夫から愛人がいることを告げられる。やがて、離婚を決意し、そのことを子どもたちにも伝える。子どもたちも登起子の気持ちを理解し登起子をバックアップしていく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-11-20 23:37:26
監督根岸吉太郎、脚本森田芳光のコンビによるちょっとシリアスなコメディである。
主演の十朱幸代の視点で物語は淡々と進み、彼女に共感を覚えながら一緒に怒ったり悲しんだりする。彼女を取り巻く様々な人間たちも、自分勝手だったりしょうもなかったりするが、どこか憎めない連中ばかりである。そんな彼らに主人公の登起子は翻弄され疲れ切ってしまうが、そのたびに慰めてくれるのは二人の息子たちだ。単身赴任の夫には女が出来たと告白され、よりにもよってその女と会わされたりして最悪だが、そのたびに彼女を励ます子供たちとのやりとりが微笑ましい。
でも十朱幸代を妻にして藤真利子を愛人に持つなんて、本当に羨ましいなぁ。
投稿者:dadada投稿日:2002-01-13 23:29:33
監督・根岸吉太郎、脚本・森田芳光によるホーム・ドラマ。当時としては、作風の違う二人のコラボレーションということで興味津々だったが、結局のところ根岸吉太郎らしい、どっか真面目な印象の弾けない映画になっていた。しかし、ラスト近くの車の走行シーンで、変なアングルの撮影をしてみたりとかは、ちょっと森田芳光に感化されたのかな...。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 ■ 主演男優賞田中邦衛 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ウホッホ探検隊2002/03/22\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ウホッホ探検隊レンタル有り
 【VIDEO】ウホッホ探険隊レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION